国内のファッションやカルチャーを発信するメディア

ストールの端切れや余剰素材で作るサステナブル麦わら帽子「marumasu」より限定発売

創業1901年の丸枡染色株式会社はアップサイクルのものづくりとして「ストールリボンの麦わら帽子」を2021年7月16日より販売を開始することを発表しました。

2019年より丸枡染色株式会社のファクトリーブランドmarumasu(マルマス)が行なっているアップサイクルプロジェクト第3弾となる今回は、ストールを作る過程で出てしまう端切れや余剰素材を活用したサステナブルなアイテムとなります。

 

marumasuのアップサイクルプロジェクト第3弾「ストールリボンの麦わら帽子」登場

丸枡染色のファクトリーブランドmarumasu(マルマス)は、ストールをつくる過程で出てしまう端切れや余った素材から新たな価値に再生するアップサイクルプロジェクトを、2019年から実施しています。

第3弾となる今回は、創業120年を迎えた丸枡染色の染色工場と創業100年を越える麦わら帽子工房の老舗同士が出会い生まれた麦わら帽子。

ストールを麦わら帽子に巻くことで、伝統工芸品にサステナブルな発想を組み合わせた新たなアイテムとなっています。

今回の帽子制作は明治13年から続く老舗の帽子工房へ依頼。この麦わら帽子は日本の農作業で古くから愛されてきた伝統工芸品で、日本人の丸い頭に合わせた成型やサイズ調整テープの仕様など常に進化を続けてきたものとのこと。

製造工程では7本の麦の茎を手で編み、紐状にした1本の「麦わら真田」を円状に重ねながら帽子の形に縫製しているそう。そのためしっかりと作りこまれた美しい造形と機能的な着け心地となっているそうです。

日本の伝統的な「染絣」から影響を受け、marumasuが2回の染めを組み合わせて新開発した「KASURI」技法を用いたストールを使用しており、先染め織とプリント技法を組み合わせることで、糸1本1本の緻密な紋様の色合いが「麦わら」の素朴な質感に馴染んでいます。

薄く柔らかいガーゼストールを幾重にも巻くことで美しいシルエットと立体感を生み出しました。帽子ごとに巻き方を検証し、色の配置を確かめながら一点ずつ手縫いで仕立てています。

僅かなミスや傷、シミも見逃さずに厳しい基準で製品の検査を行っているmarumasuでは、使用上問題ないものでも出来る限り見逃さない厳しい検査を行い、製品の品質向上に努めているそうです。

 

商品詳細

●ストールリボンの麦わら帽子

・SAILOR STRAW HAT

 

・CROCHET STRAW HAT

価格:18,700円(税込)
カラー:pink、green、blue
素材:
【本体】天然草木(麦わら)
【リボン】コットン100%
【汗止め】ポリエステル
加工:UVカット、抗菌・抗ウイルス加工

販売:7月16日
販売店舗:
・marumasu 銀座店

・ONLINE STORE:
https://shop.marumasu-stole.com/

柄と色のバランスが少しずつ異なる1点物の麦わら帽子「ストールリボンの麦わら帽子」は、7月16日より限定発売となります。

端切れや余剰素材を用いた、1点物のサステナブルな帽子となるので、気になる方はぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

Facebook
スポンサードリンク
この記事を書いた人
TORSO JACK編集部です。 人ではなく、人が創り出す「モノ」や「コト」にフォーカスする事を方針として発信しています。
SNSでフォローする