国内のファッションやカルチャーを発信するメディア

LAMYのスマートペンなど最新スマート文具が新規オープン予定の体験型店舗「b8ta渋谷店」に登場

アナログとデジタルを繋ぐ専門企業NeoLAB株式会社(読み:ネオラボ、以下NeoLAB)は、2021年11月15日にオープン予定の体験型店舗「b8ta Tokyo – Shibuya」において、ドイツLAMY(ラミー)社の公式スマートペン「LAMY safari all black ncode(ラミーサファリ オールブラック エヌコード)」を出品することを発表しました。

 

LAMYのスマートペンなど3種が「b8ta Tokyo – Shibuya」に登場

NeoLAB(ネオラボ)株式会社は、音声ペン・スマートペンの源泉技術開発・製造及び販売を行うリーディングカンパニーとして、本にタッチすれば音が出る“音声ペン”と紙に書くだけでデジタル化する「Neo smartpen」を提供している企業。

今年9月にグローバルローンチを果たしたLAMY(ラミー)の公式スマートペンは国内のユーザーからも沢山の問い合わせが寄せられているそうで、その多くが「最新スマートペンなどのアイテムを実際に見てみたい」という内容であることから、最新のテクノロジーを堪能出来る「b8ta(ベータ)」の渋谷店のオープンに際して出品が決定したことが発表されました。

「b8ta Tokyo – Shibuya」は、シリコンバレー発の最新ガジェットが体験出来るストアで、2015年に体験型ストアをアメリカ・サンフランシスコ近郊のパロアルトでオープン。

日本では現在有楽町と新宿にストアがオープンしており、2021年11月15日に渋谷に3店舗目がオープン予定となっています。

b8ta公式サイト:https://b8ta.jp/

他にも書いてデジタル!「Neo smartpen」シリーズのペンや、紙に書いただけでデジタル化してGoogleカレンダーなどデジタルカレンダーにも筆記が自動連携することで話題となった紙の手帳「N planner slim 2022」も出品するとのこと。この手帳はLAMYのスマートペンも対応しているアイテムとなっています。

「手帳は紙派だがデジタルでも管理したい」という方に特に本製品を体験して貰いたいとコメントされていました。

 

製品詳細

●「LAMY safari all black ncode(ラミーサファリ オールブラック エヌコード)」
アナログ「ノート」と無限世界とも言える「デジタルノートブック」を繋ぐツールとして、ドイツデザインを代表するLAMY社の世界中で愛されるロングセラーモデル「LAMY safari」から、そのデザインを兼ね備えたままスマートペンとして誕生した、10月発売予定の最新スマート文具です。

 

●N planner slim 2022(エヌ プランナースリム 2022)
紙の手帳「N planner」に「Neo smartpen」で手書きをした予定は、「NEO STUDIO」という無料専用アプリによりノーステップでデジタル化が可能となっています。

更にGoogleカレンダーなどに手書きがテキスト化しながら情報が連動、表示されるという点が一番の特長となっているスマート文具。昨今たくさんのアナログtoデジタルの融合製品に対して、「どのようにシームレスなのか」という点が気がかりとなっている中で、UXの快適さやその連携の価値に注目を集めるアイテムとなっています。

 

●Neo smartpen M1+(ネオスマートペン エムワンプラス)
書いてデジタル!でおなじみのスマートペンの最新版。

数年間Amazon(日本)で属カテゴリのほしいものランキングで上位を占め、近年ではガジェット系だけでなくカルチャーやファッション誌やテレビでも露出が増加しているこの製品は、これまでのスマートペンでは例を見ないバッテリー効率を備え利便性をあげて登場。

会議や学習ふとした時のメモ書きなど利用者それぞれのライフスタイルに普通のペンの様にすっと溶け込み、書くだけでデジタル化し、そのデータの活かし方にこそ集中ができるアナログとデジタルのいいとこどりをした愛着を持っていただける製品です。

日本初上陸となるLAMY社製スマートペンをはじめ、数多くの先進的なスマート文具・ガジェットブランドの最新製品が揃うb8taストア。

日本3店舗目となるb8ta Tokyo – Shibuyaは11月15日にオープン予定となっているので、ぜひオープンの際には立ち寄って最新のスマート文具を体験してみてください。

LAMY smartpen JAPAN:https://www.lamy-smartpen.jp
Neo smartpen出品製品:https://www.neosmartpen.com/jp/

Facebook
スポンサードリンク
この記事を書いた人
TORSO JACK編集部です。 人ではなく、人が創り出す「モノ」や「コト」にフォーカスする事を方針として発信しています。
SNSでフォローする