国内のファッションやカルチャーを発信するメディア

あの時、着せ替え人形に夢中だった女性たちへ。バービー×アンテプリマ

ANTEPRIMA×Barbie™ コレクション発売

2021年2月17日(水)より、ANTEPRIMA/WIREBAG銀座三越店とANTEPRIMAオンラインストアにて先行発売が発表されました!

世界のバービー

筆者の幼年期、幼馴染みのひとみちゃん(仮)の家に遊びに行くと、決まってバービーで遊んだ覚えがあります。皆さんもなんとなく記憶のどこかに着せ替え人形に触れた記憶があるんじゃないでしょうか。

世界一有名なファッションドール「バービー(Barbie)」は、デビュー60年を超える着せ替え人形のレジェンド。1959年のデビュー以来、女性を取り巻く環境の変化を映し続け、ファッションだけではなく多様性“ダイバーシティ”(性別、人種、職業、体型など)を表現し、全ての女性の憧れでありながら未来に向かって自分らしく進んでいく女性と共に歩んでいます。
バービーは、これまでも約200種類以上の職業や、数多のファッションやアクセサリーを通じて、女の子の“可能性”を提示し、”You Can Be Anything”の取り組みを続けています。

 

“Simple & Sophisticated … yet Sexy”アンテプリマ

荻野いづみ氏がイタリアより発信するアンテプリマ(ANTEPRIMA)。シンプルで洗練されていながらも、さりげない女性らしさが感じられるコレクションを発表しています。アンテプリマとはイタリア語で『デビュー前』を意味し、女性にとってデビューに年齢は関係がないという想いが込められています。

プレタポルテ、バッグ、シューズ、ジュエリーなど豊富なコレクションは、どれも日本人らしい細やかさと、洗練されたイタリアンテイストを兼ね備えたハイクオリティなものばかり。シグネチャーともいえるワイヤーバッグは、1998年のデビューから今日まで600以上のスタイルと約100以上のカラーが発表され、そのベーシックなフォルムは、女性のライフスタイルにフィットし、あらゆるシーンに溶け込んで生き生きとした楽しさを与えてくれます。

バービーのアートワークをベースに様々なアイテムに表現

アンテプリマのシグネチャーであるワイヤーバッグをはじめ、ANTEPRIMA/MISTOからはキャンバスバッグやポーチなど様々なアイテムにバービーフェイスのグラフィックを表現しました。アイコニックなクラシックバービーをカラーブロッキングでモダンにアレンジをし、時を経ても飽きのこないタイムレスでボーダーレスなデザインに仕上がっています。

以下にアイテムの一部を紹介していきます。

WIREBAG(ワイヤーバッグ)


SIZE:W32cm.H33cm
PRICE:¥82,000-
COLOR:エナメルブラック×マットホワイト、マットパウダリーピンク×エナメルホワイト


SIZE:W32cm.H33cm
PRICE:¥79,000-
COLOR:マットマゼンタ×エナメルホワイト

“FLAT LUGGAGE 24/7″シリーズのデザインを採用したコレクション。ハンドルを長くすることで肩掛けもしやすく、従来よりも細いワイヤーコードを使うことにより軽量かつ、よりソフトでしなやかな仕上がりになっています。トレンドに左右されないベーシックなトートバッグにキャッチーなバービーのフェイスが目を惹きます。

MISTO(ミスト)


SIZE:W36cm.H33cm.D10.5cm
PRICE:¥30,000-
COLOR:ピンク、ブラック×ホワイト、グレー


SIZE:W44cm.H41cm.D14cm
PRICE:¥6,300-
COLOR:ピンク、ブラック×ホワイト、グレー


SIZE:W20.5cm.H7.5cm.D13cm
PRICE:¥11,000-
COLOR:ピンク、ブラック×ホワイト

ワイヤーバッグと同じく、バイカラーで表現したアイコニックなバービーをよりデイリーに使用することを目的としたコレクション。トリミングにまでこだわったハンドルとハリ感のある生地が特徴のキャンバスバッグをはじめ、エコバッグ、ポーチも取り揃えています。※トートバッグ、エコバッグのグレー×ホワイトのカラーは、店舗限定での展開です。


SIZE:「バービーロゴ」W5.5cm.H10.7cm「サングラス」W3.8cm.H10.8cm
PRICE:¥10,000-
COLOR:「バービーロゴ」シルバー、ピンク「サングラス」ブラック、ピンク

 

さらに遊び心をプラスする、バービーロゴとサングラスをモチーフにしたレザーチャームもご用意。

あの頃に夢中になったアイドルと、もう一度、一緒の時間を過ごしてみませんか?

Facebook
スポンサードリンク
山中 昭則
この記事を書いた人
家事が得意で夢は“主夫”山中です。スポーツ観戦が好きなので活かせられたら良いなぁ、なんて考えております!
SNSでフォローする