ファッション&カルチャーなど流行を発信するメディア

メンズ

洋服の上から羽織る着物「着物ガウン」海外向けクラウドファンディングで展開開始

着物の仕立て販売や手入れ加工、着物トータルコーディネートなどのサービスを展開する巧流合同会社は、洋服の上に羽織る着物「着物ガウン」を開発したことを発表。

この着物ガウンを海外向けのクラウドファンディングサービスにて商品の展開を開始したことを発表しました。

 

着物の新しい形「着物ガウン」海外向けクラウドファンディングで販売開始

巧流合同会社は、「着物をファッションに」をコンセプトとしてカジュアル着物ブランド”巧流-call-”を運営し、着付けのいらない着物の開発など、新しい着物のあり方を提案。

また、日常的に着物に触れる環境をつくるため、店内で着物をレンタル出来てスタッフも全員着物着用の上で接客をする「dining bar call」なども運営しています。

その巧流合同会社は、洋服の上から羽織る全く新しいタイプの着物「着物ガウン」を製造。

着物ガウン完成に伴い、「Kickstarter」にてクラウドファンディングを11月22日に公開したことを発表しました。

 

着物ガウンの魅力

着物ガウンは、洋服と違って生地を直線的に裁断し、裁縫のみで仕立てていく着物の仕立て方で作られたガウン。

そのため、肩から裾にかけてストレートなデザインが美しく洗練されたシルエットが今までにない着物コートとなっています。

職人が1つ1つ丁寧に仕立てており、細部への品質にこだわり、職人の手仕事を大切にしているそう。

日本の職人の匠の技を後世に伝えていきたいという想いから、この職人技を活かしながら、時代にマッチした製品を作りたいと考え、この製品が誕生したと説明しています。

やわらかな風合いが特徴で、着物の直線的な魅力が伝わりやすいスーツ生地を採用しており、家庭の洗濯機で丸洗いが可能なだけでなくアイロン掛けも不要な仕様。

さらに大きな特徴として、着物でありながら「ポケットが付いている」点にも注目です。

着物にポケットは今まで無かったものの、コートの機能としてポケットは必須。そこで着物のストレートのデザインを崩さないように、ストレートポケットが付けられています。

 

 

海外向けにクラウドファンディングをする理由とは

今回、最初に日本向けに商品を展開するのではなく、海外のクラウドファンディングである「Kickstarter」で商品展開を行なった巧流合同会社。

その理由について、

「日本人の特性として、自分から新しいものにどんどん挑戦していくというよりも『流行っている』や『誰かがやっている』などの、他者に影響を受けて行動を起こすことが多いと思います。

その中で、日本に再度着物を広げていこうと考えて時に、『外国で流行っている』という実績があることが一番の近道ではないかと思い、まずはクラウドファンディングからスタートしようと考えました。」

と説明。

このクラウドファンディングをきっかけに、今後海外進出をしていきたいと思っているともコメントされました。

 

本商品はクラウドファンディングサービス「Kickstarter」で主に海外の方向けに商品展開をしていますが、日本の方でも着物ガウンは購入可能となっています。

もし着物ガウンに興味があるという方は、Kickstarterの商品ページにてチェックしてみてはいかがでしょうか。

商品公開ページ:https://www.kickstarter.com/projects/call-kimono/kimono-gown-an-authentic-kimono-in-a-new-shape?ref=mzk82m

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事

TORSO JACK編集部です。 人ではなく、人が創り出す「モノ」や「コト」にフォーカスする事を方針として発信しています。

  1. 「LILY BROWN(リリーブラウン)」宮脇咲良とのコラボアイテム第5弾が発売

  2. 「アバター:ウェイ・オブ・ウォーター」メルセデス ミーで特別展示や期間限定メニューを発売

  3. DMMの新たなエンタメサービス「DMMプレミアム・DMM TV」アンバサダーにオードリー春日・雨宮天が就任

RELATED

PAGE TOP