国内のファッションやカルチャーを発信するメディア

「青木被服」ジーニストのためのヒッコリーデニム素材マスク「MY DENIM MASK」登場

この度、青木被服株式会社が展開するデニムブランド「青木被服」

デニムの聖地・岡山県で60年間デニム製品の受注生産を行っているデニムの第一人者でる青木被服が、素材・縫製・デザインの一連の作業すべてを自社で施した完全メイドインジャパンの秋冬デニムマスク「MY DENIM MASK(マイデニムマスク)」を、2020年9月30日10時より販売することを発表しました。

 

青木被服のオリジナル秋冬用デニムマスク「MY DENIM MASK」登場

デニムの聖地・岡山県井原市に本社をおき、60年間にわたりデニム製品の受注生産を行う、1961年に創業した企業。1970年代にはデニム生地生産が活性化し、国内外に自社工場を増設。

2010年にはデザイナーの青木俊樹がブランド「FAGASSENT(ファガッセン)」を創設し、パリとミラノにてメンズコレクションを開始。そのデザインと巧みな縫製技術は海外からも評価を得ています。

そんな青木被服のデニムマスクは、これまでも多くのファンを掴んで来ました。その新作となるのが「MY DENIM MASK」です。

「MY DENIM MASK」は、インディゴと白のストライプの生地が印象的で、ワークウェアの代名詞とも言える”ヒッコリーデニム”を採用しております。

3色展開となっており、どんなコーディネートにも相性が良く、自分のスタイルに合うデザインを選べるようになっている点も特徴。毎日付けるマスクだからこそ自分らしく楽しんでもらいたい、そんな想いから「MY DENIM MASK」と名付けたと青木被服は語ります。

しっかりとしたヘビーオンスのSTONE WASH(ストーンウォッシュ)を施したデニム生地はこれからの寒い時期に肌を乾燥から守ってくれるだけでなく、口元があたる内側部分には抗菌防臭加工が施されたニット素材を使用しているため、デザインだけでなく機能面でも優れたマスク。

デニムが好きな方はもちろん、新しいライフスタイルに合わせてマスクをファッションの一部として取り入
れたい方にも最適なマスクとなっています。

商品詳細は以下の通りです。

 

●AMELIA(アメリア)

リベット付き/3枚 7,200円(税抜)
リベット無し/3枚 6,600円(税抜)
インディゴラインが特徴的な王道のヒッコリーデザイン。ビジネスシーンなどジャケットとの相性が抜群なマスクです。

 

●CHLOE(クロエ)

リベット付き/3枚 7,200円(税抜)
リベット無し/3枚 6,600円(税抜)
細かいストライプが上品な印象を与えてくれるマスク。週末のランチや、おでかけにぴったり。濃い目のデニムパンツと合わせるのがおすすめとのこと。

 

●ASHLEY(アシュリー)

リベット付き/3枚 7,200円(税抜)
リベット無し/3枚 6,600円(税抜)
白いストライプが印象的なヒッコリーです。
肌寒い秋冬の朝に気分を高めてくれるデ
ザインです。

●ショップ概要
店舗名 :青木被服 倉敷本店 (美観地区内)
住所 :〒710-0055 岡山県倉敷市阿知2丁目23-1
営業時間 :10:00~17:30
定休日 :火曜日
お問い合わせ先 :086-441-5019
公式オンラインショップ:https://aokihifuku.base.shop/

 

デニム生地を使い、約60年デニムの制作を行なって来た技術と経験を駆使し、丁寧な縫製で作られたマスクが人気となっている青木被服。

その秋冬の新作、完全メイドインジャパンの「MY DENIM MASK」を、ぜひ一度身に付けてみてはいかがでしょうか。

Facebook
スポンサードリンク
TORSO_JACK編集部
この記事を書いた人
TORSO JACK編集部です。 人ではなく、人が創り出す「モノ」や「コト」にフォーカスする事を方針として発信しています。
SNSでフォローする