国内のファッションやカルチャーを発信するメディア

ドット絵を映して自分だけのファッションアイテムを作れる!ピクセルアートバックパック発売開始!

最近のファッションアイテムには、様々なテクノロジーが使われているものも出てきました。

自分だけのおしゃれアイテムを作り出すことが出来るようなものもありますが、その中でも今回登場したピクセルアートバックパックは驚きの機能が搭載されています。

なんと自分で作り出したピクセルアートやドット絵、アニメーション等を、バッグの表面に映し出すことが出来るのです。ピクセルアートガジェットとファッションが融合した驚きのアイテムが、7月13日より発売を開始致しました。

 

ドット絵やアニメーションを映せるIoTガジェットバッグが発売!

ピクセルアートバックパックはピクセルアートガジェットのパイオニア「DIVOOM」の正規代理店である株式会社FOXが日本国内で発売を開始したアイテム。

その特徴は何と言ってもIoTガジェットとファッションアイテムの融合にあります。

なんとピクセルアートバックパックは、「DIVOOM」の代名詞である16×16(256コマ)のピクセルアートを専用のアプリから作成し、スマートフォンとBluetooth接続をすることで表示することが出来る点です。

このように、自分で作ったピクセルアートをバッグに表示させることで、世界で一つだけのアイテムにすることが出来るのです。

256個(16×16)のRGB LEDライトを搭載し、専用のアプリで自由な色の調整やピクセルの配置が可能で、オリジナルのピクセルアートやアニメーションを簡単に作ることが可能。アニメーション作成は最大24コマまで作成可能となっており、表示するスピードも可変することができます。

 

バッグはピクセルアートを映さなくてもシンプルで使いやすいデザインとなっており、衝撃パットで覆われたノートパソコン用の収納ポケットや周辺機器を収納できるアクセサリーポケット、キーストラップ、イヤホンホールなどが用意されています。

機能性もあり、容量的にも十分満足できる仕様となっている点も嬉しいところです。

そして専用アプリに実装されている「GALLERY」では、世界中のDIVOOMユーザーが日々自分で作ったピクセルアートを投稿していて、そのデザイン数は100万種類以上もあります。

その中から気に入ったドット絵やアニメーションを選んで、自分のPIXOO BACKPACKに反映させることも可能なため、自作が面倒という方も気軽に利用できます。

上記は一例となりますが、これ以外にも非常に種類が豊富です。こんなバッグを持って歩いたら、街中で目立つことは間違いありませんし、子供やオシャレ好きな方にも注目されること間違いなしです。

また専用アプリにはテトリスやスロットなどの往年の人気レトロゲームなどのミニゲームも楽しめます。実際の見た目については、以下の公式動画をご確認ください。

これは凄いですね。実際に動いているのを見てみると、注目を集めそうなことがよく分かります。商品詳細は以下となります。

PIXOO BACKPACK
販売価格:14,800(税込)
スペック
サイズ:(W) 275mm × (H) 385mm × (D) 150mm / 16 L
重量:895g
通信規格:Bluetooth Ver5.0
受信距離:最大10mまで (環境により異なります)
電圧:5V
素材:ポリエステル・ポリエチレン・スポンジ・XPE・EVA
※本商品にはバッテリーは付属しておりません。別途5V/2.0A以上のモバイルバッテリーをご用意ください。ピクセルアート再生時間の目安は、5,000mAh : 6.5H / 10,000mAh : 12H(アニメーション再生時)となります。

●専用アプリ:「Divoom Smart」
※iOS: App Storeで「Divoom」を検索→「Divoom Smart」をダウンロード
※Android OS: Google Playで「Divoom」を検索→「Divoom Smart」をダウンロード

●取扱サイト及び店舗
FOX STORE 阪急メンズ東京(東京都千代田区有楽町二丁目5番1号 阪急メンズ東京 7階)
FOX STORE HINKA RINKA 銀座店(東京都中央区銀座5-2-1 東急プラザ銀座3F HINKA RINKA 1st)
FOXオンラインストア:(https://caseplay.jp/products/divoom-pixoo-backpack)
FOX STORE 楽天市場:(https://item.rakuten.co.jp/caseplay/divoom_backpack/)
FOX STORE Yahooショッピング:(https://store.shopping.yahoo.co.jp/caseplay/divoom-backpack.html)
Amazon:(https://www.amazon.co.jp/dp/B085DQK6M8)

 

モバイルバッテリーが付属しないため、自前で用意する必要がある点には注意が必要ですが、価格も飛び抜けて高くないですし、各種ポケットも充実しており実用的なのも評価が高いですね。

人と差をつけられるアイテムを探していたり、最先端のアイテムを使いたい人という方は、ぜひ上記店舗か公式オンラインストア等でチェックしてみてくださいね。

Facebook
スポンサードリンク
この記事を書いた人
TORSO JACK編集部です。 人ではなく、人が創り出す「モノ」や「コト」にフォーカスする事を方針として発信しています。
SNSでフォローする