国内のファッションやカルチャーを発信するメディア

サウナタイムが「サウナと健康経営」をテーマにした連載記事を「健康社長」にて配信開始

サウナ専門の口コミメディアサイト「サウナタイム」は、社会的な健康課題に対してサウナがもたらすビジネスへの親和性・可能性や健康などについての連載記事を、大塚製薬株式会社が運営するコミュニティサイト 「健康社長」 の中で2022年1月12日より公開しました。

 

サウナタイム「サウナと健康経営」をテーマの記事を健康社長で連載開始

サウナタイムは日本初のサウナ専門口コミメディアサイトで、ユーザーが自由にサウナ施設への口コミを投稿を行ったり、サウナに特化した記事を読むことが出来るメディア。

サウナに特化した記事では、サウナ初心者が参考になりやすい内容を多く掲載しており、「サウナを好きになるきっかけを作りたい」「サウナをもっとみぢかに。」という想いを持って活動を行なっています。

そのサウナタイムが、大塚製薬が運営するコミュニティサイト「健康社長」にて、サウナがもたらす健康やビジネスへの影響などについての連載記事を、2022年1月12日より連載することが発表されました。

昨今の情勢によるコミュニケーションの取り方の問題や、運動不足を含め汗をかく機会の減少など、環境要因も含めたストレスへの向き合い方など、働く人が健康であり続けるための課題は様々。

そんな中で、昨今の福利厚生として、社員の健康支援や社内コミュニケーションの促進を目的とした”サウナ補助制度”と呼ばれる、会社のサウナ・温浴・サウナ飯にかかる費用の一部負担を行う制度を取り入れる企業が増えているそう。

そこで、サウナタイムは経営者の健康経営実践を支援するための各種情報・サービスの提供を行っている健康社長と連携して、「サウナと健康経営® ※」をテーマに毎話専門家等へのインタビューを通じ、サウナがもたらす健康やビジネスへの影響を紐解く記事を配信すると告知しています。

第1弾の掲載記事では「医師に聞く、サウナの入り方と効果とは?」と題し、日本サウナ学会代表理事で現役の医師でもある加藤容祟氏をゲストとして招き、サウナがもたらすメンタルやフィジカルへの効果やビジネスとの親和性を紐解き、医師ならではのサウナの入り方やその効果などを解説する内容だそう。

サウナタイムは今後も健康社長と連携を取り、サウナを推進する一環として、健康経営に取り組む企業の「社員の健康」「コミュニケーション促進」のため、情報を配信していくと説明しています。

※「健康経営」とは、NPO法人健康経営研究会が提唱する従業員への健康への経営的な視点や実践といった考え方・手法のこと。健康経営はNPO法人健康経営研究会の登録商標ともなっている。

 

「サウナと健康経営」記事詳細

●公開記事第1弾「医師に聞く、サウナの入り方と効果とは?」

ゲスト:加藤容祟(日本サウナ学会代表理事)

公開日時:2022年1月12日

記事URL:https://www.kenko-shacho.com/media/sauna_01(健康社長)
※記事を閲覧するには、健康社長に会員登録(無料)が必要となります。

 

サウナと健康を題材としたサウナタイムの記事は、健康社長にて1月12日より連載開始となります。

連載第1弾は医師が解説するサウナの入り方と効果といった内容となっているので、サウナ好きの方も健康に気を使っている方もぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

Facebook
スポンサードリンク
この記事を書いた人
TORSO JACK編集部です。 人ではなく、人が創り出す「モノ」や「コト」にフォーカスする事を方針として発信しています。
SNSでフォローする