国内のファッションやカルチャーを発信するメディア

まるで宝石のプロ体験!?リカラットが主催の宝石買付体験・鑑別会イベントの実施報告を発表

女性の美しさを引き立たせて魅力的にしてくれる、古来から多くの人間を虜にした宝石。

ダイヤ・ルビー・エメラルド・トパーズ・サファイアなど、挙げればキリがないほどたくさんの種類がある宝石。誕生石や、花言葉ならぬ石言葉を調べて、自分へのご褒美として購入したり贈り物をしたという方も多いのではないでしょうか。日本ではダイヤの指輪を結婚指輪に選ぶ女性は約7割というデータもあるそうです。

そんな魔性とも言える魅力を持つ宝石。その専門情報メディアである「リカラットONLINE」を運営するリカラットが、7月23日に自社初開催となるイベントを実施。なんと宝石のプロ体験が出来る内容だったそうで、多くの反響があったと実施報告をしました。

 

リカラット主催の宝石鑑定士やバイヤー体験イベント

今回イベントが行われたのは、7月23日。都内で行われたイベントの内容は、宝石好きな方への体験型イベントという内容。

主催したのは、宝石の情報や豆知識などを発信している「リカラットONLINE」等を運営し、宝石の通販も行なっている株式会社RECARAT(リカラット)。

宝石好きな方たちがより宝石を身近に感じられるようにという思いから実施に至ったもので、まず一般の方は体験したことがないであろう、宝石の鑑定や買付の体験という、貴重な経験が出来るイベントでした。

当日のイベントは申し込み受付初日にすぐ満席となった程の人気ぶり。上記は当日の会場の様子です。

会場では新型コロナウイルス感染拡大防止対策として、来場時の検温や使用器具のアルコール除菌、マスク着用等を実施し、今も猛威を振るう新型コロナ対策もしっかりと行なったと報告。感染者を出さないように対策を怠らない姿勢は素晴らしいと言えます。

 

今回体験イベントに参加した方々は、宝石収集や撮影した画像をSNSで発信する等、宝石を愛する方々が集まったそう。確かに宝石好きならば、見逃せないイベントと言えます。

宝石買付体験ブースは、ルーペとピンセットを使って数百石の宝石の中から”コレだ”と思う一石を選ぶという体験ブース。

冒頭で、リカラットの代表取締役社長であり宝石鑑定士(GIA G.G.)の小山慶一郎さんより、ルーペ・ピンセットの使い方、買い付けの際に騙されないための心構え、素早く見るポイントやコツなどをレクチャー。


リカラット公式HPより(https://company.recarat.com/)

ルーペとピンセットの使い方を直接プロから教わることが出来る機会などなかなかありませんから、とても貴重な体験となったことでしょう。

そして実際にたくさんの宝石の中から選んだ一石はプレゼントとして持ち帰ることが出来るとあって、参加者は真剣に石を選んでいたそうです。

これはとても楽しそうですね。上記画像を見ても、全て小さいながらも宝石です。しかも自分が鑑定して選んだものを持ち帰ることが出来るということで、真剣になるのは間違いありません。その宝石は宝物になることは間違いないでしょう。

 

また鑑別ブースでは宝石鑑定士が実際の宝石鑑別器材を使用し、来場者が持参した宝石を一人一石、無料鑑別してくれたそう。

友人・知人から譲り受けたものや、鑑別書がない品を購入した方等が持ち込んで鑑定をしてもらったようで、中には今まで思っていたものと違う宝石だったと残念がる方もいたのだとか。しかしそういった方も「不確かだった宝石の正体が分かり、モヤモヤしていたものが晴れてスッキリした」と満足そうな笑顔を見せていたそうです。

他にもリカラットが運営する通販サイト「リカラットSHOP」の先行販売、海外買付の様子や宝石鑑定士が鑑別の際に使用している資料等の展示もあり、約2時間半のイベントは終了したそう。

 

これまでにも小学生や親子向けに年に数回宝石講座を実施していたリカラットですが、宝石収集を趣味とする大人向けのイベント開催は今回が初。

イベント実施後のアンケートでも多数の高評価を得ており、今後も継続して同イベントを行なっていくことを合わせて告知しました。

宝石がとにかく好きだという方や、宝石鑑定に興味がある方にとっては、今後も行なって欲しいイベントと言えますよね。リカラットONLINE(https://recarat.com/)では、こういったイベントだけでなく、宝石の豆知識や情報等を発信しており、業界人も多数チェックしているのだとか。

新型コロナウイルスの影響で大々的にイベントを行うというのは難しいかと思いますが、是非とも参加してみたいイベントと言えるでしょう。

Facebook
スポンサードリンク
この記事を書いた人
TORSO JACK編集部です。 人ではなく、人が創り出す「モノ」や「コト」にフォーカスする事を方針として発信しています。
SNSでフォローする