国内のファッションやカルチャーを発信するメディア

「EARTH TO WEAR」×「ジュリーク」残布で作ったポーチ・トートでサステナブルに!

ファッションと美容は切っても切れない仲です。女性へのアンケートで、ファッションに合わせてメイクを変えるという方は実に7割以上に上るというデータがあります。

また、髪型も美容の一つと言えますが、これもファッションと非常に親和性が高いもの。どちらも雰囲気や見た目を構成する重要な要素である以上、どちらも大切なものですよね。

そのファッションと美容で支持を集める、サステナブル活動を行っている企業同士がコラボし、洗顔・ハンドケアキットを限定発売することを発表しました

 

サステナブルなキットを美容とファッションのコラボで実現

これは、オーガニックコスメを作って35周年を迎えるジュリークと、総合ファッションアパレル企業である三陽商会の有志社員10人が活動を行なっているサステナブル活動「EARTH TO WEAR活動」がコラボし実現したもの。

現在、世界中で「SDGs」の実現が求められる中、多くの企業がこれに寄与できることを考えて取り組みを進めています。日常的な消費活動の中でも、エコやサステナブルを意識した生活が一人一人に求められ、その意識も高まってきています。

創業から35年間サステナブルを貫き、「地球を想い、美しく暮らす。」という信念を掲げてオーストラリア・アデレードの地にオーガニック認証自社農園を所有し、化粧品の原料を育てることからこだわり抜く唯一無二のブランドとして確立したジュリーク。

一方、「美しく豊かな生活文化を創造し、社会の発展に貢献する」を経営理念に掲げ、「EARTH TO WEAR活動」というサステナブル活動を行なっている三陽商会。

そのサステナブルという点で共通する2社がコラボし、「ジュリークの原点と言える商品を三陽商会のEARTH TO WEARのポーチとトートバッグに入れたキット」を限定発売することを発表したのです。

このEARTH TO WEARのポーチとトートバッグとは、ジュリークと三陽商会のEARTH TO WEAR活動のコラボレーションポーチ・トートバッグで、服を作る過程で生じた残布を使用して作成したアイテム。

本来日の目を浴びることのなかった素材を使用するということでサステナブルな取り組みとなり、さらに非常に種類が多いためおしゃれなアイテムとして生まれ変わらせることが出来たそう。

 

●35th アニバーサリーキット ハンドケア
(ハンドクリーム2種(ローズ・ラベンダー)限定サイズ)
発売日:2020年7月21日(火)数量限定発売
価格:5,280円(税込)

創業当時から続くブランドの原点であるハンドクリーム。35年間変わらない商品だからこそアニバーサリーキットとしてセレクトしたと告知しています。

こちらは服を作る工程で生じる余り生地で再生したポーチがアメニティとして付属し、商品を入れてお届けされるそう。

三陽商会の「EARTH TO WEAR活動」とのコラボレーションポーチで、生地パターンは全部で17種類。ネイビーの裏地で中身も透けず、何か物を入れたくなる可愛らしいデザインに仕上がっています。

 

●35th アニバーサリーキット ジュリークリチュアル
(クレンジング、洗顔料、スチーミング用エッセンス等4種)
発売日:2020年7月21日(火)数量限定発売
価格:13,200円(税込)

ブランドを象徴した継承され続けてきた名品で、ジュリークリチュアルを叶えるスチーミング用エッセンスと、ジュリークにしかないユニークな洗顔をセレクトしています。

こちらではコラボレーションデザインのトートバッグが付属します。生地のパターンは10種類で、A4の書類が入るたっぷりサイズとなっており、肩掛けも可能な作りとなっています。

 

上記2点のキットは限定品となっており、6月24日(水)~7月7日(火)伊勢丹新宿店にて、7月8日(水)~11日(土)ジェイアール名古屋タカシマヤ店にて先行発売されました。

生地パターンが多すぎる都合上、全国22店舗のジュリークショップ及びジュリーク公式オンラインショップでは、ノベルティの生地パターンを限定して販売するとのこと。また生地パターンは残布を使用しているため、予告なくデザインが変更となる可能性がある点は注意ですね。

実用的で環境に優しくサステナブルなスキンケアキット。それぞれ限定発売となっているので、確実に入手したいという方や、興味があるという方は、ぜひ公式サイト(https://jurlique-japan.com/35th_anniversary/)で詳細を確認してみてくださいね。

Facebook
スポンサードリンク
TORSO_JACK編集部
この記事を書いた人
TORSO JACK編集部です。 人ではなく、人が創り出す「モノ」や「コト」にフォーカスする事を方針として発信しています。
SNSでフォローする