ファッション&カルチャーなど流行を発信するメディア

ビューティー

tiit tokyoの理念に共感!IPSAの肌測定とコスメで2024春夏アイテムのファッションショーをバックアップ

1986年に創立した化粧品ブランド「IPSA(イプサ)」。

そのIPSAは2023年8月24日、ファッションブランド「tiit tokyo」が新豊洲ブリリアランニングスタジアムにて開催したファッションショー「tiit tokyo 2024 SPRING SUMMER COLEECTION RUNWAY SHOW “NOSTALGIA”」にてコラボレーションを実施しました。

 

「tiit tokyo × IPSA」ファッションショーでコラボレーション

 

IPSAの肌測定・カウンセリングとは

1人ひとりの肌が本来もっているポテンシャルにアプローチし、美しさを引き出す化粧品ブランド「IPSA(イプサ)」。

人の美しさが生命力から作り出され、それを「美的生命力」と呼ぶIPSAは、様々な情報や技術・素材を活用し、お客様1人ひとりと自分だけのレシピを作り上げる取り組みを行なっています。

その1つが「肌測定」。IPSAではイプサライザーという機器で肌の状態を科学的に分析しており、数値化した肌の情報を元にIPSAのスタッフ(=レシピスト)が豊富な知識でアドバイスを行い、自分だけのレシピを作ってくれるというサービス。

独自の理論により素肌に足りない光の色を補うベイスカラーの判定から、水分保持力や皮脂分泌力、ハリ・弾力、角層の状態に至るまでを細かく分析してくれます。

 

tiit tokyoのファッションショーにIPSAが初コラボを実施

主にIPSAの店頭等で商品を展開したり上述した肌測定サービスを提供するIPSAですが、2023年から新たな試みとして、これまであまり関わりが無かったジャンルのイベントへ積極的に参加しています。

今回、ファッションブランド「tiit tokyo」が新豊洲ブリリアランニングスタジアムにて開催したファッションショー「tiit tokyo 2024 SPRING SUMMER COLEECTION RUNWAY SHOW “NOSTALGIA”」にて、IPSAが初のファッションブランドと協賛。

コラボレーションとしてランウェイを歩くモデルに肌測定を実施し、各モデルに合ったIPSA化粧品を提供し、本イベントをスキンケア・メイクアップ商品でバックアップしました。

IPSAの化粧品の中でも特に人気のアイテムの1つである、化粧水と乳液の機能を1本に凝縮した“化粧液”「ME(エム・イー)」は、肌の状態に合わせて通常のME8種、低刺激設計の「ME センシティブ」4種と、ワンランク上の美肌を目指す方に向けた「ME アルティメイトe」4種の合計16種を展開。

今回のイベントでは、モデル1人ひとりの肌測定の結果に合わせ、それぞれに合ったME等で肌づくりを行ったそうです。

こちらは左がME 1、右がME 8。同じMEでもこれだけテクスチャーが違うのは、1人ひとりの肌質に合ったものを提供するため。

イベント本番前のバックステージにお邪魔しましたが、バックステージ内ではモデルを彩るべく、あちらこちらで準備が行われていました。

こちらでも、IPSAの化粧品を使用し、ヘアメイクの方々がモデルの最終チェックを行っています。

IPSAからも担当者の方が複数名現地入りしており、ヘアメイクたちと本イベントを裏側から支援。

また、今回のイベントに来場した方々には、うるおい成分を抱えた水の層を肌表面につくり、キメを整えてぷるぷると水をまとったような瑞々しい感触を持続させてくれる薬用化粧水として、IPSAで最も人気の高い商品「ザ・タイムR アクア」と上述した「ME」の特製サイズ、日焼け止め用乳液「プロテクター マルチシールド(2回分)」等がお土産として提供されていました。

 

IPSAの新たな試み「自ら会いに行こうと」

IPSAは2023年から、これまで関わりが無かった様々な方にもIPSAを知ってもらうべく、積極的にイベントの実施や参加をしています。

7月には夏のストレスから肌と心を解放し、うるおいでリセットするバスツアーとして「TIME RESET AQUA BUS」を期間限定開催。

また、アーバンスポーツの祭典「YOKOHAMA URBAN SPORTS FESTIVAL’23」に出展し、バシャバシャと顔を洗うことで汗を流し爽快になれる体験イベント「VASHA-VASHA IPSA」を行いました。

今回のファッションショーの会場でIPSA担当者の方にお話を伺うと、これらの試みは全てIPSAの「新しいお客様と出会うために、自ら会いに行く」という方針から行っている試みなのだとか。

「現在IPSAの店頭には女性のお客様だけでなく、スキンケア志向の高まりから男性のお客様も多く訪れて頂いているのですが、来てもらうだけではなくIPSAも新たなお客様と出会いたいという想いがありまして、スポーツフェスティバルや今回のファッションショーに出展・協賛する等の取り組みを試みているんです。」

と説明。

「IPSAの名前を知っていたり、代表的な“アクア(ザ・タイムR アクア)”や“ME”は使ったことはあるけど、ブランドについて深くは知らない…という方も多いかと思います。そういった、IPSAに対して既に何らかのイメージを持たれていても、どういったことを提供しているブランドなのかを知らない方々に対して、“IPSAは身近な生活の中にいる”ということを伝えたいんです。」

と話し、より自分にとって身近なブランドだと認知してもらうだけでなく、カウンターで待っているだけでは会うことが出来ない方々との出会いの機会を作るべくこういった試みをしているとコメントしてくれました。

IPSAは今後も、その理念や想いに共感した催しと積極的にこういった取り組みを行なっていくそうで、来年度も継続して活動していく予定だそうです。

 

初めてのIPSAは「ME」から始めてみよう!

担当者の方に「絶対に使って欲しいIPSAの化粧品」について伺ってみたところ、おすすめは今回のイベントのお土産にもなった「ME」とのこと。

●ME(医薬部外品)

種類:全8種
内容量:175mL
価格:7,150円

●ME センシティブ

種類:全4種
内容量:175mL
価格:6,050円

●ME アルティメイトe(医薬部外品)

種類:全4種
内容量:50mL
価格:11,000円

 

 

MEは化粧水と乳液の機能を1本に凝縮した化粧液で、1本で肌の調子が整うアイテム。肌測定で自分に合ったMEを選んでくれるので、まずはMEから始めて欲しいとおすすめされていました。

ぜひ初めてIPSAを使うという方や、どんなアイテムから手を出そうか悩んでいる方は、IPSAのMEから使ってみてはいかがでしょうか。

 

まだ見ぬ新たな方々と出会うため、スポーツフェスティバルやファッションショーなど、様々なイベントに出展・協賛されているIPSA。

より身近にIPSAを感じてもらえるよう今後も同様の活動を継続していくそうなので、ぜひIPSAの今後の動向に注目してみてください。また、IPSAに興味を持ったという方はぜひ店頭で肌測定を一度試してみてはいかがでしょうか。

IPSA公式:https://www.ipsa.co.jp/

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事

TORSO JACK編集部です。 人ではなく、人が創り出す「モノ」や「コト」にフォーカスする事を方針として発信しています。

  1. 半歩先の日常を体験しよう!エキュート大宮で試食・試飲が出来る「&found」が期間限定オープン

  2. がっちり体型・骨格の女性に向けたブランド「BLK 001 OVER CURVES」登場

  3. 「K-WAY × AGNÈS B.」初のコラボとなるカプセルコレクションを発売開始

RELATED

PAGE TOP