国内のファッションやカルチャーを発信するメディア

アパレルブランド「リリーブラウン」10周年を迎えより洗練されたブランドロゴへリニューアル

株式会社マッシュスタイルラボが展開するレディースブランド「LILY BROWN(リリーブラウン)」は、2021年7月19日にブランドロゴのリニューアルを発表。

8月2日の2021 Autumn Collectionのカタログ公開に先駆け、ブランドコンセプトの「Vintage Feature Dress(ヴィンテージフィーチャードレス)」はそのままに、より洗練されたロゴデザインへ変更するとしています。

 

リリーブラウン10周年でブランドロゴを刷新

2021年9月にブランド設立10周年を迎えるリリーブラウンは、「Vintage Feature Dress(ヴィンテージフューチャードレス)」をコンセプトに、ヴィンテージアイテムから伝わる繊細なクラフトワークや独創的なデザインを現代のファッションに取り入れたリアルクローズを提案。

ファッションの歴史にリスペクトを込めたコレクションは、大胆な色使いや目を楽しませるディテールで魅せる自由な感性と洗練されたムードを併せもつワードローブです。

マッシュスタイルラボ代表の近藤広幸氏がブランドプロデューサーに就任し、ブランドロゴを7月19日に刷新したリリーブラウン。

8月2日に公開の2021 Autumn Collectionのメインヴィジュアルを皮切りに、新ロゴを使用したブランド展開をスタートすると告知しています。

「アクチデンツ・グロテスク」を元にアレンジしたブランドロゴのフォントは、シンプルさやクリーンな印象を表現。

ゴシック体に変化することで視認性を高め、目を通すガジェットやサインの大小に左右されない仕上がりになっており、ブランドアイデンティティがより伝わりやすく、世代や時代を超えて幅広く愛されるデザインを目指したと説明しています。

ロゴの刷新に合わせ、オリジナルのモノグラムも新たに制作したことも発表。

ブランド名の”L”と”B”をかたどった、通年使用されるブランドアイデンティティとしてショッパーなどの包装品や店舗備品にも使用予定とのこと。

 

ロゴリニューアルビジュアルに「インスタグランマ」起用

今回のロゴ刷新ビジュアルには、71歳でインスタグラマーとして活躍し、国内外で活躍する内藤朝美氏を起用。

内藤朝美氏はテレビや雑誌などにも出演し、「インスタグランマ」と呼ばれ人気となっている方。ヴィンテージやメゾンのブランドを自由なスタイリングでMIXし話題となっています。

ヴィンテージへのリスペクト、そして現代へのブレイクダウンを表現してきたリリーブラウンがより世代を越えて愛されるブランドへの進化を発信。

エイジレスでより洗練されたものづくりにアップデートしつつ、「Vintage Feature Dress」というコンセプトをぶらさずに追求し続けていくと宣言しています。

Coat:29,700円(税込)
Tops:7,480円(税込)
Skirt:15,400円(税込)
Scarf:6,930円(税込)
Bag:5,940円(税込)

 

Tops:9,680円(税込)
Pants:12,980円(税込)
Shoes:12,980円(税込)
Bag:9,900円(税込)

 

各ブランドの店舗も新しいロゴを用いた内装に順次変更予定で、8月25日には名古屋高島屋店が、9月10日には旗艦店である新宿高島屋店がリニューアルオープン予定とのこと。

ロゴを刷新することを発表し、新しく始動するリリーブラウンの今後の動向に注目です。

インスタグランマの内藤朝美氏を起用したビジュアルもぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

Facebook
スポンサードリンク
この記事を書いた人
TORSO JACK編集部です。 人ではなく、人が創り出す「モノ」や「コト」にフォーカスする事を方針として発信しています。
SNSでフォローする