ファッション&カルチャーなど流行を発信するメディア

ウィメンズ

「ファクトリエ」ブランド初の晴雨兼用ウィメンズコート「ハイパフォーマンスウォータープルーフコート」発売

ライフスタイルアクセント株式会社が運営する、日本の語れるものだけを届けるファッションブランド「ファクトリエ」は、トラベルギアブランド「TO&FRO(トゥーアンドフロー)」を展開する北陸の合繊メーカー「カジグループ」と共同開発した、ファクトリエ初の“晴雨兼用”ウィメンズコート「ハイパフォーマンスウォータープルーフコート」を発売したことを告知しました。

 

ファクトリエ初のウィメンズ向け晴雨兼用コートが発売

 

ファクトリエとは

ファクトリエは2012年に創業した、メイドインジャパンの工場直結ファッションブランド。

世界ブランドを手掛けるような日本のアパレル工場と、中間流通を省き直接提携し、こだわりのつまった一流の“語れる逸品”を開発。高品質なアイテムを適正価格でお客様に提供。加えて、工場には適正な利益を還元する仕組みを取り入れていることが特徴。

ネット通販をベースに銀座・熊本に試着専門店を構えており、日本から世界ブランドを作るべく取り組みを実施。

アパレル国産比率は2%台に激減している昨今、日本の工場に焦点を当てたファクトリエの独自の取り組みは、テレビ東京「カンブリア宮殿」「ガイアの夜明け」をはじめとした、多数のメディアにも取り上げられおり、注目が集まるブランドです。

 

晴雨兼用ウィメンズコート「ハイパフォーマンスウォータープルーフコート」

ファクトリエが晴雨兼用ウィメンズコート「ハイパフォーマンスウォータープルーフコート」を企画したきっかけは、女性ユーザーからのたくさんの声があったからだそう。

「レインウエアは“蒸れ”が気になる」「雨の中、自転車に乗る時に着られるものが欲しい」「レインウエアはスポーティなものが多く、着る場所を選ぶ」「雨の日にしか着られない服を買うのが嫌」という要望の声が寄せられていたそう。

そこでファクトリエでは、「晴れの日に着ても素敵で、土砂降りの雨にも耐えられる、どんな日にも快適に過ごせるコートを作ろう!」と、世界トップクラスの技術を持つ石川県の工場「カジグループ」とタッグを組み、企画をスタートさせたと説明しています。

世界的に有名なアウトドアブランドの洋服やバッグ等の素材などにも生地を提供している工場「カジグループ」が手掛けたナイロン生地を100%使用。

一般的な布製の傘は耐水圧500mm程度、レインウエアは10,000mm程度となっている中、「ハイパフォーマンスウォータープルーフコート」の耐水圧は「20,000mm」。一般的なレインウエアの約2倍の防水性を誇ります。

防水性だけでなく、透湿性の高さもアウトドアウェアレベルとなっているそうで、透湿度は「20,000g」。この数値も本格的な登山ウエアと同等クラスとなっています。

そして、防水・防風・蒸れにくいというハイスペックな素材を「雨の日以外でも着られる」ファッション性の高いコートに仕上げたことも大きな特徴。

大人の女性が着るのに相応しい、高級感のある質感やシルエットやディテールが特徴です。

 

商品概要

●ハイパフォーマンスウォータープルーフコート

カラー:ブラック・カーキ・ベージュ
サイズ:3サイズ(S-M、M-L、L-LL)
価格:36,300円(税込)

商品詳細ページ:https://bit.ly/3TowxjM

 

ファクトリエブランド初となる晴雨兼用のウィメンズコート「ハイパフォーマンスウォータープルーフコート」は、レインコートの2倍の防水性と、本格的な登山ウェアと同等クラスの透湿性、カジュアル・フェミニンにも使えるデザインで、いつでも着用出来るアイテムとなっています。

興味がある方は、ファクトリエのオンラインストアや店舗などからご確認ください。

ファクトリエ:https://factelier.com/

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事

TORSO JACK編集部です。 人ではなく、人が創り出す「モノ」や「コト」にフォーカスする事を方針として発信しています。

  1. オンラインセレクトストア「60%」アジアのブランドが集まる“ぶちあげセール”メインモデルに「コノリリ」を起用

  2. H&MからEv Bravado・Téla D’Amoreとコラボしたコレクションを発表!

  3. アルファクラブ武蔵野が越谷に1棟貸切のウェディング複合施設「HILLTOP THE SQUARE」をオープン!

RELATED

PAGE TOP