国内のファッションやカルチャーを発信するメディア

BEAMS JAPAN(ビームス ジャパン)×焼酎のコラボ「焼酎のススメ。2020」が12月1日開始!

株式会社ビームスが日本の魅力を発信するBEAMS JAPAN(ビームス ジャパン)は、「高橋酒造株式会社」「三和酒類株式会社」「薩摩酒造株式会社」の3社とのコラボレーションで、本格焼酎の楽しみ方を発信するプロジェクト「焼酎のススメ。2020」を2020年12月1日より開催することを発表しました。

2019年の初開催に続いて2度目となる今回のコラボレーションに注目です。

 

「BEAMS JAPAN × 焼酎」の「焼酎のススメ。2020」コラボプロジェクト第2弾開催!

2019年の初開催に続き今回が2度目となる「焼酎のススメ。」プロジェクトは、高橋酒造株式会社の米焼酎「白岳KAORU」、三和酒類株式会社の麦焼酎「いいちこ」、薩摩酒造株式会社の芋焼酎「白波」のそれぞれの美味しさや奥深さに加えて、お酒がある時間の自由で楽しい過ごし方を、架空の「スナック びーむす じゃぱん」より発信。

「焼酎のススメ。2020」のメインビジュアルは、お笑い芸人でありながらアーティストとしても世界から注目されるくっきー!氏による、シュールでどこかかわいい米・麦・芋のイラスト。

それぞれ「白岳KAORU」「いいちこ」「白波」のカップ焼酎のBEAMS JAPANオリジナルパッケージデザインとして、そしてTシャツのデザインとして商品化。

新宿、渋谷、京都のBEAMS JAPAN店舗と、焼酎3種のふるさとである熊本、大分、鹿児島のBEAMS店舗にて販売します。
※熊本・大分・鹿児島ではアパレルグッズのみ販売となります

 

新宿のBEAMS JAPANでは”「スナック びーむす じゃぱん」が新宿ゴールデン街にあったら”という設定でポップアップショップが登場。

今年は新型コロナウイルスの感染拡大で多くの飲食店街が苦境に立たされる中、 BEAMS JAPANからほど近くにある新宿ゴールデン街に思いを馳せたとのこと。お酒の美味しさと楽しさを伝える「焼酎のススメ。」プロジェクトとしても、日本の飲み屋文化を支える人たちを応援すべく、この度名称統一される新宿ゴールデン街で12月1日に披露される新看板のデザインを担当したと発表。

世界中の文化人に愛されてきた唯一無二の存在である新宿ゴールデン街という場所が、今後も変わらず文化をつなぎ、また新たな文化が生まれる街であり続けることを願うと語っています。

今回発売するアパレルグッズは全9種で、くっきー!氏が米・麦・芋を描いたデザインのロングスリーブTシャツの他にも、新宿ゴールデン街の旧看板プリントのロングスリーブTシャツ、さらにはステンシル版画作品で知られる柴切重行さんが「白岳KAORU」「いいちこ」「白波」のふるさとの風景を描いたイラストをプリントしたロングスリーブTシャツが登場。

焼酎3種それぞれの銘柄を刺繍したキャップと、プリントしたトートバッグを、新宿、渋谷、京都のBEAMS JAPAN店舗と、焼酎3種のふるさとである熊本、大分、鹿児島のBEAMS店舗、並びにBEAMS公式オンラインショップにて販売します。​

以下にて、展開アイテムを一部紹介致します。

 

●「焼酎のススメ。2020」アパレルグッズ全9種とカップ焼酎3種

・ロングスリーブTシャツ 柴切重行デザイン/白岳・いいちこ・白波:5,500円(税抜)
・刺繍キャップ 白岳・いいちこ・白波:4,500円(税抜)
・ロングスリーブTシャツ 新宿ゴールデン街旧看板:5,000円(税抜)
・トートバッグ:1,500円(税抜)
・ロングスリーブTシャツ くっきー!デザイン:5,500円(税抜)
・カップ焼酎 200ml 白岳KAORU・いいちこ・白波:300円(税抜)

 

新型コロナウイルス感染拡大の影響による困難が続く中、新宿ゴールデン街で育まれてきた日本特有の飲み屋文化を守ろうと頑張る人たちへ「焼酎のススメ。」プロジェクトが送るエールとして、そこに集った人の記憶に懐かしい新宿ゴールデン街の旧看板をプリントしたロングスリーブTシャツの限定カラー・ブラックを新宿ゴールデン街関係者へ提供したそうです。

 

新宿のお酒のある文化や空間を非常に大切に感じているということが、このコラボレーションから伝わってきます。

本コラボレーションは12月1日より開始となりますので、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

特設サイトURL www.beams.co.jp/special/teamjapan/shochu/
ティザームービーURL(デザイン完成直後のくっきー!さんコメント)https://youtu.be/asfI259-H0Q

Facebook
スポンサードリンク
TORSO_JACK編集部
この記事を書いた人
TORSO JACK編集部です。 人ではなく、人が創り出す「モノ」や「コト」にフォーカスする事を方針として発信しています。
SNSでフォローする