国内のファッションやカルチャーを発信するメディア

毎年完売の「乳首が透けない白Tシャツ」台湾先行販売で世界進出!?

“乳首が透けない”という圧倒的パワーワードで一躍有名になり、200着が即完売したことでさらにメディアが取り上げ、今では毎年完売している「正装白T」

特に薄着になる夏場では、羽織物を脱いでインナーの白Tシャツになってしまうと乳首が透けてしまいます。それだけでハラスメントになってしまうこともある乳首透け現象。それを抑えてくれる正装白Tは、まさに夏場の男性にとっての救世主と言えるのではないだろうか?いいえ、むしろ救世主です!

日本人男性に非常に人気だった正装白Tが、台湾で100着限定のオンライン予約販売を開始したと発表しました。これで乳首が透けない白Tシャツが、世界進出をすることになったのです。

 

乳首が透けない奇跡の白Tシャツ

乳首が透けない白Tシャツとは、株式会社アールが手掛ける商品「正装白T」のこと。

2017年にウェブ上で正装白Tが取り上げられ、一躍有名となりました。さらにウェブ上のみに止まらず、新聞や雑誌、ラジオにテレビと幅広いメディアに取り上げられ、用意していた200着の在庫がわずか30分で完売するという結果となったのです。

正装白Tは100%オーガニックコットン、全ての工程を日本国内でハンドメイドで行っているという徹底した品質管理、そして上品なデザインと厚手仕様による乳首透けの防止でビジネス・フォーマルシーンでも着用出来るというこだわり。それらが人気となる要因と言えるでしょう。

 

当初は9000円(税別)で販売されていたものの、現在は原料の高騰等が理由なのか、1万3200円(税込)での販売となっています。

正直なところ、白Tシャツ1枚で1万3000円と考えると少々高い気もしてしまいますが、年間生産数が限定200着という希少性と徹底したメイドインジャパン仕様ということもあって、未だ根強い人気を博しています。

これまで記述した内容だと男性からだけ注目されているようにも見えますが、女性からも非常に高く評価されています。下着が透けないというのが人気が高い理由らしく、先行販売ではSサイズの売れ行きが非常に良かったそうです。

 

正装白Tが台湾で限定オンライン予約販売開始

その正装白Tが、なんと台湾で限定オンライン販売を開始したと発表しました。今回の台湾での海外配送対応は世界に先駆けたもので、国外への販売は台湾が初となるそう。

株式会社アールは台湾での事前調査の結果も合わせて公開しており、その結果台湾でも正装白Tが人気となりそうな結果となっています。

※台湾在住者に対する白 T 着用時の乳首透けに関する調査データ
  Google社提供のアンケートフォームGoogle Formを用いた一般集計*株式会社アール調べ
(期間:2020年5月25 日~5月26日、有効回答数:228 人男女)

「白いTシャツを着る時、乳首が透けるのを気にしていますか?」という質問。約8割が気になると回答しています。

 

「白いTシャツを着ていて、乳首が透けている男性を見た時どう思いますか?」という質問。

「気になる(53.5%)」「気持ち悪い(22.4%)」という回答のほかに、「周囲への気遣いができなそう(16.7%)」「二度と会いたくない(2.6%)」「不衛生だ(6.6%)」といった強烈な回答も存在。世の白Tシャツを着る男性はすくみ上がってしまいますね。

 

ちなみにこちらは2017年の発売当初に日本で行ったアンケート結果(マクロミル社提供によるQUESTANTを用いた一般集計)。台湾で行ってたアンケートと同様、かなり強烈な回答が多いですね。

 

不快な外見についてのアンケートでは、「脇汗をかいている(79.4%)」ことと「乳首が透けている(68%)」が挙げられたと発表しています。

 

このように、台湾でも同様に白Tシャツの乳首透けや乳首が浮いてしまう現象が気になったり、不快になる要因となっているようです。これは正装白Tも大反響の予感がしますね。

日本でも現時点(6月10日現在)で正装白Tの予約販売は公式サイト(https://seisoshirot.com/)にて受付しているようです。今予約購入した方は6月下旬頃より順次発送する予定とのこと。気になる方はぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

Facebook
スポンサードリンク
TORSO_JACK編集部
この記事を書いた人
TORSO JACK編集部です。 人ではなく、人が創り出す「モノ」や「コト」にフォーカスする事を方針として発信しています。
SNSでフォローする