国内のファッションやカルチャーを発信するメディア

【with × 丸善ジュンク堂書店】性格診断で自分に合った1冊とマッチング出来る「良縁書店」期間限定オープン

恋愛・婚活マッチングアプリ「with」を展開する株式会社withは、株式会社丸善ジュンク堂書店の協力のもと、2021年12月28日から2022年1月4日までの期間、性格診断で自分に合った恋愛本とマッチングすることが出来る「“価値観”で出会える!良縁書店」を「丸善 丸の内本店」にて期間限定オープンすることを発表しました。

 

丸の内で運命よりも確実な1冊と出会おう!「”価値観”で出会える!良縁書店」期間限定オープン

昨今異性との出会いの場として定着しつつあるマッチングアプリ。

恋愛・婚活マッチングアプリ「with」を提供する株式会社withは、2021年12月27日に丸善 丸の内本店にて、自分にあった恋愛本とマッチング出来る体験型イベント「“価値観”で出会える!良縁書店」を開催することを発表する記者発表会を行いました。

この記者発表会では、株式会社withのCMOである川口絵美さんが登壇。

川口さんは株式会社withが行なった調査で、2021年度で出会いの場を創出するサービスの中で、20〜30代男女において、マッチングサービスが結婚相談所や合コンなどを抑えて利用数1位となったと説明しました。

マッチングアプリが若年層を中心として、広く受け入れられているとコメント。

また、年末から年明けにかけては年間ベストセラーの発表や長期休暇など、本を購入するユーザーが多くなる時期とも言われているとのこと。そこで「with」では、人と本が価値観で出会うことの出来る「良縁書店」を、年末年始の7日間限定でオープンすると発表しました。

 

自分だけの恋愛本とマッチングする「良縁書店」

「良縁書店」では、全国の丸善ジュンク堂書店で販売する約3,500万冊の書籍の中から、書店員がピックアップした選りすぐりの恋愛本や恋愛漫画などの本、合計2022冊が一挙に集結。

会場に設置するタブレットにて「with」が蓄積する診断データと価値観マッチングのノウハウを用いた性格診断を無料で体験し、その診断結果を会場の本棚と照らし合わせることで、価値観に合った“自分だけの恋愛本”と出会うことが出来るという仕組みとなっています。

こちらは実際に体験した様子。

合計10問の質問に答えると番号が表示され、その箱には上記画像のような診断書(超トリセツ)が。診断された性格パターンと照らし合わせた棚ごとに本が置かれており、そちらからお気に入りの1冊を選ぶという流れとなります。

今回の診断では、「律儀さ」の棚に置かれている本のほか「カリスマ性」「超集中力」の3つが該当した”原材料”としてそれぞれの棚に導き、そこに陳列されている本を紹介してくれるというものとなっています。

恋愛小説やエッセイ本などだけでなくマンガも多数置かれているので、「普段活字を読まない」という方にも気軽に利用出来るようになっています。

当然こちらはそのまま丸善 丸の内本店で購入することが出来るので、自分の恋愛診断をしてオススメされた書籍をそのまま家に買って帰ることが出来ます。

また、会場には誰もが共感する恋の格言が書かれた限定アイテム「恋とか愛とか一言しおり」が置かれており、こちらは来場した方に無料でプレゼントされるとのこと。

全20パターンある格言は、そのどれもが思わず納得してしまうものばかり。お気に入りの1冊を決めたら、このしおりを使用してみてはいかがでしょうか。

約3,500万冊の中から厳選された2,022冊の恋愛本の中から、自分にとっての最適な1冊と価値観で出会うことが出来る良縁書店。2021年12月28日〜2022年1月4日までの期間限定で、丸善 丸の内本店3階で開催となります。

 

「良縁書店」概要

●with×丸善ジュンク堂書店「“価値観”で出会える!良縁書店」

主催:株式会社with
開催日:2021年12月28日~2022年1月4日 ※元旦は休館日
入場料:無料 ※書籍購入代は別途かかります
開催時間:11時~19時
会場:丸善 丸の内本店 3階特設会場
with公式サイト:https://with.is/welcome

 

自分に合った恋愛本とマッチング出来る良縁書店は、ジュンク堂の全面協力のもと開催することが出来たイベントだと語ったwithの川口さん。

1冊の本と出会うまでのパターンは約7,000通りとなり、まさに自分だけの恋愛本とマッチング出来るイベントとなります。

良縁書店は、12月28日より丸善 丸の内本店3階の特設会場で、2022年1月4日まで開催となります。

Facebook
スポンサードリンク
この記事を書いた人
TORSO JACK編集部です。 人ではなく、人が創り出す「モノ」や「コト」にフォーカスする事を方針として発信しています。
SNSでフォローする