国内のファッションやカルチャーを発信するメディア

アート

フロントガラスも保護するSTEKのデザイン性抜群な「プロテクションフィルム」新色が展開

車の車体を保護するコーティングよりも、さらに保護性能に特化させた「プロテクションフィルム」

全世界80ヶ国以上で販売されている「STEK(エステック)」のプロテクションフィルムが、東京ビッグサイトで開催された「第19回国際オートアフターマーケットEXPO 2022」にて出展。

今回、プロテクションフィルム業界でも注目を集める「デザイン性が高い唯一のSTEKのプロテクションフィルム」についてお話を伺ってきました。

 

デザイン性に優れた車体保護のためのプロテクションフィルムブランド「STEK」

「プロテクションフィルム」とは、走行中の他の車のタイヤなどが石が跳ね上げ自分の車に飛んで来てしまう「飛び石」や汚れ、傷などから車体の塗装面などを守るために貼り付ける透明なポリウレタン性フィルムのこと。

今回、全世界80ヶ国以上でプロテクションフィルムを展開する、アメリカ発の次世代プロテクションフィルムブランド「STEK(エステック)」を国内で販売する正規代理店「STEK JAPAN」が、ビッグサイトで3月9日〜11日まで開催された「第19回国際オートアフターマーケットEXPO 2022」に出展。

展示ブースにて、STEK JAPANの担当者である小松原崇人氏と、同社の石原正規氏にお話を伺うことが出来ました。


STEK JAPAN 小松原氏

一般的な車体保護のガラスコーティングに比べ、傷や飛び石などの耐久性に優れている反面、ナノミクロン程しかない厚さのため車体の傷への耐性は低くなります。

一方で物理的な傷などに強いプロテクションフィルムですが、これまでの製品は保護のみに重点を置いている都合上、美観性に欠けてしまうという欠点がありました。

またデザイン性の部分でも、「カラーバリエーションが”透明”、”マット”、”ブラック”程度しかなかった」ことから、”車体の美観を多少損なってでも保護する”ことを目的で活用されて来たため、認知度自体はコーティングよりも劣ってしまっていたそうです。

しかし、STEKのプロテクションフィルムはデザイン性に優れ、カラーバリエーションも豊富。

こちらは展示ブースに実際に用意された車体ですが、この見える部分全てSTEKのプロテクションフィルムを貼っています。

これがSTEKのプロテクションフィルムの特徴となる「デザイン性の豊かさ」で、カラーバリエーションが多彩。赤や水色・黄色といった色から、カーボン色・ラメが入ったパターンまであります。

「余り変化がなかったプロテクションフィルム業界の中で、カラーや柄が備わったフィルムを展開するのがSTEKの強み。特に”ダイノブラックカーボングロス”は、プロテクションは世界中でもこのクオリティで作れているのはSTEKだけです」

とコメントされており、製品のクオリティに自信を覗かせていました。

撥水性も抜群。画像右側のプロテクションフィルムを貼った方は、しっかりと水を弾いていることが良く分かります。これにより、汚れも浮かせてつきにくくすることが出来るだけでなく、水跡も防いでくれます。

さらに60度程度の熱を加えることで、軽微な傷なら自然に治癒する「セルフヒーリング機能」も備わっており、車体保護の観点では文句なしの性能となっています。

今回、このダイノシリーズに新たなカラーバリエーションが登場します。

これらは今後正式に販売開始となるそう。今月中にも詳細を告知するそうなので、続報を待ちましょう。

公式WEBサイト:https://stek-japan.com/

 

簡単施工で外観も美しいフロントガラス保護フィルム「ダイノフレックス」

また、今回のデモ展示でSTEKが最も推す製品が、フロントガラス保護のプロテクションフィルム「ダイノフレックス(DYNO flex)」

フロントガラスは特に飛び石の影響を受けやすく、割れやすい部分でもあります。

しかし、最近ではセンサー類が多様に搭載されるようになり、フィルムを貼ったりするとそれらのセンサー類に干渉してしまう可能性もありました。

STEKのダイノフレックスはポリウレタン性で耐衝撃・耐久性に優れるだけでなく、自動運転システムなどのセンサー類にも干渉しないクリアさを併せ持ち、施工も格段に楽な画期的な保護フィルムです。

飛び石ガード性能も抜群です。ブースの展示では、上記画像のようにガラスに衝撃を与える実験を行なっていました。

左側はガラスそのまま、右側はSTEKのダイノフレックスを貼ったもの。ガラスそのままの方は穴が空いてしまっていました。

しかし、ダイノフレックスを貼った方は、フィルムを剥がしてみると多少跡が残っている程度に損傷が抑えられていました。

さらにダイノフレックスは施工も非常に簡単で、専用機材も必要がありません。

加工液に浸して貼り付け、気泡を抜いていくだけでなく、完全に乾くまでは貼り直しも容易。熱を加えて成形する必要もないため、施工業者からも好評となっているそうです。

STEK JAPANの石原氏は、今後車業界だけではなく、広くダイノシリーズを活用していくような展開をしていきたいと語られており、特殊車両や航空機のほか、キッチンといった一般人の身近なところにも活用出来るのではないかと、ダイノシリーズの可能性をコメントされていました。

 

車の保護を目的としながらも、あまり発展を遂げていなかったプロテクションフィルム業界に一石を投じる形となるSTEKのプロテクションフィルム「ダイノシリーズ」

フロントガラス用の「ダイノフレックス」の施工価格は、一般車ならば5万〜8万円程度とのこと。

車の保護が出来て、さらにデザイン性などにも優れるSTEKのプロテクションフィルムは、今後の車業界の常識となっていくかもしれない可能性を秘めています。

RELATED

PAGE TOP