ファッション&カルチャーなど流行を発信するメディア

イベント

DMMの新たなエンタメサービス「DMMプレミアム・DMM TV」アンバサダーにオードリー春日・雨宮天が就任

合同会社DMM.com(以下、DMM)は12月1日より、楽しみ方が多様化する日本のアニメやエンターテインメントのユーザー体験をアップデートするDMM.comの新たなサブスク会員システム「DMMプレミアム」と、DMM.comが目指す「マルチエンタメ・プラットフォーム」において、主軸となる新たな総合動画配信サービス「DMM TV(読み:ディーエムエムティービー)」の提供を、12月1日より開始。

それを記念した記者発表会を、DMMの本社にて開催しました。

 

DMM.comの新サービス「DMMプレミアム」「DMM TV」提供開始

DMMは、これまでエンターテインメント領域において蓄積してきた知見とノウハウを活かし、楽しみ方が多様化する現代の日本のアニメ・エンターテインメントのユーザー体験をアップデートする、新たなサブスク会員システムを開始することを発表。

新サービスとして、サブスク会員システム「DMMプレミアム」と、DMM.comが目指す「マルチエンタメ・プラットフォーム」において主軸となる、新たな総合動画配信サービス「DMM TV(読み:ディーエムエムティービー)」の提供を開始したことを告知しました。

 

DMMプレミアム

DMMプレミアムは、現在17領域で60事業を展開するDMMが新たに実施するサブスクリプションサービス。

「DMMプレミアム」の会員になることにより、12月1日より提供を開始する「DMM TV」を含め、アニメ・マンガ・ゲーム・グッズ購入・オンラインくじ・オンラインクレーンゲームなどといった、DMMが提供しているエンタメコンテンツをジャンル横断でお得に楽しむことが出来るとのこと。

料金は月額550円(税込)で、初回30日間無料。また、3ヶ月間550円相当のDMMポイントを還元するため、実質3ヶ月間無料となります。

2022年内に約4,600作品となるアニメを中心に注力していき、2.5次元・バラエティ番組・ドラマ・映画なども見放題作品として随時展開予定。また、付与されたDMMポイントを使用して視聴出来る作品も用意していく予定と、登壇した合同会社DMM.com 最高執行責任者(COO)を務める村中悠介さん(以下、村中COO)は話されています。

DMMは、今後2年間で200万人の「DMMプレミアム会員」を獲得し、DMM.comのプラットフォーム全体での売上3,000億円の達成を目指していく方針だそう。

そのためにも、今後も継続的に投資を行い、コンテンツの拡充やプラットフォームの改善などに力を注いでいくと話されました。

 

DMM TV

同じく12月1日よりサービスを開始した「DMM TV」は、「推しが見つかる。世界が変わる。」をコンセプトに、月額550円(税込)でアニメ約4,600作品、エンタメを含む約12万本の作品が見放題で楽しめるようになる「マルチエンタメ・プラットフォーム」サービス。

目玉となる作品は「LUPIN ZERO」のほか、DMM picturesが製作するオリジナルアニメ2作品が、2023年1月より先行配信も予定。

他にも多数のバラエティや2.5次元作品を展開予定となっています。

さらにDMM TVは「シームレスなサービス間の利用体験」を大切にしており、ユーザーはサービスを跨ぐログイン手続きなしに、シームレスにサービス間を移動することが可能な設計となっているそう。

そのため「動画作品を楽しんだ後に原作マンガを読み、好きなキャラクターのグッズを買う」という行動がスムーズに行える点が魅力。

村中COOは、コンテンツの拡充はもちろん、このシームレスな体験が出来るUIについても今後投資を行なって改良を重ねていくと説明されていました。

 

アンバサダーのオードリー春日・雨宮天が登壇

サービスの提供開始となる12月1日、東京・六本木にあるDMMの本社にて開催された記者発表会では、DMM TVのアンバサダーに就任したオードリーの春日俊彰さんと、声優の雨宮天さんが登壇しました。

春日さんはいつものドヤ態度から、急に村中COOに深々と「ありがとうございます!」と頭を下げる場面もあり、随所で笑いが起きる和やかな雰囲気のまま、イベントは進行していきました。

会場に来られなかった、3人目のDMM TVアンバサダーである高橋ひかる※さんのVTRが流れる場面も。

「DMM TVのイチオシポイント」を聞かれた春日さんは、

「なんと言っても月額550円というお値段で新作や独占配信されているオリジナル作品を見ることが出来るっていうのは最高に興奮するじゃないですか。

今どきラーメン一杯も食べられないくらいのお値段なので、倹約家の春日にとっても嬉しい。
今加入すれば”3″ヶ月無料ですしね!DMMさんそろばん勘定下手なんじゃないかと思った。」

とコメント。特徴的な数字の出し方を披露しつつ、驚きの価格設定に言及されました。

雨宮さんは、

「作品の豊富さですね。4,600作品あったら、絶対に自分の好きな作品に出会えるし、推しに出会える事が約束されているようなものだなって思います。

興味が向くままに、推し作品・推しキャラの世界を広げていけるのはメチャクチャ凄いことだと思います!(このサービスは)人生の潤いにつながっていくなって。」

とコメントされていました。

 

DMMが12月1日より提供を開始したDMM TVと、サブスク会員システムのDMMプレミアムで、「アニメと言えばDMM」「エンタメと言えばDMM」となる日が来るかもしれません。

DMMの新しいサービスに興味がある方は、公式WEBサイトなどをご確認ください。

DMM TV:https://tv.dmm.com/vod/
DMMプレミアム:https://www.dmm.com/pr/premium/welcome

※高橋ひかるの「高」は、正しくは「はしごだか」

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事

TORSO JACK編集部です。 人ではなく、人が創り出す「モノ」や「コト」にフォーカスする事を方針として発信しています。

  1. 「GLOBAL WORK KIDS × FILA」オシャレ感度の高い女の子に向けたコラボコレクション発売

  2. 「大阪・関西万博開幕1年前イベント」テーマ事業プロデューサー8名のトークセッションや公式ユニフォームを披露

  3. 「emmi × PARKS PROJECT」2度目となるコラボコレクション3型を発売

RELATED

PAGE TOP