ファッション&カルチャーなど流行を発信するメディア

メンズ

「EDIFICE × Lee × MARKAWARE」スペシャルコラボ第2弾アイテムが登場

株式会社ベイクルーズが運営するEDIFICE(エディフィス)から、Lee、MARKAWARE(マーカウェア)とのトリプルコラボレーションで生まれたスペシャルなアイテムの第2弾が登場。

Leeの名作「101J」がマーカウェアの手によってモダンな印象にアップデートしたアイテムが、1月2日より発売開始となります。

 

「EDIFICE × Lee × MARKAWARE」スペシャルコラボアイテムが発売

“大人のための、洗練されたハイエンドガーメントを提案”という位置づけで、日本製のメンズウェアを発信するブランド「MARKAWARE」は、100年以上の歴史を持つデニムブランド「Lee」とEDIFICEとのトリプルコラボアイテムを発売します。

Leeが発売したカウボーイジャケットは1931年に誕生。以後、永年改良を重ねて生まれた名品「101J」は、今でも多くのデニム好きから愛されている名作。

伝統のフロントのジグザグステッチや、斜めにカットされた胸ポケット、ヨーク、ウエストのアジャスタのネコ目ボタンなど、様々な名デザイナーがインスピレーションを受けたジャケットです。

そんな名品”101J”をベースに、今回のコラボレーションアイテムが開発されました。

 

デニム生地にこだわったデニムジャケット「Lee × MARKAWARE for EDIFICE 101-J」

カラーはワンウォッシュのみで、トルコ産オーガニックコットンをムラ糸に紡績した7番単子を使用。

Leeらしく濃くて青みが強い藍色を出すために、坂本デニムにてインディゴロープ染色12回染めを行いタテ糸にしたそう。

これに同じ7番単子をヨコ糸に打っているものの、厚すぎず薄すぎない、硬すぎず柔らかすぎない程よいデニム生地が完成したとのこと。

そしてもちろん左綾13.5oz(オンス、約380g)デニム生地のため、本モデルのデザインとも相性は抜群と説明しています。

ディティールは1950年代の意匠を踏襲。通称「センター黒タグ」をベースにしたコラボネームにも注目です。

伝統的なディテールは踏襲し、完全オリジナルシルエットに仕上げた今作は、セルビッチが通ったビンテージ感あるデニムを、現代的なオーバーサイズに仕上げている点も特徴の1つ。

22年夏にリリースし完売を記録した「101Z」とセットアップでの着用も可能になっています。

 

アイテム販売詳細

●発売日:2023年1月2日
※オンラインストアでは2023年1月1日 10時〜

●販売店舗:
EDIFICE Online Store (https://baycrews.jp/brand/detail/edifice)
EDIFICE 各店
PARKING (MARKAWARE/marka 直営店)
MARKAWARE.jp (MARKAWARE/marka オンラインサイト https://markaware.jp)
Lee Online Store (https://lee-japan.jp/)

 

EDIFICE、Lee、MARKAWAREのトリプルコラボで製作したデニムジャケット「Lee × MARKAWARE for EDIFICE 101-J」は、1月2日(オンラインストアは1月1日10時)より発売開始となります。

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事

TORSO JACK編集部です。 人ではなく、人が創り出す「モノ」や「コト」にフォーカスする事を方針として発信しています。

  1. ゴールデンボンバーが銀髪に!「got2b ボンディング・メタリックス」新WEB CMが4月17日より公開

  2. SOMPOホールディングスが対談番組「もっと介護のハナシをしませんか?」公式YouTubeにて配信開始

  3. 町田でハワイを体験しよう!グランベリーパークで「Grandberry FES. 2024」開催

RELATED

PAGE TOP