国内のファッションやカルチャーを発信するメディア

BEAMS(ビームス)が9月29日を「つづく服。の日」として記念日に制定して企画を展開

株式会社ビームスは、服にまつわるサステナビリティを多角的に考え、語り、取り組みをさらに一歩進めていくことを約束する「つづく服。の日」として9月29日(つづく=9、ふく=29)を一般社団法人 日本記念日協会に申請し、認定登録されたことを発表しました。

またこれに合わせて6月に公開していた「つづく服。」プロジェクトのウェブサイトをはじめ、身の回りのモノのライフサイクルを考える「つづく服。」プロジェクトを進めて行くことも告知しました。

 

ビームスが9月29日を「つづく服。の日」に制定

ビームスはサステナビリティ経営方針を掲げ、事業のあらゆるレイヤーにおいてより良い選択を心掛けることを宣言しています。

それと共に、2021年6月に立ち上げた「つづく服。」プロジェクトのウェブサイトでは、ライフスタイルによって大きく変わってくる服や身の回りのモノのライフサイクルについて発信。身近な実例の中にある等身大の理念と行動を、ファッションを楽しむ多くのユーザーへ紹介しています。

ファッション業界はサステナビリティにおいて多くの課題を抱えているとビームスは語ります。実際に、商品製造の過程で出てしまう端切れなどの余剰素材問題や、大量の在庫、服の生産に伴った廃水などによる環境破壊など、様々な問題が挙げられます。

ビームスでは、事業・バックオフィス・コミュニティとの繋がりにおいて、自然環境・資源・エネルギー・心身のウェルネスなどにおける持続可能性と、ビームスと関わる全ての人の幸せを改めて意識したサステナビリティ経営方針を掲げています。

 

ビームスの「つづく服。」プロジェクト

「ファッションを楽しむ人の暮らしにおけるサステナビリティを提案することは、セレクトショップとしてこれまで数多くのライフスタイルを日本のマーケットに提案してきたビームスに課せられた、大きな役割であると考えます。」

そう語るビームスは、企業としての活動における環境への配慮・サステナブルな活動を更に取り組んでいくと語っています。

「つづく服。」では、45周年を迎えたビームスが、ファッションが好きだからこそ行き着いた、現代的で等身大なライフスタイルの数々や、企業・店舗として取り組む活動を紹介していくとのこと。

毎月29日の「服の日」には、ユーザーを含めた皆で考え語ることの出来る企画などを用意する予定となっているそうです。

 

ビームスは2021年で45周年を迎えるそう。6月には「つづく服。」プロジェクトのウェブサイトを公開するなど、サステナブルな活動を積極的に行なってきたビームス。

今回の9月29日「つづく服。の日」の制定は、更にユーザーとビームスが一緒になってサステナブル活動を進めていくいいキッカケになるのではないでしょうか。

ビームスの取り組みなどに興味が湧いたという方などは、ぜひ「つづく服。」ウェブサイトをチェックしてみてください。

●つづく服。ウェブサイト
https://www.beams.co.jp/special/tsuzukufuku/

Facebook
スポンサードリンク
この記事を書いた人
TORSO JACK編集部です。 人ではなく、人が創り出す「モノ」や「コト」にフォーカスする事を方針として発信しています。
SNSでフォローする