国内のファッションやカルチャーを発信するメディア

「Ziploc®×DEAN & DELUCA×BEAMS COUTURE」コラボクーラーバッグ発売

アパレルアイテムや雑貨等を主に扱う日本のセレクトショップの草分け的存在「BEAMS」は、自社のオリジナルアイテムブランド等も人気のブランドで、株式会社ビームスが運営しています。

そんなBEAMSのデッドストック品をベースとし、古着やリボンなどをユニークな手法で取り入れ、新たな1着へと蘇らせるアップサイクルのブランドが「BEAMS COUTURE(ビームス クチュール)」です。

そのBEAMS COUTUREと、フリーザーバッグとして家庭で必須レベルで活用されている「Ziploc(ジップロック)」のコラボアイテムが発売し、販売後即品切れになるなど大盛況となっていました。

今回、そのコラボに食する喜びを伝える食のセレクトショップ「DEAN & DELUCA(ディーン アンド デルーカ)」を加えたトリプルコラボとして、スペシャルメイクアップしたクーラーバッグを発売することを発表しました。

 

Ziploc® × DEAN & DELUCA × BEAMS COUTUREコラボクーラーバッグ発売決定!

株式会社ビームスが展開する、BEAMSのデッドストックアイテムをハンドメイドでアップサイクルし生まれ変わらせるブランド「BEAMS COUTURE」は、2018年8月に旭化成ホームプロダクツ株式会社が展開するブランド「Ziploc(ジップロック)」とコラボ。

 

このコラボラインナップでは、ファッション雑貨だけではなく、アメリカのバッグ・ファッションブランドとのトリプルコラボによってアパレルアイテムも製作され、販売され高く評価されていました。

展開したほとんどのアイテムが完売して再販する程と言えば、どれだけ人気があったのかお分かりになるかと思います。

 

そんなBEAMS COUTUREとZiplocとのコラボアイテムの最新作が登場します。

今回は食する喜びを伝える食のセレクトショップ「DEAN & DELUCA(ディーン アンド デルーカ)」を加えたトリプルコラボで展開。DEAN & DELUCAでコレクターがいる程の人気を誇るクーラーバッグを元にし、そんな人気アイテムをそのまま透明にしたイメージのシルバーカラーで製作されたコラボクーラーバッグを製作したとのこと。


今回のコラボアイテム

 

以下、アイテム詳細です。

●Ziploc×DEAN&DELUCA×BEAMS COUTURE
クーラーバッグ(大:H34.5×W25×D16cm):4,000
クーラーバッグ(小: H26×W18×D12cm)   :¥3,000

 

このクーラーバッグは持ち運びがしやすく様々なシーンで使えるショッパー型で、まるで「Ziploc」のフリーザーバッグがくっ付いたかのようにデザインされた表側のポケットには、カトラリー※や小銭入れなども収納可能となっています。
※食卓で使うナイフやフォーク、スプーン等の総称

環境配慮の視点からプラスチック製ショッピングバッグの有料化が多くの商業施設で適用される中、エコバッグとしても使えるように2サイズ展開としているそう。


※BEAMS公式オンラインショップより(https://www.beams.co.jp/news/2070/)

また、Ziplocをモディファイした前ポケットには、環境や人体への影響に配慮した非フタル酸PVCを採用しており、デザインだけでなく環境にも配慮したアイテムに仕上がっているとのこと。遊び心たっぷりかつ、DEAN & DELUCAのクーラーバッグの魅力をそのまま残したコラボレーションアイテムとして、奇跡的なバランスを保っています。


※BEAMS公式オンラインショップより(https://www.beams.co.jp/news/2070/)

BEAMS COUTUREとZiploc、DEAN & DELUCAがコラボしたクーラーバッグは、買い物のショッピングバッグとしても、ピクニックや遠足の際の食品類入れとしても最適なアイテムです。

コラボクーラーバッグの発売は8月7日11時から。BEAMS公式オンラインショップ(https://www.beams.co.jp)や
DEAN & DELUCA公式オンラインストア(https://store.deandeluca.co.jp/)にて取り扱いを行うそう。

この夏は新型コロナウイルスの影響で遠出は難しそうですが、ちょっとしたお出かけや近所の公園などへのピクニック、デートにも活用出来る利便性の高いアイテムです。

デザインも強烈な印象を与えてくれるので、「他の人が持っていないものが欲しい」「デザインだけじゃなく実用性のあるものを使いたい」という方にぴったりなアイテムと言えるでしょう。

Facebook
スポンサードリンク
この記事を書いた人
TORSO JACK編集部です。 人ではなく、人が創り出す「モノ」や「コト」にフォーカスする事を方針として発信しています。
SNSでフォローする