ファッション&カルチャーなど流行を発信するメディア

ウィメンズ

「ファクトリエ」スビン綿を100%使用した“洗いざらし”を楽しむ「シャンブレーシャツ」発売

ライフスタイルアクセント株式会社が運営する、メイドインジャパンの工場直結ファッションブランド「ファクトリエ」は、世界ブランドのシャツも数多く手掛ける熊本県人吉市のシャツ工場「HITOYOSHI」が開発した「洗いざらしでも着られるシャンブレーシャツ」の販売を開始したことを発表しました。

 

ファクトリエから「洗いざらしでも着られるシャンブレーシャツ」登場

ファクトリエは2012年に誕生した、メイドインジャパンの工場直結ファッションブランド。

世界のブランドを手掛けるような日本のアパレル工場と中間流通を省いて直接提携し、こだわりの詰まった1流の“語れる逸品”を開発。高品質なアイテムを適正価格で提供。加えて、工場には適正な利益を還元する仕組みも取り入れています。

販売はネット通販をベースに、銀座・熊本に試着専門店を構え、日本から世界ブランドを作るべく展開中。

アパレル国産比率は1%台に激減している中、日本の工場に焦点を当てたファクトリエの独自の取り組みは、テレビ東京「カンブリア宮殿」「ガイアの夜明け」等にも取り上げられているそう。

そのファクトリエから新しく発売されたのは、熊本県人吉市のシャツ工場「HITOYOSHI」が開発した、ゆったりとした着心地が楽しめるオーバーサイズシルエットが特徴の「洗いざらしでも着られるシャンブレーシャツ」。

このシャツには、綿繊維の中でも非常に細くて長い「スビン糸」を使用。縦糸に染色した糸を使って、シャトル織機でゆっくりと織り上げたシャツとなっています。

ゆっくりと織るからこそ、糸に余計なテンションやストレスがかからず、ふっくらとした風合いに。

スビン糸が持つ本来の良さを最大限に引き出しています。

シャンブレーらしい奥行きのある表情で、一枚で着ても華やかさがある装いに。

全体的にゆったりとしたシルエットで、ボディラインを隠してくれるので体型カバーしたい方にもおすすめ。ゆったりしたシルエットでもきちんと見えるよう、脇のもたつきを抑えて全体のシルエットを調整しています。

また、アームホールを袖山から脇に向かって細くするなど、メンズ高級ドレスシャツ作りのノウハウを取り入れているほか、襟には薄い接着の芯地を入れることで、美しい襟元を演出。

HITOYOSHIならではの視点を取り入れた、着た時に美しく見えるこだわりが詰まっています。

他にも細部にまで多数のこだわりを詰め込んだ「洗いざらしでも着られるシャンブレーシャツ」は、ファクトリエの商品ページにてご参照ください。

商品ページ:https://factelier.com/products/15373/

 

アイテム詳細

●洗いざらしでも着られるシャンブレーシャツ

価格:27,500円(税込)
サイズ:フリー
カラー:ブルー、チャコールグレー

ブルーURL:https://factelier.com/products/15373/
チャコールグレーURL:https://factelier.com/products/15426/

 

日本国内の工場直結で商品を展開し、その高い技術力でこだわりのアイテムを展開するファクトリエ。

そのファクトリエから登場した「洗いざらしでも着られるシャンブレーシャツ」に興味がある方は、ぜひファクトリエの公式サイト等からチェックしてみてはいかがでしょうか。

ファクトリエ:https://factelier.com/

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事

TORSO JACK編集部です。 人ではなく、人が創り出す「モノ」や「コト」にフォーカスする事を方針として発信しています。

  1. 大宮で痩せたい女性におすすめ!女性専用パーソナルトレーニングジム3選

  2. 「RANDA」松井愛莉を起用した2024春夏の新作LOOK・スペシャルムービーを3月4日より公開

  3. 「COCO DEAL」ルミネ新宿2店がエコ素材を多用した内装へリニューアルオープン

RELATED

PAGE TOP