ファッション&カルチャーなど流行を発信するメディア

ライフスタイル

個人ユーザーの脱炭素化を支援するアプリ「ZeroCa(ゼロカ)」がGDBLからリリース

脱炭素化(カーボンニュートラル)を目指すためには、企業や団体だけでなく私たち一人ひとりが地球温暖化を防ぐために活動していく必要があります。

しかし、いきなり「脱炭素社会に向けた行動をしよう」としても、何から取り組んだらいいのか分かりません。

そこで株式会社GDBLは、環境行動のスコア化や家庭の電力データに基づき、個人や世帯単位で利用者の脱炭素化を支援するアプリケーション「ZeroCa(ゼロカ)」を、2023年10月5日よりリリースしました。

 

GDBLが脱炭素化支援アプリ「ZeroCa」リリース

 

GDBLとは

GDBLは、東京電力パワーグリッド株式会社・中部電力株式会社・関西電力送配電株式会社・株式会社NTTデータが出資し、2022年4月に設立された企業。

電力データを活用した各種サービスを提供すると共に、電力データと異業種データの掛け合わせによる価値向上・新たな価値創造の実証をはじめ、コンサルティング等の新サービス創出のための活動を展開しています。

そのGDBLが今回提供することを発表したのが、個人・世帯単位で行える脱炭素化行動について「環境行動をスコア化」することで分かりやすく教え、サポートしてくれるアプリ「ZeroCa」です。

 

個人ユーザー向けの脱炭素化支援アプリ「ZeroCa」リリース

この「ZeroCa(ゼロカ)」は、“環境行動をもっと心地よく”をコンセプトに、環境行動の習慣化を通じて脱炭素(ゼロカーボン)社会の実現に向けた“行動変容”、つまり「これまでと違い温室効果ガスである二酸化炭素の排出を実質ゼロとする行動へ変えていくこと」を後押しするアプリケーション。

自身の環境行動や家庭の電力データを「スコア」という形で“見える化”することにより、ユーザーに実感や気づきを与え、環境行動を心地良いものへと変えることをサポートし、習慣化するための手伝いをしてくれます。

ZeroCaは「どんな行動をすれば良いのか」「何から始めればいいのか」「他の人はどんな行動を起こしているのか」といった悩み・課題を共に考え、個人と社会を繋ぎながら解決に導くことで、脱炭素社会実現に向けた道標となるようなアプリを目指しているとのこと。

今回のリリースでは「グリーンスコア機能」「環境アクション管理」「みえるデンキ機能」の3機能を提供すると説明しています。

 

提供機能紹介

1:グリーンスコア機能

グリーンスコアは世帯の脱炭素行動の“体重計”のようなもの「グリーンスコア機能」。

ダイエットが、実行だけでなく体重計による「計測」があるからこそ実現されるように、脱炭素行動も自身の環境行動の出来具合が分かる体重計の様なツールが必要。

グリーンスコア機能で自身の環境行動を計測し、スコアアップを目指す機能です。

 

2:環境アクション管理機能

日常の買いものや電気の使い方での「ちょっとした行動」がグリーンに繋がるという気付きをもたらし、行動を習慣化するきっかけを与えてくれるのが「環境アクション管理機能」。

既に自分が取り組んでいる環境行動、今後取り組むべき新しい環境行動を管理し、生活の中で習慣化をサポートしてくれる機能。

習慣化した行動については「習慣化したアクション」として登録することも出来るようになっています。

 

3:みえるデンキ機能

電力使用量を可視化し、節電・節約をサポートしてくれるのが「みえるデンキ機能」。

電気は一見すると、二酸化炭素を発生させないクリーンなエネルギーのように見えますが、実は発電所等で電気を生み出す「エネルギー転換部門」が最も二酸化炭素を排出しているのだとか。

そこで、自分がどれくらい電力を使っているのかを、使用量の時間帯推移をリアルタイムに把握する機能を搭載。日別・週別・月別でも電気使用量が確認出来るので、使い過ぎている時間を見つけ、節電行動に役立てることが可能。

また、CO2の削減量の策定や節電アクションや気温を表示させることも出来る機能です。
※「みえるデンキ機能」を利用するには、別途スマートメーターとの連携の為、電気契約者による同意取得手続きが必要となります。

 

鈴木福が「ZeroCa Leaders」に就任

10月5日にリリースされた「ZeroCa」。

これに合わせて「よい歴史をはじめよう」というスローガンのもと、“楽しく”脱炭素社会を実現するための方法や脱炭素社会の“楽しい生き方”を検討するタスクフォース「ZeroCa Leaders(ゼロカ・リーダーズ)」を結成。

このボードメンバーの1人に、俳優の鈴木福さんの就任が決定したことが発表されました。

鈴木さんは、自身の視点・知見から脱炭素・環境関連の活動や事業に取り組む有識者らと共に、

●どのようにすれば多くの人が楽しみながら脱炭素を実現できるか
●そのために「ZeroCa」をどのようにアップデートし役立てていけるか

という内容で、9月9日に開催したボードメンバーたちによる会議「第1回 ZeroCa Leaders Meeting(ゼロカ・リーダーズ・ミーティング)」にて検討。

さらにZeroCaのイメージキャラクターとして、キービジュアルへの起用や、10月5日から開設されたサービスサイトにてインタビュー動画も公開しています。

「もしかしたら、長い地球の歴史の中でいうと、僕たちは地球にとって悪者になっちゃってるんじゃないかな、なんて。」

と、自身の考えを語られている鈴木福さん。

インタビュー動画はWEBサイトにて公開中となっているので、ぜひ一度ご覧になってみてはいかがでしょうか。

 

アプリ概要

●ZeroCa(ゼロカ)

リリース日:2023年10月5日
利用料:無料
サービスURL:https://lp.zeroca.jp/

 

私たちが便利に生活する暮らしの中で排出された温室効果ガスである二酸化炭素が、地球の温度を上昇させ、地球温暖化が起きています。

ゲリラ豪雨や2023年夏の異常な程の酷暑など、近年の異常気象の原因に大きく関わっているとされる地球温暖化。

脱炭素社会を目指し、二酸化炭素の排出を少しでも減らすためには、企業や団体だけでなく私たち一人ひとりの行動が大切になってきます。

「少しでも地球環境のために何かしたい。」と考えている方は、ぜひZeroCaをインストールして、自身の生活の中で取り組めることにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事

TORSO JACK編集部です。 人ではなく、人が創り出す「モノ」や「コト」にフォーカスする事を方針として発信しています。

  1. ピジョンが実現を目指す「赤ちゃんにやさしい未来」のための早期教育プログラムが今年も開催

  2. iHerbの公式YouTubeチャンネル「OPEN THE BOX」にディーン・フジオカが出演!

  3. 大黒屋がAIを使ったLINEによる簡易買取査定サービス「おたからAI」を提供開始

RELATED

PAGE TOP