国内のファッションやカルチャーを発信するメディア

透けて淡く幻想的に光る、月明かりを表現したオリジナルの麻素材アパレルアイテム登場

株式会社ファイブフォックスが展開するレディースアパレルブランド「K.T KIYOKO TAKASE(ケーティー キヨコタカセ)」は、上品・上質で美しく、オリジナル素材とこだわりのデザインで大人の女性に満足出来るような服作りをするブランド。

この度「K.T KIYOKO TAKASE」より、幻想的な煌めきが美しい月明かりをオリジナルの麻素材で表現したブルゾンとロングシャツを発売することが発表されました。

この商品は6月4日より全国のコムサ・ステージやコムサ・プラチナなどの店舗で展開すると告知しています。

 

「K.T KIYOKO TAKASE」月明かりを表現したアイテム発売

ファイブフォックス取締役副社長でもある高瀬清子氏がデザイナーを務め、また自身の名前も冠している「K.T KIYOKO TAKASE(ケーティー キヨコタカセ)」

本ブランドでは高級感のある素材を積極的に取り入れ、シンプルかつソフトなシルエットで着こなす、エレガントで気品の感じられるようなアパレルアイテムを展開しています。

古来から人に親しまれてきた麻は、“土中に埋めても自然に還るエコ繊維”や”焼却時に有害物質が排出されない”などの特徴から、環境への負荷が少ない素材として近年注目されています。

この麻を得意とするブランドとして、K.T KIYOKO TAKASEでは自然と共存していくことをテーマに服作りに取り組んでいることを説明。

月明かりの繊細な光を表現したいと考え、極細の麻繊維と特殊な光沢を放つポリエステルを織り上げ、オリジナルの「透けて光る麻」素材を完成させました。

ヨコ糸に麻(リネン)の極細の糸と、反射で光るポリエステルの異形糸(三角形の糸)を使用し、タテ糸にはナイロンを使用しており、敢えて後加工は施さず、織りっぱなしのようなラフな風合いに仕上げていると説明しています。

 

透けて光る麻素材のアイテム登場

「K.T KIYOKO TAKASE」が新開発した、月明かりを表現した「透けて光る」麻素材で出来たアイテムが登場します。オーバーサイズのブルゾンとロングシャツの2点で、衿元や袖口にはメタリックなリネンの別布を使用することで、ナチュラルな亜麻色をシャープに引き締めたアイテムとなっているとのこと。

ブルゾンは袖をロールアップできる2WAY仕様となっており、スポーティさをプラス。

一方ロングシャツは、シンプルなデザインで生地の質感を最大限に活かしたアイテムとなっています。パーツにより生地の地の目を変えることで、光沢とハリ感をコントロールし、モード感と美シルエットを両立させたものとなっているとのこと。

両アイテムは6月4日から販売開始となっており、全国のコムサ・ステージやコムサ・プラチナなどの店舗で展開予定となっています。

月明かりのように淡く光り、透ける面白い生地感の素材を使ったアイテムに興味を持った方は、ぜひ6月4日の発売をお見逃しなく。

Facebook
スポンサードリンク
この記事を書いた人
TORSO JACK編集部です。 人ではなく、人が創り出す「モノ」や「コト」にフォーカスする事を方針として発信しています。
SNSでフォローする