国内のファッションやカルチャーを発信するメディア

サステナブルで革新的な素材を取り入れたH&Mスプリングコレクション登場

世界的にサステナブルが叫ばれ、古くなったものを素材として活用したり(リサイクル)、別のモノへ生まれ変わらせたりアップサイクル)、再利用したり(リユース)と、様々な方法で天然資源の消費を抑える努力を行なっています。

世界的アパレルブランドのH&Mでは、 世界全体が天然資源の枯渇や人口増加、気候変動などの課題に直面する中、 天然資源に頼らずに廃棄物を出さない「循環型ファッション」に向けて業界全体の変革をリードすることを目指し、様々な取り組みを実施。

その取り組みをさらに押し広げるため、H&Mは2021年春、よりサステナブルかつ革新的な素材を使用した最新のスプリングコレクションを発表しました。

 

H&Mの2021新作スプリングコレクション発表

H&Mが今回発表した新作のスプリングコレクションは、90年代の無造作なミニマリストファッションからインスピレーションを得たもの。

ボリューム感とイージーオーダー風の仕立てに緩さを残したアイテムには、ジャケットやサイドにルーシュ(ひだ状のディテール)のついたスリップドレスに、パッチポケット付きでノースリーブのデニムベスト、ショートスリーブのスウェットパーカ、ウエストゴム付きのショートパンツ、デニムやトレンチコートなど全23型を展開。

カラーには、コーディネートに組み込みやすいシンプルかつニュートラルなベージュ、エクルー、グレー、ブラックなどが揃い、好みに合わせた様々なスタイリングが可能となっています。

 

このスプリングコレクションアイテムに使われている素材には、オーガニックコットンやオーガニックリネンの他、食用作物ごみ(この場合は搾油用の麻種子)を再利用して製造された天然繊維、「Agraloop™ Biofibre™(アグラループ・バイオファイバー)」などを使用。

従来のものと比べて環境負荷の少ない素材や、廃棄物を活用した素材をアイテムに起用することで、環境への悪影響を減らすだけでなく、天然資源に依存しない循環型ファッションを推し進めることを目的としています。

さらに、オーガニックコットンのクロップドパンツやデニム、ノースリーブシャツに加え、ドライな手触りのオーガニックリネンなどサステナブルな素材を使用したものを取り揃えています。

中には水や化学物質の使用量を削減するために未染色のアイテムもあり、これらは2030年までにリサイクル、またはサステナブルに調達された素材のみを使用するという、H&Mの掲げる目標を反映したものとなっています。

下記にて、スプリングコレクションのアイテムを一部紹介致します。

 

コレクションアイテム紹介

●ジャケット

価格:5,999円
素材:テンセル™リヨセル、リサイクルナイロン一部使用

 

●ロングワンピース

価格:5,999円
素材:テンセル™リヨセル、オーガニックリネン一部使用

 

●ノースリーブシャツ

価格:2,499円
素材:100%オーガニックコットン

 

●クロップドパンツ

価格:3,999円
素材100%オーガニックコットン

 

●発売日:3月中旬より順次発売
商品型数:全23型
商品価格帯:999円~9,999円
展開店舗:全国の店舗および公式オンラインストア(hm.com)

キャンペーンサイト:
https://www2.hm.com/ja_jp/ladies/shop-by-feature/
1103a-spring-of-natural-innovations.html

 

H&Mの春を飾るコレクションは、サステナブルな天然素材や再利用素材を使用したコレクション。サステナブルな社会に向けて、日々活動を続けるH&Mの成果の一つと言えます。

私たち消費者も、こういったサステナブルなアイテムを購入し、サステナブル活動に貢献することが求められる社会になりつつあります。

H&Mのスプリングコレクションが気になった方は、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

Facebook
スポンサードリンク
TORSO_JACK編集部
この記事を書いた人
TORSO JACK編集部です。 人ではなく、人が創り出す「モノ」や「コト」にフォーカスする事を方針として発信しています。
SNSでフォローする