ファッション&カルチャーなど流行を発信するメディア

ウィメンズ

販売開始10分でほぼ完売!ウィメンズブランド「crewre」2023年冬のコレクション第2弾で“夢”のダウンを発売

株式会社MODERN TIMESが運営するウィメンズアパレルブランド「crewre(クルーレ)」は、2023 winter collectionの第2弾として、ダウンジャケットをはじめとする全4型の新作を発表しました。

 

crewre「winter 2nd collection」発売

crewre(クルーレ)は2023年8月にローンチしたウィメンズアパレルブランド。

ブランドディレクターには、スタイルアップや自分をより魅力的に魅せるため、おしゃれを理論で分かりやすく発信する「こすぱっしょんゆりえ」さんが務めています。

デビューコレクションとして発表した「2023 autumn | debut collection」は、全6型のうち約9割が発売開始1時間で完売する反響を得ています。

続く10月21日に発売した「winter 1st collection」では、ロングコート・シャツ・ニットワンピースなど、着用時のシルエットや機能性にこだわったベーシックで使いやすいデザインのアイテムをラインナップ。

こちらは販売開始からなんと10分でほぼ全てのアイテムが完売となるなど、多数の方が購入。

また、crewreとして初のアクセサリーも発売しており、程よくコーディネートのアクセントになる2way仕様のネックレスも大変好評だったそう。

反響を受け、11月3日〜5日にかけて急遽受注販売も行っています。

 

“夢”のようなダウンが登場!

ダウンジャケットというと、スポーティでカジュアルな印象が強く、デザインによってはファッションアイテムとして着こなすのが意外と難しいアイテム。

また、防寒性に優れている一方でボリューミーなシルエットのものが多く、どうしても身体が大きく見えてしまいがちな点がネックとなります。

そこでcrewre(クルーレ)では「冬ならではのもこもことした可愛さを残しつつ、お洒落にすっきり着こなせるアウターを作りたい」という想いから、綺麗めなデザインと着膨れしないシルエットを追求したダウンジャケットを製作。

第2弾の「winter 2nd collection」のアイテムとして登場します。

スポーティな印象を軽減するためにダウンのステッチをあえて無くし、生地には風合いのあるマットな質感のものを採用。

また暖かさをキープしながらも着膨れしないよう、中綿にはシート状のダウンを使用。身頃や袖の部分と肩の部分とで中綿のボリュームも細かく変えており、肩まわりがすっきりとした見た目になるよう仕上げているとのこと。

ダブルジップや袖口の広さを調節出来るボタン、開閉可能な裾のスリットも付いており、自身の体型やスタイリングに合わせてよりしっくりくる形にアレンジすることも可能となっています。

カラーは「ecru」「black」「old blue」の3色展開。

すっきり見えるシルエットにこだわったからこそ、膨張色として敬遠されがちなホワイト系のカラーもチャレンジしやすい、まさに“夢”のようなアイテムとなっています。

 

アイテム詳細

●スタンドカラーダウンジャケット

価格:23,100円(税込)
カラー:ecru、black、old blue

●発売日:2023年11月18日

商品ページ:https://crewre.jp/products/detail.php?product_id=324&c=5

 

今回紹介したスタンドカラーダウンジャケット以外に「ビッグカラーミディコート」「ブークレークルーネックニット」「ウォッシャブルフレアパンツ」の合計4型が登場。

11月18日から発売する「winter 2nd collection」をお見逃しなく。

特設ページ:https://crewre.jp/lp/col_2023winter.php

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事

TORSO JACK編集部です。 人ではなく、人が創り出す「モノ」や「コト」にフォーカスする事を方針として発信しています。

  1. オンラインセレクトストア「60%」アジアのブランドが集まる“ぶちあげセール”メインモデルに「コノリリ」を起用

  2. H&MからEv Bravado・Téla D’Amoreとコラボしたコレクションを発表!

  3. アルファクラブ武蔵野が越谷に1棟貸切のウェディング複合施設「HILLTOP THE SQUARE」をオープン!

RELATED

PAGE TOP