国内のファッションやカルチャーを発信するメディア

常設店舗に人が絶えない韓国セレクトストア「RAUCO HOUSE(ラウコハウス)」が日本再上陸

「韓国ファッション」の流行りを牽引し、インスタグラムを中心にミレニアル世代から注目を集める「RAUCO HOUSE(ラウコハウス)」が、アジアの日本未上陸ブランドを集約するオンラインセレクトストア「60%(シックスティーパーセント)」での販売を開始したことを発表しました。

韓国ストリートを牽引するブランドが60%にて、2度目の日本上陸となります。

 

韓国で大人気の「RAUCO HOUSE」登場

「RAUCO HOUSE(ラウコハウス)」は韓国・ソウルで誕生し、ソウルにある常設店舗には常に長蛇の列が出来ており、人が絶えない韓国ストリートを牽引する話題のセレクトショップ・ブランド。

SNSを中心に有名モデルが撮影メンバーを担当しており、「RAUCO HOUSEの商品の買い方」が各オンラインメディアで特集されるなどの人気ブランドとなっている。

2021年3月に60%(シックスティーパーセント)で日本初上陸を果たすこととなったRAUCO HOUSEが、今回新たな商品と共に上陸することが発表されました。

60%では、RAUCO HOUSEのアイテムを90商品販売中となっています。

定番アイテムのTシャツやキャミソール、パンツのほか、ストリートアイテムらしいパーカーやスウェットパンツなど、幅広いアイテムが発売中。

全体的にオーバーサイズなシルエットのものが多く、グランジテイストのアイテムも取り揃えていることが特徴の1つ。

ストリートアイテムが好きな方、韓国ファッションに興味がある方は必見です。

●RAUCO HOUSE販売ページ:
https://www.sixty-percent.com/
collections/raucohouse

 

60%とは

60%(シックスティーパーセント)は、アジア10カ国から約200ブランド以上を取り揃えるオンラインセレクトストアです。

「アジアンストリート」を提唱するオンラインストアとして展開しており、現在は韓国や台湾、インドネシア等をはじめとするアジア拠点のハイエンドなストリートブランドのみを取り揃えています。

これらのブランドは日本未上陸のものが多く、そういったブランドを集めて日本国内で販売しているという点でも、国内では希少性が高い服を購入出来る店舗として注目を集めています。

入店ブランドは世界各国のコレクションに参加しているブランドや、各アジア諸国で人気を博すブランドということもあり、海外のトレンドとなっているブランドのアイテムをチェックすることが出来ると、若い世代を中心に利用ユーザーも増えてきています。

現在公式インスタグラムのフォロワーは3万人を超えています。

https://www.instagram.com/sixtypercent_official/

 

韓国で大人気のRAUCO HOUSEは、オンラインメディアで購入方法が特集される程の人気を誇るセレクトショップ。連日長蛇の列が並ぶ程の反響を得ているブランドが、3月の初上陸に続き上陸します。

気になる方はぜひ60%の販売ページをチェックしてみてはいかがでしょうか。

Facebook
スポンサードリンク
この記事を書いた人
TORSO JACK編集部です。 人ではなく、人が創り出す「モノ」や「コト」にフォーカスする事を方針として発信しています。
SNSでフォローする