国内のファッションやカルチャーを発信するメディア

元祖ポテチメーカー湖池屋の「JAPANプライドポテト」 から神戸ビーフが発売!

いまや日本中で食されているポテトチップスですが、ポテトチップスを日本で初めて量産し販売したのが湖池屋だということをご存知でしょうか。

元祖ポテトチップスメーカーとも言える湖池屋が「日本の誇り」である風土・文化やそれらが生み出す素材を「KOIKEYA PRIDE POTATO」に込めて発信するプロジェクトとして2018年2月に始動した「湖池屋 JAPAN PRIDE プロジェクト」より、新商品「JAPANプライドポテト 神戸ビーフ」を2021年3月29日より全国コンビニエンスストアにて、2021年4月5日より全国スーパーマーケット等、一般チャネルにて発売することを発表しました。

 

湖池屋の「JAPANプライドポテト 神戸ビーフ」発売

多様な人々と文化を受容し、新たな流行や文化を生み出した港町として栄え、近畿圏有数の農業都市として多種多様な食文化を醸成してきた神戸。

神戸市では2015年より食を軸とし、農水産物のブランド化を推進する都市戦略「食都神戸」を掲げるなど、職を中心に多数の取り組みを行なっています。

その神戸の食の魅力を商品に込めて全国に届けたいという思いから、「JAPANプライドポテト 神戸ビーフ」を2020年8月に発売。

2年目となる今回は、世界に誇る最高級牛肉である「神戸ビーフ」、神戸の街をイメージしたデザインである「神戸タータン」に加え、「神戸ビーフ」の牛革という地域資源を活かし、「食べるだけでは、終わらせない。」を掲げて商品開発に取り組む神戸レザー協同組合と協力し、新たに「今できることを一歩ずつ。明日に繋がる日本の誇り。神戸プライドキャンペーン」を展開すると発表しました。

また味も兵庫県内で伝統のあるヒガシマル醤油の淡口しょうゆを使用することで、神戸ビーフの味の個性が引き出された「すき焼き」を思わせる甘辛醤油仕立てで登場。昨年「JAPANプライドポテト 神戸ビーフ」を食べていた方にも新たな魅力を感じてもらえる商品に仕上がったと語っています。

「JAPANプライドポテト 神戸ビーフ」は3月29日よりコンビニエンスストアにて、4月5日より全国スーパーマーケット等のその他販売チャネルにて展開するとのこと。

 

2021年で2年目を迎える「JAPANプライドポテト 神戸ビーフ」の発売にあたり、「神戸の魅力」を全国へ向けて発信するだけでなく、神戸に受け継がれてきた地域資源を未来へ繋げたいという想いから、「神戸ビーフ」の牛革という地域資源を活かし、「食べるだけでは、終わらせない。」を掲げて商品開発に取り組む神戸レザー協同組合と協力。

湖池屋ロゴマークが入ったオリジナルの「神戸レザー小物入れ」などを抽選で10名にプレゼントする「今できることを一歩ずつ。明日に繋がる日本の誇り。神戸プライドキャンペーン」を実施することを発表しました。

神戸レザー協同組合:https://kobeleather.or.jp/

 

キャンペーン詳細

●「JAPANプライドポテト 神戸ビーフ」発売記念
今できることを一歩ずつ。
明日に繋がる日本の誇り。
神戸プライドキャンペーン

応募方法:コイケヤ【公式】(@koikeya_cp)をフォローした上で、キャンペーンツイートをリツイート。
湖池屋公式アカウント:https://twitter.com/koikeya_cp
応募期間 :2021年3月29日~2021年4月4日
プレゼント賞品(10名)
・湖池屋ロゴマーク入りオリジナル「神戸レザー小物入れ」(1個)
・「JAPANプライドポテト 神戸ビーフ」 (10袋)
上記を抽選で10名様にプレゼント。

 

日本で初めてポテトチップスを量産し発売した湖池屋が、日本が世界に誇る文化や風土、歴史と伝統がつまったその魅力を、老舗・湖池屋がプライドをかけて作り出すおいしさを通じて届けたい。そんな思いから生まれたポテトチップスシリーズ「JAPANプライドポテト」

2年目となった「JAPANプライドポテト 神戸ビーフ」の新しい味わいや、発売キャンペーンもお見逃しなく。

Facebook
スポンサードリンク
この記事を書いた人
TORSO JACK編集部です。 人ではなく、人が創り出す「モノ」や「コト」にフォーカスする事を方針として発信しています。
SNSでフォローする