国内のファッションやカルチャーを発信するメディア

乾燥・花粉からのど守ってる?極小ミストで本格ボイスケアが出来る小型ポータブル・ミスト・ネブライザー登場

冬は季節柄乾燥が気になる季節。肌だけでなく、のどにも大きな負担が掛かってしまうことになります。特に昨今の情勢で、のどのイガイガによる咳は、外ではあまりしたくないもの。更に春先には花粉でも鼻・のどへの負担は大きくなってしまいがち。

そんな悩みを解決するため、三木楽器株式会社(以下、三木楽器)は気管支まで届く5ミクロンの極小ミストで、いつでもどこでも本格的なボイスケアを行える小型ポータブル・ミスト・ネブライザー「Vocal Mist(ボーカル・ミスト)」の取り扱いを開始したことを発表しました。

5ミクロンのミストで本格ボイスケア!「Vocal Mist」発売開始

ネブライザーとは、水や薬液を霧(ミスト)状に変え、気道内の加湿や薬液投与を行うために用いる吸入器具のことを指します。

このネブライザーを用いることで、気管や肺・鼻の奥へ負担なく薬剤や水を送ることが出来ることから、医療機関でも活用されている機器なのです。

そんな医療の現場で活用されているネブライザーは、実はのどのケアにも非常に有効的に利用が可能です。その点に注目した製品「Vocal Mist(ボーカル・ミスト)」を、三木楽器が取り扱い開始したことを発表しました。

小型ポータブル・ミスト・ネブライザー「Vocal Mist(ボーカル・ミスト)」は、小型で持ち運びが出来るため、いつでもどこでもボイスケアが出来るネブライザー。

ボーカリスト・ラジオパーソナリティー・アナウンサー・声優の方など、声を大切にする人の使用を想定しているそうですが、それだけではなく季節や飲酒・「喉のケアをしたい」という悩みを抱えている方にも使って欲しい製品です。

使い方は非常に簡単で、本体の上部にあるヘッドキャップを外し、等張食塩水を注いで蓋を締めて電源を押すだけ。出てきたミストは自分に合った付属のアタッチメントを装着し吸引します。

1回の連続使用時間は約10分程。直接喉頭の粘膜にミストが届くため、短時間で効率的に保湿することが可能です。

Vocal Mistが推奨し、実際にセットでも販売しているアイソトニック・セイリーン(等張食塩水)は、人体の体液に近い浸透圧を持つ液体。

この等張食塩水は粘膜にしっかり浸透する為、高い保湿効果を得ることが出来るのです。

ネブライザーを使って等張食塩水を吸引することで、Phonation Threshold Pressure(PTP)「発声閾値圧力(ハッセイ・イキチ・アツリョク)」とPerception of Phonatory Effort(PPE)「発声努力の認知」を抑え、その結果発声をする際に余分な圧力がかからないようになることが判明しています。

無駄な圧力がかからないということは、つまり発声時に喉への無駄な力を抑えることが出来るため、歌う頻度が多い時にも喉の腫れや炎症が起こるリスクを軽減することが出来るのです。

これだけ聞くと、「声を主とする仕事(歌手、声優、アナウンサー等)」向きの商品に見えますが、喉のケアをするには効果抜群の製品のため、花粉や乾燥などによる喉の痛みや違和感、咳などにも効果が見込めることになります。

昨今の情勢では、外出時の咳はタブーとも言え、周囲の目が気になってしまう方も少なくありません。そんな悩みを抱えている方に、Vocal Mistはぴったりの製品と言えます。

以下、製品詳細です。

 

●Vocal Mist Nebulizer

価格:12,000円(税抜)
重量 : 100g(バッテリー重要も含む)
サイズ : 37.6mm(長さ) x37.6mm(幅) x97.7mm(突起部を除く)
給水カップの容量 : 10ml(約2回分)
連続使用時間 : 10分(自動停止機能付き)
充電様式:USB(充電時間:約60分で満充電)
MMAD : 1~5μm
噴霧率 : 0.45ml/分(1回の使用で約45ml)

 

ミスト化した等張食塩水を吸入することで、喉の調子を整えてくれる小型ポータブル・ミスト・ネブライザーVocal Mistは、専用の等張食塩水カートリッジと共に、現在販売中となっています。

特に乾燥や花粉が気になる冬〜春に掛けて、ケア製品を探しているという方は、ぜひ一度チェックしてみてください。

国内販売元製品ページ:https://www.miki.co.jp/mit/vocal-mist/

Facebook
スポンサードリンク
この記事を書いた人
TORSO JACK編集部です。 人ではなく、人が創り出す「モノ」や「コト」にフォーカスする事を方針として発信しています。
SNSでフォローする