国内のファッションやカルチャーを発信するメディア

någonstansからサスティナブルを意識したこの世に一つしかない一点物手染めアイテムが登場

新型コロナウイルスの影響でお店が休業してしまい、日の目を浴びることがなかった商品やアイテムは、恐らく世の中にたくさん存在することでしょう。

そしてこのまま埋もれてしまうということも珍しいことではないのかもしれません。

そんな中で、日常と非日常が交錯する服を表現することをコンセプトに掲げる、株式会社バロックが展開するブランド「någonstans」から、サスティナブルを意識した新たな取り組みとして、「One-of-a-kind Reproduced Collection」を発売することを発表しました。

 

この世に一つの手染めラインナップが登場

någonstans(ナゴンスタンス)は、人気ブランド「ENFÖLD(エンフォルド)」のデザインチームが手がけるアパレルブランドで、コンセプトは”日常と非日常が交差する服”。

大人の休日スタイルに特化したブランドで、ゆったりリラックスして着用出来るようなアイテムが多く、30代から40代の大人の女性に、素材やシルエットにこだわりって、心地よく動きやすく、そして上品に見えて、それでも遊び心も忘れない。そんな欲張りな休日を過ごして欲しいという願いが込められています。


公式HPより(https://nagonstans.jp/)

そのナゴンスタンスから、サスティナブルを意識した新たな取り組みとして、”One-of-a-kind Reproduced Collection”が発表されたのです。

 

ナゴンスタンスは、世界中で猛威を振るう新型コロナウイルスの影響で店舗が一時クローズとなり、ユーザーの目にほぼ触れることがなかった一部の商品を無駄にすることなく、さらにデザインを加えることで新たに生まれ変わらせてユーザーのもとに届けたい、というディレクターの願いからプロジェクトはスタートしたと説明。

トップスやボトムスなど、合わせて約100着の洋服をデザイナーチームがすべて手染めをし、商品のタグにも同じ染料でペイントを施しているとのこと。

 

手染めのため、この商品は全て一つとして同じ色がない一点物のアイテムとなっているので、この世にただ一つ、自分だけの服というスペシャリティ溢れるアイテムです。

 

ラインナップは全てパステルカラーの優しく淡い色合いを中心に、ブルーやオレンジ・グリーンなどのデザイナーが直感で良いと感じた色を組み合わせています。淡い雰囲気を出す為に試行錯誤をし、丁度よい色合いになるように調整を重ねて生み出されたとのこと。

お手入れの方法は、色が落ちにくくなる処理をしており、洗濯が可能となっているそう。ただし、色物のため単品での洗濯をお勧めします、とナゴンスタンスは説明しています。特に白などの淡い色のものと洗ってしまうと、色移りする可能性はあるそうなので、気をつけておきたいポイントですね。

以下、商品詳細となります。

●Paint Round Slit Long T-SHIRTS
価格:19,800円
発売日:2020年8月12日(水)正午~

※こちらはnågonstansオフィシャルWEBSITEにて発売されるカラーです。
※手染めのため、カラーは全て一点ものになります。

 

●Paint ルーズステッチT-SHIRTS
価格:15,400円
発売日:2020年8月12日(水)正午~

※こちらはnågonstansオフィシャルWEBSITEにて発売されるカラーです。
※手染めのため、カラーは全て一点ものになります。

 

●Paint マルチPull Over
価格:26,400円
発売日:2020年8月12日(水)正午~

※こちらはnågonstansオフィシャルWEBSITEにて発売されるカラーです。
※手染めのため、カラーは全て一点ものになります。

 

商品の発売は、ナゴンスタンス直営店で7月22日から、公式オンラインストア(https://www.nagonstans.jp/)では8月12日から販売開始するそうです。

デザイナーチームが手ずから染めた、一点物のアイテムラインナップの「One-of-a-kind Reproduced Collection」。気になる方はぜひ店舗に足を運んでみてはいかがでしょうか。

Facebook
スポンサードリンク
この記事を書いた人
TORSO JACK編集部です。 人ではなく、人が創り出す「モノ」や「コト」にフォーカスする事を方針として発信しています。
SNSでフォローする