ファッション&カルチャーなど流行を発信するメディア

メンズ

「Gap」水原希子・Cooper Kochを起用したSummer 2024グローバルキャンペーンを発表

常にモダンなアメリカン・カジュアルを提案し続ける、世界的なカジュアルファッションブランドGap(ギャップ)は、女優・アーティストして活躍する水原希子さんと、俳優のCooper Koch(クーパー・コック)さんを起用したSummer 2024グローバルキャンペーンを、2024年5月30日にローンチすることを発表しました。

 

Gapが水原希子とクーパー・コックを起用したグローバルキャンペーンを開催

「Our classics. Your canvas. 自分らしく、白をまとう」をコンセプトにしたGapのSummer 2024グローバルキャンペーンは、個々のユニークなスタイルやクリエイティビティやオリジナリティを支持しています。

キャンペーンに登場するキャストの2人は、ニュートラルカラーを基調としたTシャツやデニムといったクラシックなGapのアイコンアイテムを纏い、真っ白なキャンバスに着る人の個性をミックスさせてオリジナリティを表現。

水原希子さんは、個性や多様性、オリジナリティについてインタビュー動画でコメント。

「素晴らしい個性をもっと表現するために、私は自分の好きなことだったり、好きなものというのを大切に考えることが大事だと思います。そこから受けた影響がそのままファッションにも表れると思うので。好きな音楽だったり、好きなカルチャーだったり。ファッションだけでなく、自分の心を喜ばせてくれるもの、そういうところにフォーカスすると、すごく素敵な洋服を纏うことができると思う。」

とコメント。

ホワイトコーデを楽しむ秘訣については、

「白という色は、すごく純粋な真っ白なパレットの様なものなので、私は色を加えたり、いろんなエッセンスを加えていくことで楽しむことができると思う。私だったら、真っ白なドレスに凄くカラフルなTシャツを中に着たりだとか、真っ白なドレスにかわいいバッグをもったり、白いTシャツにジーンズも素敵ですし。白はどんな色でもブレンドするし、真っ白な、まっさらな気持ちにしてくれるので、いろんな楽しみ方ができるんじゃないかなと思います。」

と話しています。

クーパー・コックさんは、

「パーソナルスタイルとは、何がどう見えるかということではなく、自分らしく感じること。」

とコメント。

水原希子さんが着用しているのは、コットンリネンテクスチャータンクトップ、カーゴパラシュートパンツ、新発売のウルトラソフトバギーデニム、リネンミディワンピース、クロップドポプリンシャツ、ハンカチーフヘムミディスカート、100%リネンボーイフレンドシャツなどの最新サマーアイテム。

クーパー・コックさんは、ヴィンテージソフトフルジップパーカーやベーシックタンクトップを着こなしています。

GapのSummer 2024グローバルキャンペーンは、5月30日よりデジタルメディア、屋外広告、動画、ソーシャルなど、Gapブランドの各チャネルで随時公開。

詳細については、@Gapと@gap_jpをフォローしてご参照ください。

 

Gap Summer 2024 グローバルキャンペーン詳細

●キャンペーン動画

●インタビュー

Gap公式オンラインストア特設ページ:https://www.gap.co.jp/gap-the-summer-lookbook

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事

TORSO JACK編集部です。 人ではなく、人が創り出す「モノ」や「コト」にフォーカスする事を方針として発信しています。

  1. 「QurioStore」からポップなTシャツで英文法が学べるTシャツ2種が発売開始

  2. オンラインセレクトストア「60%」アジアのブランドが集まる“ぶちあげセール”メインモデルに「コノリリ」を起用

  3. H&MからEv Bravado・Téla D’Amoreとコラボしたコレクションを発表!

RELATED

PAGE TOP