国内のファッションやカルチャーを発信するメディア

「SPINNS × 泉尾工業高等学校」高校生が作ったサステナブルアイテムが発売

アパレル事業を展開する株式会社ヒューマンフォーラムが運営する「SPINNS(スピンズ)」にて、大阪市立泉尾工業高等学校のファッション工学科の生徒がPBL型(問題解決型)授業の一環として、スピンズ監修の元で廃棄する衣類や素材のリメイク商品を制作し、7月31日~8月29日の期間、その学生が作った商品をSUPER SPINNS 梅田HEP FIVE店にて販売することを発表しました。

 

高校生が廃棄素材から作成したサステナブルなアイテムをSPINNS(スピンズ)が監修し発売

アパレルブランドの「SPINNS(スピンズ)」は、「ATTITUDE MAKES STYLE!(主張が時代を作る!)」をコンセプトに展開する京都発のセレクトブランドで、人気読者モデルをはじめ、多くのコラボ商品を取り扱っています。

商品数は5万点を超える圧倒的なボリュームで価格帯もリーズナブルのため、若年層を中心に人気のブランドとなっています。

そのSPINNSと泉尾工業高校は以前より共同で取り組みを行って来たそうで、その目的は生徒が実際のアパレル企業と一緒に取り組むことにより、主体的に学ぶことやコミュニケーション能力の向上、マーケティング技術や高い縫製技術力の習得なのだとか。

これまで一緒に様々な取り組みを行ってきたそうですが、2021年度では環境省より発表されたサステナブルファッションを確認し、現状のファッション産業の実情を把握。

環境省のサステナブルファッションについての特設ページは以下となります。

https://www.env.go.jp/policy/sustainable_fashion/index.html

そこから生徒たちが出来ることを考え、スピンズUSEDバイヤーが仕入れたが、破れや汚れなどにより販売することが出来なくなってしまったアイテムや国内で使い道のなくなった素材を用いたリメイクアイテムを制作・販売することになったそうです。

この取り組みから「ものづくり」に必要な、SDGs12番目の目標「つくる責任、つかう責任」に対する理解と貢献を進めると語るSPINNS。大量生産による資源の無駄遣いや、売れ残り品の廃棄など、アパレル業界には環境負荷を掛けてしまうことも多かった業界の1つ。

現在は様々なアパレル企業・ブランドがサステナブル活動に取り組んでいますが、SPINNSでは将来を担う若者たちへも貴重な経験が出来る取り組みを今後も行なっていって欲しいですね。

 

詳細

販売店舗:
SUPER SPINNS 梅田 HEP FIVE店

販売期間
7月31日~8月29日

価格:
3800円~15800円

廃棄衣類・素材を生かした商品を作り、アパレルブランド「 SPINNS」が監修し、販売。

SPINNSと泉尾工業高等学校ファッション工学科の生徒によるサステナブルアイテムの製作・販売。

授業の一環で廃材を利用したアイテムを自ら作り出し販売するという貴重な体験が出来る取り組みを行うというのは、本当に素晴らしいものだと思います。

この取り組みやサステナブル活動に貢献したいという方、もちろんSPINNSのファンの方も含め、気になったという方はぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

Facebook
スポンサードリンク
この記事を書いた人
TORSO JACK編集部です。 人ではなく、人が創り出す「モノ」や「コト」にフォーカスする事を方針として発信しています。
SNSでフォローする