国内のファッションやカルチャーを発信するメディア

【レトロ×メカクオーツ×ダイバーズ】スピニカーの最新腕時計が3月20日発売

イタリア発の腕時計ブランド「スピニカー(SPINNAKER)」の日本総代理店を務める株式会社ウエニ貿易は、ダイバーズウォッチの最新作「ハイドロフォイル(HYDROFOIL)」を3月20日に発売することを発表しました。

腕時計愛好家から高い人気を誇るダイバーズウォッチ、近年注目を集めているレトロスタイルというトレンド、そして精度や安定性のあるメカクオーツ、これらが合わさったスピニカーの最新作が登場します。

 

「レトロスタイル×メカクオーツ×ダイバーズモデル」の最新腕時計登場

近年、特に2020年から「レトロ顔」「クラシカル顔」「ヴィンテージ 顔」を含む「レトロスタイル」というキーワードが注目を集めています。

デジタル化やテクノロジーが進化する中、反発するように注目されて進化するリバイバルファッション。時計も同じで、スマートウォッチやデジタルの開発が進む中、トレンドは反発するようにレトロデザインや機械式時計がトレンド回帰しているようです。

現在の情勢下で働き方が変わる中、長く気軽に使えるサステナブルなデザインが求められ、温故知新の精神から生まれたタイムレスなレトロスタイルの時計が市場に選ばれています。

また、シンプルな時計と入れ替わるように人気が回帰したダイバーズウォッチ。

ラグジュアリーブランドが火を付け、時計ブランドがダイバーズデザインを生産。時計店だけでなく、セレクトショップでもダイバーズウォッチブームが起き、ファッションウォッチ市場の傾向を奪還する程に人気が高まっています。

そんな腕時計のトレンドを盛り込んだ、スピニカーの新作である「ハイドロフォイル(HYDROFOIL)」は、ハイブリッドでハイビートなメカクオーツムーブメントを搭載したヴィンテージデザインのダイバーズウォッチ。

メカクオーツとは、機械式時計のような「スイープ運針」を特徴とする電池式の時計。

一般的なクオーツは、針が1秒ごとにチクタクと進むステップ運針に対し、メカクオーツは針は滑らかに動く「スイープ運針」タイプであるのが特徴となっています。

これは特に海外ブランドに人気が広がったもので、現在は日本でも注目を集めている仕様。その仕様を盛り込んだスピニカーの新作となっています。

 

商品詳細

●ハイドロフォイル(HYDROFOIL)

型番:SP-5086-11、SP-5086-22、SP-5086-33(3種)
価格:各35,000円(税抜)
駆動装置:日本製メカクオーツクロノグラフムーブメント VK73
防水:20気圧防水(200m)
ケース径:43mm(316L ステンレススチール)
バンド:ステンレススティール
ベゼル:逆回転防止アルミニウムプレートベゼル
バックル:セーフティロック付きプッシュ式フォールドオーバーバックル

「海を越え、海と生きる時計」をコンセプトに、ヨットやフリーダイビング等の海のスポーツに関わる人々の腕時計としてデザインされたスピニカーの腕時計。

2019年に広まった「ヴィンテージデザ インブーム」と「ダイバーズデザインブーム」を背景に、更に人気となったスピニカー。

その最新作をぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

Facebook
スポンサードリンク
TORSO_JACK編集部
この記事を書いた人
TORSO JACK編集部です。 人ではなく、人が創り出す「モノ」や「コト」にフォーカスする事を方針として発信しています。
SNSでフォローする