国内のファッションやカルチャーを発信するメディア

Color closetをコンセプトとしたシビラの新レーベル「S SYBILLA」デビュー

婦人服を中心にアパレルアイテム・ブランドを展開するイトキン株式会社が展開中のブランドの1つである、スペイン発のファッションブランド「Sybilla(シビラ)」からColor closetをコンセプトとした新レーベル「S SYBILLA(エス バイ シビラ)」が6月1日デビューすることを発表しました。

「自然を心から愛し、自分が持つ色を知り、女性であることを楽しむ。」という思いを込め、ドレスを中心に展開していくレーベルとなっています。

 

スペイン発のシビラの新レーベル「S SYBILLA」

Sybilla(シビラ)はスペインのクリエーターであるシビラ氏がデザインするブランドで、常にサスティナブルな取り組みを意識してデザイン活動を行っていることが特徴。

女性が自然体で美しい、そしてより女性らしさや自分らしさを引き立たせるような服作りを大切にしているほか、自然からインスピレーションを受けたオリジナルなカラーリング提案が特徴となっています。

「女性に本来備わっている独特の美しいラインを損ねることなく、動きやすく着心地の良い服を」という考えのもとに作られたアイテムは、着心地も抜群で女性らしい魅力を引き出すよう作られています。

 

「S SYBILLA」はColor closetをコンセプトとして、シビラ独自のカラーで提案するドレスを主軸とした新レーベル。

キーワードは「Love nature」「Love color dresses」「Love myself」。『自然を心から愛し、自分が持つ色を知り、女性であることを楽しむ。』そのような思いを込めたドレスラインナップを展開していくとのことで、販売はイトキンオンラインストア限定(https://www.itokin.net/s_sybilla)で展開するそうです。

S SYBILLAに込められたメッセージ

S SYBILLAは3つのキーワードを掲げ、それぞれ

【Love nature】
これまで私たちが生きてきた世界が社会が変わっていく。
自分が自然の一部であることを感じ、自然を心から愛し、本質的であることを大切に。

【Love color dresses】
ドレスを纏った時、服のカラーが女性に何らかの影響(効果)を与える。
自分が持つ色を知り、カラフルに存在することを楽しむ。

【Love myself】
もっと自分を愛して…。
一人の女性が自分を好きになった時に放たれるその輝きや、高揚感。
全てが新しくなった今だからこそ、女性であることを楽しみ、自由に、自分らしく表現できる“自分軸”を持つ。

上記の思いが込められています。

 

また、展開する商品のカラー1つ1つにも、それぞれ込められたメッセージがあります。

●framboise

New Elegance=シンプルでエレガントに。女性の本質的なものを大切に、バランス感を与えてくれるフランボワーズカラー。
内面からあふれる、不思議な吸引力ある、女性をイメージしたカラー。佇まいの美しさ、雰囲気やオーラを纏う。目が離せない女性。

商品価格:29,700円(税込)

 

●turquoise blue

安らかで穏やかな気持ちになるようなターコイズブルーを纏うと、大きく深呼吸をしたくなる。
解放感と女っぽさのあるオールインワンは、新しい、大人女性のベーシックアイテムに!

商品価格:29,700円(税込)

 

●lilac pink

淡く透き通る印象を与えてくれるライラックピンク。甘く優美で上品なライラックは、自分をやさしく守ってくれる…。
女らしいシルエットと、柔らかで着心地の良いドレスを纏うと、光を放つことが出来る。

商品価格:24,200円(税込)

 

プロダクト:カラーの美しさが際立つアイテムであるドレス中心に展開。主に天然繊維を使用。
ターゲット:エイジレス。タイムレスなデザインとレングス変化でのサイズ展開が特徴。
価格帯:ドレス中心価格20,000~30,000円(税込)
販売店舗:イトキン公式通販サイト(イトキンオンラインストア)限定
ブランドトップページ:https://www.itokin.net/s_sybilla

 

女性らしい美しさを引き出すアイテムを展開していくと説明する、シビラの新レーベルである「S SYBILLA」

サステナブルな素材を使った環境へ配慮したアイテムであることはもちろん、カラーに込められたメッセージにも注目です。興味が出たという方は、1度イトキンのオンラインストアでチェックしてみてはいかがでしょうか。

Facebook
スポンサードリンク
この記事を書いた人
TORSO JACK編集部です。 人ではなく、人が創り出す「モノ」や「コト」にフォーカスする事を方針として発信しています。
SNSでフォローする