国内のファッションやカルチャーを発信するメディア

画家ティモスィー・ベッチャマンの個展「Hybrid」ニコライバーグマンフラワーズ&デザインにて開催

アートと花は昔から密接な関係にありました。美しい花は人の心を魅了し、絵画をはじめ人が作り出した様々な物のモチーフや意匠に活用されてきたのです。

特に絵画には花を描いたものも多く、例えば世界的に有名なルーヴル美術館には、あのモナ・リザを描いたレオナルド・ダヴィンチに次ぐ人気を誇るイタリアの画家、ジュゼッペ・アルチンボルドの絵画があります。そのアルチンボルドが描いた四季という寄せ絵は、動物などの他に花や植物を使って人物を描いています。

そんな密接な関係にある花とアーティストが組み合わされた個展の開催が告知されました。画家のTimothy Betjeman(ティモスィー・ベッチャマン)さんが、この度フラワーブランドのNicolai Bergmann Flowers & Design(ニコライバーグマンフラワーズ&デザイン)の南青山店にて、自身2度目の個展を開くことが発表されたのです。

 

ニコライバーグマン本店で個展開催!

ニコライバーグマンフラワーズ&デザインは、ブランド名にもなっているデンマークの”ドラウェア”という古い漁港街出身のニコライ・バーグマンさんが創設したもの。

若干19歳で言葉も文化も分からないところから来日し、その後25歳という若さでブランドを作り、今や日本国内でも多くのファンを抱える人気フラワーブランドとなっています。現在の目標は世界進出とのことで、ソウルとロサンゼルスといった海外にも店舗を出されています。

そのニコライバーグマンフラワーズ&デザインの旗艦店である南青山店の2階にあるマルチパーパススペースにて、ティモスィー・ベッチャマンの個展が開催されることが決定しました。

個展は7月30日から8月13日までの期間で開催され、花や植物からのインスピレーションを得て現代的かつ伝統的なスタイルに加え、19世紀の花鳥絵の要素を組み合わせたという新作のシリーズを10点以上一堂に鑑賞出来るようになっているそうです。

 

ティモスィー・ベッチャマンとは?

この個展を開催する画家のティモスィー・ベッチャマンさんは、1982年アメリカ・ニューヨーク生まれ。イギリスの詩人ジョン・ベッチャマン卿イギリス帝国勲爵士の孫でもあります。

凛々しく整った顔立ちをされていて、女性からも人気がありそうな方ですね。

ベッチャマンさんはシカゴ大学ビジュアルアーツと哲学科卒業後、ロイヤル・ドローイング・スクール・ロンドンにてポストグラデュエートディグリーを取得。

その後数々の展覧会に参加されたり賞を受賞し、2018年に文部科学省の奨学金受領者に認定され、日本に来日して暮らしているとのこと。

現在は東京芸術大学にて、画家のSaito Norihikoさんの元で日本画を研究されているそうです。

 

個展「Hybrid」のモチーフはクレマチス蔓

今回の個展「Hybrid」では、クレマチス蔓のモチーフが中心的なテーマとなっており、日本および北米を原生地とする花を描いた数多くの日本画を創作。

作品は小さなドローイングから大型の作品まで幅広いサイズの展開となっており、技法材は金箔や銀箔、手作り和紙、インク、天然顔料など様々な画材を駆使して、伝統的な技法も用いて描かれています。

自身の絵画についてベッチャマンさんは

「日本画のメディウムは非常に感触がよく、繊細で、それを用いて描くプロセスは、植物を育てるように自然の流れに身をまかせ、無理な力を加えることは出来ません。
それぞれの絵は、調和されメディウムと被写体の間で密かに描き上げられていて、私はその中に招待されているかのようです。」

と語っています。

「Hybrid」は、丸の内にあるイギリスの名門スピーカーブランドのショールーム「KEF Music Gallery」にて開催されたデビュー個展に続き、日本では第2回目の個展開催となります。

 

日本画の勉強をしながら日本に在住されているベッチャマンさんと、右も左も分からない状況で日本に来日し大人気フラワーブランドを創作されたバーグマンさん。

今回の個展を開催したお2人には、共に異国の地である日本で生活しながら活動されているという共通点がありますから、その縁で開催となったのかもしれませんね。個展の開催概要は以下の通りです。

【開催概要】
場所 :Nicolai Bergmann Flowers & Desig 本店2階マルチパーパススペース
住所 :東京都港区南青山5-7-2
日時 :2020 7.30(Thu) – 8.13(Thu)
営業時間 :月曜日 – 日曜日 11:00 – 18:00
公式サイト :www.nicolaibergmann.com
Tel :03-5464-0745
Mail :event@nicolaibergmann.com


(https://www.navitime.co.jp/poi?spt=02301.1400498)より画像引用

お2人のブランドとアートが作り出す個展に、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。詳細はベッチャマンさんの公式HP(https://www.timothybetjeman.com/untitled-custom-page)よりご確認ください。

Facebook
スポンサードリンク
TORSO_JACK編集部
この記事を書いた人
TORSO JACK編集部です。 人ではなく、人が創り出す「モノ」や「コト」にフォーカスする事を方針として発信しています。
SNSでフォローする