ファッション&カルチャーなど流行を発信するメディア

ゲーム

東京ゲームショウ2023でCROOZ Blockchain Lab・gumi合同発表会で新情報続々発表!

現在注目が集まるブロックチェーンゲーム。

クルーズ株式会社の100%子会社であるCROOZ Blockchain Lab株式会社と株式会社gumiは、共同出展する東京ゲームショウ2023の特設ステージにて、ブロックチェーンゲームについての合同記者発表会を開催。

発表会には2023年にリリース予定となっているファントム オブ キル -オルタナティブ・イミテーション-のアンバサダーに就任したお笑いコンビ「さらば青春の光」のほか、スペシャルゲストとしてコスプレイヤーの「えなこ」さんがゲストとして登壇されました。

 

CROOZ Blockchain Labとgumiが東京ゲームショウ2023にて合同記者発表会を開催

CROOZ Blockchain Labはクルーズの100%子会社として、FINTECH分野の企画やNFTゲームの企画・運用サービス等を行っている企業。

CROOZ Blockchain Labが開発し、EPOCH FACTORYが運営する、PvP等を楽しめるブロックチェーンゲーム「PROJECT XENO(プロジェクトゼノ)」を配信中です。

PROJECT XENOは、GameFiとe-Sportsを融合し、人気YouTuberのヒカルさんやボクシングチャンピオンのマニー・パッキャオさん等の著名人とコラボし、話題となっているゲーム。

5月10日より正式にグローバル配信を開始しており、スマホでプレイ可能なゲームとなっています。

一方gumiはモバイルオンラインゲーム事業とブロックチェーン等事業の2つの事業を展開しており、モバイルオンラインゲーム事業ではオリジナルタイトルのゲームを開発。

他にもIPタイトルとして「ファントム オブ キル」や「ブレイブ フロンティア」といったIPを活用し、新作ブロックチェーンゲームのリリースも発表しています。

 

合同記者発表会では新情報続々発表!

今回東京ゲームショウ2023で行われた記者発表会には、CROOZ Blockchain Lab 代表取締役社長の古瀬祥一さん、gumiのHead of Blockchain Game Businessを務める森田康徳さんが登壇。

お2人は友人同士だそうで、現在タッグを組まれているゲーム等についても、お互いに密接に連携を取りながら進めているのだとか。

古瀬さんは現在のブロックチェーンゲームについて、

「今出ているブロックチェーンゲームって、ゲームとしての魅力が薄いものが多い。日本のゲームユーザーでも楽しく遊べるゲームを作り、そこにWeb3.0要素を入れて“Web2.5”のような立ち位置で展開しようとしていました。
その中でgumiさんも同じアプローチをされていくということを知り、マイナーなイメージのあるブロックチェーンゲームとしての規模ではなく、共同で普通のゲームと同じ位の規模感にしてやっていこうとなったんです。」

とコメント。

よりゲームとして魅力的で面白いブロックチェーンゲームを大きな規模感で開発・展開していくため、タッグを組まれたと話してくれました。

また、今後の目標は日本のブロックチェーンゲームを「世界一」にすることなのだそう。

「現在ブロックチェーン業界トップはベトナムの企業。また、Web2.0ゲームでは中国企業の躍進で日本は劣勢となっているので、PROJECT XENOでこの1年で世界トップになり、正面からこれらの国のゲームと戦っていくことを目標にしています。」

と語られていました。

情報発表に移ると、まずはPROJECT XENOの大型コラボとしてgumiの新作Web3.0ゲーム「ブレイブ フロンティア バーサス」とのコラボのほか「ロックマンX DIVE」とのコラボを告知。

コラボキャラクターの登場や、限定NFT販売などを告知しました。

また、YouTuberのヒカルさんとコラボしたPROJECT XENO初の全国esports大会「ヒカルカップ」の開催も告知。

賞金総額は2,000万円で10月に開催。本大会は参加者全員が同じ条件で対戦する大会となっているそうで、古瀬さんは「今からでも遅くありません!」と、10月13日から始まる予選への参加を募りました。

 

さらば青春の光・えなこが登壇しファンキルオルタナをアピール!

gumiの発表では、2024年にリリース予定の「ブレイブ フロンティア バーサス」のプレセールの開催発等を告知。

また、2023年にリリースが決定した「ファントム オブ キル -オルタナティブ・イミテーション-(以下、ファンキルオルタナ)」のアンバサダーに、お笑いコンビさらば青春の光の森田哲矢さん、東ブクロさんが就任したことを発表しました。

合わせて公式YouTubeチャンネルの開設や、ガバナンストークン「Oshi Token」のGate.io上場も発表されました。

さらば青春の光のお2人は、

「なぜ私たちが、と思っている方も多いかと思いますが、公式YouTubeなどで盛り上げていけたらなと思っています。個人的にゲームがとても楽しみです!」

とコメントされました。

世界各国の神話や伝承・史実に登場する武器や神といった存在が美少女キャラクター「キル姫」として登場する本作品。

ファンキルオルタナは「ファンキル」で登場したキル姫たちを愛でて育成を極め、育成したキル姫をNFT化してのゲーム外への持ち出しや、GameFi要素を通した暗号資産の獲得が可能となる「“Oshi” and Earn」をコンセプトとしています。

愛でれば愛でるほど強くなり、そこから稼ぐことも可能というブロックチェーンゲーム特有の体験が出来る本作。最初は原作キャラクターたちを中心に展開し、今後は様々なコラボを行なっていくそうです。

ここで、コスプレイヤーのえなこさんも登壇。

えなこさんはファンキルのキャラクター「カシウス」のコスプレで登場。

「お話を頂いた時は本当にびっくりしました。(今回着ている)カシウスの衣装は近未来的と言いますか、上着が全部透明で凄い可愛いです!」

とコメント。

さらに、えなこさんはファンキルオルタナとのコラボ第1弾キャラクターとしてゲーム中にも登場することも発表となりました。

ビジュアルは9月23日11時半に開催される「えなこコスプレステージ」にて解禁となります。

えなこさんはコラボキャラクターのビジュアルについて、

「表情に注目して欲しいですね。ちょっと私に寄せてきているなと。ぜひ皆さんのキル姫になったらいいなと思います。」

とアピールされていました。

本当に面白いブロックチェーンゲームで、日本を世界一にしたい。その熱意がこちらまで伝わってきた、東京ゲームショウ2023で開催された合同発表会。

お時間がある方は、ぜひ東京ゲームショウに足を運んでみてはいかがでしょうか。

それぞれの詳細について知りたい方は、各公式サイト等をご覧ください。

PROJECT XENO:https://project-xeno.com/
ブレイブ フロンティア バーサス:https://project-xeno.com/
ファンキルオルタナ公式:https://alterna.phantom-of-the-kill.com/

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事

TORSO JACK編集部です。 人ではなく、人が創り出す「モノ」や「コト」にフォーカスする事を方針として発信しています。

  1. オンラインセレクトストア「60%」アジアのブランドが集まる“ぶちあげセール”メインモデルに「コノリリ」を起用

  2. H&MからEv Bravado・Téla D’Amoreとコラボしたコレクションを発表!

  3. アルファクラブ武蔵野が越谷に1棟貸切のウェディング複合施設「HILLTOP THE SQUARE」をオープン!

RELATED

PAGE TOP