国内のファッションやカルチャーを発信するメディア

モンスーンカフェで期間限定発売されるアジアの屋台飯メニューで擬似旅行体験を楽しもう!

国内やアメリカのロサンゼルスに計42店舗のレストランを展開をしている株式会社グローバルダイニングは、エスニック業態レストランのモンスーンカフェにて、期間限定3品を2021年5月17日より提供開始することを発表しました。

昨今の情勢で旅行が難しい今、アジアの屋台をイメージした期間限定の3メニューでアジア旅行に行った気分になってみませんか?

 

モンスーンカフェの期間限定メニュー登場

国内のエスニック料理ブームの火付け役と言われるモンスーンカフェは、「寛ぎのオリエンタル」と「都会の中の楽園」をテーマとした内装が特長的なエスニック料理レストラン。

「ヘルシーエスニック」をテーマに、タイ・ベトナム・マレーシアなどのアジア各国の本格的な味の再現はもちろん、健康を意識した料理開発にもこだわりを持って取り組んでいます。

代表的なメニューは、「ベトナム風生春巻き“ゴイクン”」、「鶏肉のガパオ炒めご飯」、「タイ海老トースト」など。2021年5月現在は、都内近郊を中心に9店舗を展開しています。

 

そのモンスーンカフェに、「アジアの屋台メシ」をイメージにした期間限定メニューが新登場します。

野菜たっぷりのベトナム風クレープ「バインセオ」、パリパリとした食感が楽しい「ソフトシェルシュリンプの揚げ春巻き」、胡麻油の香りが食欲をそそる「砂肝とパクチーのサラダ」の3品。

どれもキンと冷えたビールが間違いなく合うメニューとなっています。どれもアジアの屋台で出てきそうな一皿となっており、まるで本当に国外の屋台で食べているかのようなイメージをさせてくれます。

昨今の情勢で旅行が難しい中で、海外旅行の雰囲気を味わいたいという方はもちろん、エスニック料理を楽しみたいという方もぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

期間限定メニュー詳細

●バインセオ

価格:1,280円

ベトナム南部でポピュラーな「バインセオ」をモンスーンカフェ風にアレンジしたもの。ターメリックで色付けし、カリッと焼いた生地に、プリプリの小エビともやしを挟み、パクチーやミント、バジル等の香草をたっぷりと添えた一品です。爽やかなハーブの香りと共に召し上がれ。

 

●ソフトシェルシュリンプの揚げ春巻き(2P)

価格:780円

海老の頭から尻尾まで、パリパリと美味しくお召し上がりいただける揚げ春巻き。ビールのお共にぴったりな一品なのは間違いありません。

 

●砂肝とパクチーのサラダ

価格:900円

パクチー好きにおすすめの一皿。胡麻油の香りが食欲をそそる、「砂肝のコリコリとした食感がたまらない、パクチー×砂肝」のサラダです。

 

実施店舗:代官山/お台場/舞浜イクスピアリ/恵比寿/自由が丘/ららぽーとTOKYO-BAY/表参道/さいたま新都心
※ららぽーと愛知東郷の店舗でのお取り扱いはございません。

提供期間:2021年5月17日~6月下旬終了予定
※仕入れ状況により予告なく終了となる場合があります。

公式サイト:https://monsoon-cafe.jp/

 

エスニック料理の国内での火付け役とも言われているモンスーンカフェ。エスニック好きには堪らないメニューラインナップに、新たに期間限定メニュー3品が加わりました。

気になる方はぜひ公式サイトやお近くにモンスーンカフェに出向いてみてはいかがでしょうか。

Facebook
スポンサードリンク
この記事を書いた人
TORSO JACK編集部です。 人ではなく、人が創り出す「モノ」や「コト」にフォーカスする事を方針として発信しています。
SNSでフォローする