国内のファッションやカルチャーを発信するメディア

移りゆく自然や風景を記録するウェアブランド「NATIVE CODE」11月11日に始動

株式会社シュタインは2021年11月11日に世界中のナチュラルランドスケープと着る人を繋げていくウェアブランド「NATIVE CODE(ネイティブコード)」をキャンパーやナチュラリストに向けスタートしたことを発表しました。

NATIVE CODE初となる1st Exhibitionでは、フォトグラファー2名とコラボしたアイテムが登場します。

 

自然を記録するウェア「NATIVE CODE」ローンチ

NATIVE CODEは株式会社シュタインが2021年11月11日よりスタートさせたアパレルブランド。移りゆく自然の風景やその美しさを記録するというコンセプトから、自然や風景の画像をプリントしたアイテムが特徴となっています。

NATIVE CODEのウェアには「いつ」「だれが」「どこで」その撮影を記録したのかがクレジットされていて、フォトグラファーとナチュラルランドスケープと着用する人を繋げ、移りゆく自然をウェアに記録。

今回展開された1st Exhibitionでは、写真家の若木信吾氏と酒井貴生氏の2名とコラボ。今後も国内外のフォトグラファーや冒険家などとコラボレーションしながら、移りゆく自然の美しさを記録するウェアを発信しています。

公式ブランドサイトには「NATIVE CODE world map」と呼ばれる世界地図が表示されており、そのマップにピンが刺さっています。これはNATIVE CODEのアイテムに使われた写真が撮影された場所を示しており、ランドスケープロケーションを可視化しているもの。

今後もアイテムが増えるごとに、このランドスケープロケーションを可視化していくとしています。

各アイテムは1プロダクトにつき50着限定で生産されることとなっており、毎回ミニマルなコレクションで展開されるとのこと。

回収した服のポリエステルをBRING Technology™により化学的にリサイクルし、全く新しいポリエステル原料に生まれ変わらせたサステナブルな再生ポリエステル樹脂「BRING Material™」を使用したボディを採用しているほか、NATIVE CODEの売上の3%を国際的な森林保護・保全・再生に取り組んでいる国際緑化推進センター(JIFPRO)へ寄付するなどの活動もしています。

 

アイテム詳細

●Sweat Hooded Pullover

価格:17,600円(税込)

 

●Sweat Crewneck Pullover

価格:15,400円(税込)

 

●T-shirt

 

価格:9,900円(税込)

 

自然の風景を切り取り、移りゆく自然を記録したウェアを展開することをコンセプトとしたブランド「NATIVE CODE」

公式オンラインストアにて11月11日より展開を開始しているので、気になる方はぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

「NATIVE CODE」URL:
https://nativecode.online

Facebook
スポンサードリンク
この記事を書いた人
TORSO JACK編集部です。 人ではなく、人が創り出す「モノ」や「コト」にフォーカスする事を方針として発信しています。
SNSでフォローする