国内のファッションやカルチャーを発信するメディア

大人気スリングバッグ最新作「Radiant R0 Plus Sling Bag」国内で正規販売開始

きびだんご株式会社は、同社が運営するクラウドファンディングサービス「Kibidango」にて開催中のプロジェクト「機能と造形美の融合。大人気シリーズ最新スリングバッグ【Radiant R0 Plus Sling Bag】」の目標支援額を達成したことを告知。

そのため国内での正規販売が決定したことを発表しました。

「kibidango」で開催中の大人気スリングバッグ最新作が国内正規販売決定!

クラウドファンディングサイト「Kibidango(きびだんご)」は、海外のスタートアップやクリエイターの日本進出プロジェクトを運営する事業「きびだんご海外面白商品探索部」を通し、これまでに実に200個以上の海外プロダクトを日本国内に届けてきたサービス。

そのkibidangoが調べた中で、国内クラウドファンディングのバッグカテゴリーで、史上最も支援されたバッグである「Radiant Urban Sling(ラディアント アーバンスリング)」の最新作である「Radiant R0 Plus Sling Bag(ラディアント アールゼロ プラス スリングバック)」が現在プロジェクト開催中です。

そのスリングバッグ「Radiant R0 Plus Sling Bag」が、なんと支援金額100%を超え、2月1日現在で130%、支援総額が540万円以上となっています。

今回100%の目標金額を達成したため、国内正規販売が正式に決定したことを発表しています。

Radiant(ラディアント)シリーズは建築家であるCass Choi氏によりデザインされており、その独特な感性と知識が存分に活かされた設計となっています。特に印象的な開け口は、肩に掛けたままでもチャックが開けやすいよう斜めに配置されているなど、あらゆる場所にこだわりが感じられます。

そんな前作を含めたシリーズのコンセプトである「美しいフォルムと機能性」はそのまま、タブレット/PCなどの小型化や持ち物の縮小に応じた最適なデザインとサイズへ改良が加えられています。

縦22cm、横43cm、幅15cmで容量9Lと大容量。それだけでなく持ち運びやすさにも改良が加えられており、シリーズ最新作にして最高傑作と言っても過言ではないでしょう。

今回のプロジェクトでは、前作の「Radiant Urban Sling」をそのまま小型化した「Radiant R0 Chest Bag」も用意しており、セットでのプランも提供しています。

アイテム詳細や価格などについては以下の通り。

 

●Radiant R0 Plus Sling Bag(ラディアント アールゼロ プラス スリングバック)


カラー:Black

素材:ポリエステル、その他
サイズ:43x22x15cm
容量:9L
重さ:600g
カラー:全4色

 

●Radiant R0 Chest Bag(ラディアント アールゼロ チェストバック)


カラー:Indigo

素材:素材:ポリエステル、その他
サイズ:38x16x12cm
容量:2L
重さ:350g
カラー:全4色

 

●お届け時期:2021年7月中旬より順次お届け予定

●価格
・Radiant R0 Chest Bag
【Kibidango特別価格】:11,200円

・Radiant R0 Plus Sling Bag
【早割】:15,700円(50個限定)
【Kibidango特別価格】:16,900円

・Radiant R0 Chest Bag+Radiant R0 Plus Sling Bag 2点セット
【早割】:24,500円(30セット限定)
【Kibidango特別価格】:26,500円

 

このRadiant R0 Plus Sling Bagのプロジェクトは、見事支援目標金額100%を達成して国内正規販売が決定したものの、3月25日23時59分までkibidangoにてサポーターになることが出来ます。

現在も支援は伸びており、記事執筆時点で140%達成間近となっています。

お得なプランもまだ残っているので、支援購入を希望される方はお早めにkibidangoにてチェックしてみてはいかがでしょうか。

kibidangoプロジェクトページ:
https://kibidango.com/1611?ui_medium=release&ui_
source=kibidango&ui_campaign=radiantr0plus_l

Facebook
スポンサードリンク
この記事を書いた人
TORSO JACK編集部です。 人ではなく、人が創り出す「モノ」や「コト」にフォーカスする事を方針として発信しています。
SNSでフォローする