国内のファッションやカルチャーを発信するメディア

ポール・スミスから屋外の冒険や自然をコンセプトとした2022年春夏メンズコレクションが発表!

日本時間で2021年6月25日23時に、「Fédération de la Haute Couture et de la Mode(フランスオートクチュール・プレタポルテ連合会)」にてポール・スミスの2022年春夏メンズコレクションが発表されました。

今回のコレクションは、「アウトドアアドベンチャーの精神」「アップビートなポジティブさ」「自然界とのつながり」などを表現しています。

 

ポール・スミス2022年春夏メンズコレクション発表

ポール・スミスは、英国を代表するファッションライフスタイルブランド。

1970年、イギリスのノッティンガムでわずか3m×3mの小さなショップからスタートし、現在では60以上の国や地域でおよそ130の店舗を展開しているブランドです。

「インスピレーションの源はどこにでもある」というデザイナー、ポール・スミス氏の言葉は、ブランド創設以来基本理念の1つとなっており、芸術・音楽・日常生活や長年愛してきたサイクリングなど多様な分野からヒントを得たデザインは、独特のアート感覚に溢れていることでも人気を得ています。

原点であるメンズに加え、ウィメンズ・ジュニア・アクセサリー・インテリアアイテムなどを展開し、それぞれにポール・スミスの個性溢れるデザインが息づいています。

そのポール・スミスが、日本時間で2022年6月25日23時、フランスオートクチュール・プレタポルテ連合会にて2022年春夏のメンズコレクションを発表しました。

 

コレクション詳細

有機的なカラーパレットは、温かみのあるオレンジの日の出の色彩から、鮮やかなスカイブルーやミッドナイトブラックまで、夜明けから夕暮れへの移り変わりを表現。

トーンオントーンでコーディネートされたルックが、これらの美しいサマーカラーを輝かせます。トスカーナのテラコッタ、パテ(グレーがかったホワイト)、レッドクレイ(赤みがかった粘土色)などのアースカラーには、色鮮やかなレッドやアシッドイエローがアクセントカラーとして用いられています。

大地からのインスピレーションを受けて、地・風・水・火の4つの要素が、自然なテクスチャーと大胆なカラーウォッシュをミックスした一連のフォトグラフィックプリントで表現。

夏の訪れを告げるヒマワリは、プリントのモチーフやインターシャニットのパターンに加え、ラスト(赤褐色)やクリームといった、ゆったりとしたリネンスーツなどのキーアイテムに刺繍としてあしらわれ、様々な形でコレクションに登場するとのこと。

「軽さ」という中心的なテーマを高めている素材として、シアーなナイロン素材を衣服全体に使っているほか、リネンスタイルにテクスチャーのレイヤーを加えているそう。

デザインのディテールは、ボートの帆や特にジグザグのステッチパターンにインスピレーションを得ているそうで、ストームカフなどの実用的なアウトドアウェアの要素は、洗練された印象で本コレクションにも取り入れられているようです。

チェックの生地は、ポール・スミスのコレクションにおいて変わることのないテーマである、テーラーリングにおけるブランドのルーツを表しています。

2022年春夏にデビューすることが発表されている吉田カバンの「PORTER」とのコラボレーションでは、ポール・スミスのストライプに対する審美眼と、「PORTER」オリジナルのナイロンボンディング生地とが融合して、スモールサイズのショルダーバッグからダッフルバッグまで展開するそうです。

 

ポール・スミスの2022年春夏メンズコレクションの発表。この発表を待っていたファンの方も多いのではないでしょうか。

ポーター80周年の際にコラボし、即完売したことでも有名な両ブランドのコラボアイテム。今回のコラボもファン必見と言えます。

このコレクションがきになる方は、ぜひ公式サイトなどでチェックしてみてはいかがでしょうか。

公式サイト:
https://www.paulsmith.co.jp/stories/ss22/mens-show

Facebook
スポンサードリンク
この記事を書いた人
TORSO JACK編集部です。 人ではなく、人が創り出す「モノ」や「コト」にフォーカスする事を方針として発信しています。
SNSでフォローする