国内のファッションやカルチャーを発信するメディア

スーツに見える作業着×ロコンド×宮迫博之!奇跡のコラボで「YZO宮迫Edition」新発売

日本の会社員の一般的な制服として知られるスーツ。ジャケットとスラックスを1組として販売されているもので、朝の通勤時間や夕方の帰宅ラッシュ時には、たくさんのスーツを着た人を目にしますよね。

スーツは実は意外と着心地が良く、思っている以上に動きやすい服なのですが、どうしても洗濯が出来ないものがほとんどのため、汚れや水濡れなどには注意が必要になってしまったり、シワが出来てしまうという悩みもお多いもの。特に今は情勢的に新型コロナウイルスの感染に敏感であり、毎日の除菌や洗濯などが必要とも言えますが、「スーツは無理なんだよね…」と諦めてしまっていますよね。

ところが、見た目はスーツにしか見えないにも関わらず、実は現場の技術を応用した作業着というアイテムが販売されていることをご存知でしょうか。

そのスーツに見える作業着「ワークウェアスーツ」を企画・販売した株式会社オアシススタイルウェアが、靴とファッションの通販サイト「LOCONDO.jp」とユーチューバーとして活躍する宮迫博之さんとコラボし、「YZO宮迫Edition」を新発売すると発表しました。

 

ワークウェアスーツ宮迫エディション発売!

YZO宮迫Editionは、ワークウェアスーツのデザイナーズブランドであるYZO /ワイゾーより、宮迫博之さんのYouTubeチャンネル「宮迫ですッ!【宮迫博之】」の登録者数100万人を記念してコラボを行い、「YZO宮迫Edition」を新発売したと発表。

YZO宮迫Editionはもう一つのコラボ先である、株式会社ロコンドが運営するファッション通販サイト「LOCONDO.jp」にて特別価格で販売も行うとのこと。

 

「YZO宮迫Edition」はジャケット1型とパンツ2型の計3型となっており、生地にはストレッチ・速乾・撥水・形態安定・自宅の洗濯機で毎日洗える機能性を備えた自社オリジナル素材「Ultimex/アルティメックス」を使用しています。

ジャケットにはオフホワイトのパイピングやフェイクチーフなどのデザインが施され、おしゃれさと機能性を両立。

 

一方パンツはサイドラインがオフホワイトとチャコールグレーの2パターンで、スタイリッシュなデザインながらウエストに背面ゴムとドローストリングが付いているため、様々な体型の方でも着用出来るようになっています。

ブラック×オフホワイト

 

ブラック×チャコールグレー

 

スタイリッシュかつ機能性も抜群で、毎日洗濯可能なため汚れも落としやすく、シワにもなりにくいとあっては、ぜひとも欲しくなるアイテムとなっています。商談や打ち合わせ・出張に、また休日のカジュアルウェアとしてもマルチに活躍出来るアイテムとして重宝しそうです。

以下アイテム詳細となります。

●YZO宮迫Editionテーラードライトジャケット
価格:¥34,800(税抜)→特別価格¥17,400(税抜)
カラー:ブラック
サイズ: S,M,L,LL

●YZO宮迫Edition サイドラインストレートパンツ
価格:¥24,800(税抜)→特別価格¥12,400(税抜)
カラー:ブラック×オフホワイト、ブラック×チャコールグレー
サイズ:S,M,L,LL

 

ユーチューバーとして活躍されている宮迫さんとのコラボ商品である本アイテム。

特に今は新型コロナウイルスの感染対策で、服を毎日でも洗いたいという方も多く、スーツのコロナウイルス対策には頭を抱えている会社員の方も多いはず。

毎日洗えてストレッチ性も高く、ポケットの多さやワンポイントのあるデザイン性もあって、プライベートでも着用出来るというのは本当に嬉しいところ。

気になる方はぜひ特設サイト(https://www.locondo.jp/shop/contents/special-wwsmiyasako)や、ワークウェアスーツの公式サイト(https://www.workwearsuit.com/)でチェックしてみてはいかがでしょうか。

Facebook
スポンサードリンク
TORSO_JACK編集部
この記事を書いた人
TORSO JACK編集部です。 人ではなく、人が創り出す「モノ」や「コト」にフォーカスする事を方針として発信しています。
SNSでフォローする