国内のファッションやカルチャーを発信するメディア

フラットシューズで究極の履き心地!kurun TOKYO 最上級レザーのプレミアムライン発売

外へ出かける際に必ず身につける衣服。その中でも靴は、「おしゃれは足元から」という言葉の通り、おしゃれに気をつける上でも非常に重要です。

しかしデザイン性だけでなく、履き心地も良くなければ何度も履きたいと思えません。これが中々両立が難しいところで、見た目か履き心地か、どちらかを犠牲にしなくてはいけない場合もあります。

そんな靴に情熱を注ぎ、デザインだけでなく「究極の履き心地」を追求したメイドインジャパンブランド「kurun TOKYO(クルン トウキョウ)」から、最上級のレザーを使用したコレクション「プレミアムライン」が登場したと発表されました。

 

フラットシューズ史上最高の履き心地!kurun TOKYOプレミアムライン登場

kurun TOKYO(クルン トウキョウ)は、長年の靴作りで培われたノウハウを生かし、究極の履き心地を追求した、メイドインジャパンのブランド。

浅草の職人が一点一点ハンドメイドで作り上げた毎日でも履きたくなるフラットシューズを作っている、オンライン展開を主軸とするシューズブランドです。

“バレエシューズ”や”ぺたんこシューズ”とも呼ばれる、ヒールがないフラットシューズを主軸とし、上質で柔らかい革を使用して履き口にストレッチ性のあるグログランテープを使用する事で足にフィットするシューズを作っています。

片足約100gの究極の軽さで履き心地を快適にしてくれるので、「ペタンコなのに一日中履いても疲れない!」という声を貰う程。一人で何足も購入していく愛好家が続出する程に好評なのだとか。

そんなkurun TOKYOから今回新たに発表されたのが、世界屈指の最上級レザーを使った「Premium Line(プレミアム ライン)」です。

プレミアムラインでは、コレクションブランドでも多数用いられて高い評価を得ている、こだわりのレザーを使用。

スエードに繊細なネットレースをあしらった新素材、イタリア製の”レーススエード”(17,800円)や、インポートレザーならではの発色の良さが特徴的な、フランス製の”スムース”(16,800円)、艶やかな毛並みと滑らかな肌触りのイタリア製の”ヘアーカーフ”(23,800円)をラインナップしています。

 

以下、アイテム詳細です。

 

●レーススエード

価格 :17,800円(税抜)
カラー:クリーム、ブリック、ブルーグレー(全3色)

レース刺繍のような繊細なネットレースをイタリア製スエードに施した新素材が登場。ゴールドの糸のレースで、ノーブルな印象に仕上がっています。

 

●スムースレザー

価格 :16,800円(税抜)
カラー:
第一弾(フォレストグリーン、ベージュ、チョコレートブラウンの全3色)
第二弾(ハニー、チェリーピンクの全2色)

きめ細やかでしっとりとした質感のフランス製スムースは、インポートならではの鮮やかな発色。ふんわりとより軽い仕上がりとなっており、素肌のような履き心地を与えてくれます。

 

●ヘアーカーフ

価格 :23,800円(税抜)
カラー:
ホワイト、アイスグレー、メープルベージュ、テラコッタ、グリーン、
ブルー、フューシャピンク、グラスグリ ーン、カナリーイエロー(全9色)

柔らかい肌触りと艶やかな毛並みが特徴の、イタリア製最上質のヘアーカーフを使用。ダークになりがちな秋冬のコーディネートの差し色は、圧巻の9色展開で登場します。

 

kurun TOKYOは今回展開するプレミアムラインについて、「こだわりでもある”究極の履き心地”もクラスアップされ、より高級感・上質感を感じる逸品が完成した」と自信たっぷり。

インポート素材ならではの鮮やかな発色のスムースレザーや、一目で高級感を感じさせる艶やかな毛並みのヘアーカーフを用い、kurun TOKYOだからこそ実現したプレミアムな素材を手に取りやすい価格で提供出来ると説明しています。

また、品質にこだわるだけでなく、昨今叫ばれている「サステナブル」等の環境への配慮についても、このプレミアムラインより順次、ソールの原料にさとうきびを配合するなど、製造段階においての二酸化炭素の排出量を削減する取り組みも行なっているそうです。

 

確かなデザインと、驚く程上質な履き心地を両立するkurun TOKYOのシューズラインナップ。そこに今回追加されたプレミアムラインは、その上質さとこれまで以上の履き心地を与えてくれそうです。

発売は8月26日にポップアップストアで、9月2日からはオンラインストアで順次先行販売していくとのこと。履きやすさと見た目の両方欲しいという方は、ぜひ店頭かオンラインストアでチェックしてみてはいかがでしょうか。

kurun TOKYO公式オンラインストア:https://kurun.tokyo/

Facebook
スポンサードリンク
この記事を書いた人
TORSO JACK編集部です。 人ではなく、人が創り出す「モノ」や「コト」にフォーカスする事を方針として発信しています。
SNSでフォローする