国内のファッションやカルチャーを発信するメディア

「H&M」ブランド初のバーチャルファッションを使用した限定ルックの名付けキャンペーン開催

H&Mは、デジタルファッション分野への参入の第一歩として、ブランド初となる3つのバーチャル・ファッション・ルックを発表。

そしてこのバーチャル・ファッション・ルックの発表を記念し、日本を含む限定6か国(日本、アメリカ、イギリス、フランス、デンマーク、インド)で、1月10~1月31日までの期間中にコンペティションを実施することを発表しました。

 

H&M初のバーチャルファッションを使ったコンペを開催

H&Mはファッション業界において、常に革新的な方法を模索し続けている企業・ブランドの1つに数えられています。

そのH&Mが今回のキャンペーンで展開するバーチャル・ファッション・ルックは、デジタル上でのみ着用することが出来る服を自分の画像に当てはめ、まるで本当に着用しているかのように楽しむことが出来るというもの。

現実では不可能な「雲」「電気」「液体」といったものをはじめ、それこそ空想上のものまで使用した服を見に纏うことが出来ることが大きな特徴です。

デジタル上でのみ再現出来るディテール以外にも、サイズの限界がないため体型や性別を問わず着用することが出来たり、よりインクルーシブな方法で遊び心を持ったスタイルを探求することが可能。

また、廃棄物の発生や梱包・輸送の必要がないことで、よりサステナブルにファッションを楽しむことが出来るようになります。

尚、本ルックはキャンペーン期間中に開催されるコンペティションの賞品としてのみ提供され、販売や製造は予定していないため、抽選で選ばれた方だけが着用することが出来るルックとなっています。

今回のコンペティションでは、女優のメイジー・ウィリアムズ氏をアンバサダーとして起用し、下記期間中にH&M公式オンラインサイト(hm.com)上で開催。

参加者は3つのバーチャル・ファッション・ルックの中から1つを選び、同ルックに名前を付けることで選考に参加することが可能となっています。

当選者には、H&Mより3ルックのうち1ルックの着用体験を提供し、自身のソーシャルメディア上などでお楽しみいただけます。

 

コンペティションキャンペーン詳細

●バーチャル・ルックの着用方法
当選された3名には、自分の映った写真データを提出してもらうよう案内を送付。必要事項を記入の上返送すると、数日後に送った写真データに、本3ルックの中から1ルックを合成したものが届くほか、動くアニメーション効果と共に、自身のSNS等に投稿することが可能となっています。

●応募期間
2022年1月10~2022年1月31日

●応募方法
下記キャンペーンページURLにアクセスし、必須項目を入力してください。
URL:https://social.hm.com/ja_jp/virtual-fashion

●応募条件
誰でも応募可能。

●当選者数
各ルックにつき1名(合計3名)

●当選結果
2月上旬に当選者のみへ連絡を行います。当選者への連絡後、公式オンラインサイト(HM.com)上でも名前を発表する予定。
5日以内に返信が確認出来ない場合は、他の方が繰り上げ当選となりますので、予めご了承ください。

コンペティション詳細:
https://www2.hm.com/ja_jp/free-form-campaigns/
5243c-virtual-fashion-competition.html

 

これまで自分の体型では着ることが出来なかったサイズがないアイテムや、現実ではあり得ない素材を使用した服、そして性別などで着ることのなかったアイテムまで好きに着用することが出来るバーチャルファッション。

自分だけで鑑賞したり、SNSに投稿して見てもらったりと楽しみ方は様々。

革新的な取り組みを率先して行なってきたH&Mの新たな試みであるバーチャルファッションを使ったネーミングキャンペーンに、ぜひ応募してみてはいかがでしょうか。

Facebook
スポンサードリンク
この記事を書いた人
TORSO JACK編集部です。 人ではなく、人が創り出す「モノ」や「コト」にフォーカスする事を方針として発信しています。
SNSでフォローする