国内のファッションやカルチャーを発信するメディア

ベルリン発のブランド「HxCx takashi ito」2021春夏展開予定の初コレクションを発表

2021年春夏シーズンよりコレクションの展開をスタートする「HxCx takashi ito(エイチシー タカシイトウ)」は、2020年10月15日、16日に渋谷のSOCIAL TOKYOで展示会を開催し、初コレクションを披露することを発表しました。

またそれに合わせ、先行販売も兼ねたポップアップストアも期間限定でオープンするとのこと。細部にまでこだわり抜いたアイテムラインナップは必見です。

 

「HxCx takashi ito」ベルリン初のメンズファッションブランド始動

「HxCx takashi ito(エイチシー タカシイトウ)」は2019年にデザイナーの城戸孝氏により立ち上げられたファッションブランドで、ベルリンにヘッドショップを持つなど海外カルチャーを取り入れたデザインが特徴となっています。

そのHxCxは2021年春夏シーズンよりコレクションをスタート。国内外で長年培われたデザイナーの感性により、現在と自身が体験したアンダーグラウンドカルチャーの両方を独自に解釈したデザインがベースとなっています。

初コレクションながら、Tシャツ・スウェット・ジャケット・シャツ・パンツなどに加え、ベルト・バッグ・ソックス・キャップ・ジュエリーなどフルラインナップが揃うHxCxのアイテムは、「流行に左右されず、本当に気に入ったものを長く着て欲しい」という思いが込められています。

 

ロゴやキャラクターのデザイン、生地選びなどすべて自分たちでおこない、ボディもHxCxオリジナルで既存のボディは使用していないそう。

ボタンへのロゴ刻印、デニムのレザーパッチ や赤タブもオリジナルデザインで、ブランドタグの素材やサイズタグのフォントなど、細部にまでこだわっているとのこと。

また、すべてのアイテムにはオリジナルショッパー、ジュエリーにはオリジナルポーチ、ジャケットにはオリジナルハンガーが付属するなど、非常に強いこだわりがあることが伝わってきます。

 

●ブランドコンセプト
HxCxのブランドコンセプトは「自由」

名称は、エイチシーと読んでもらう
HxCxは、パンクというファッション化された既成概念のパンクファッションではなく、Punk is an attitude という言葉があるように、エレガントなスタイルの中にもパンクという姿勢を取り込んだデザインで表現していく
Anyone Can Do It = 誰だってやれる
Do It Yourself = 自分達でやる
既成概念にとらわれずに自分達の信念を持ってデザインし続けること
いろんな人のいろんなパンクファッションの解釈があるが、「新しい何かを作り出していく」という姿勢でやっていくのが、HxCxである

お問合せ先
メールアドレス:info@hxcx-takashiito.com
公式サイト:http://hxcx-takashiito.com

 

デザイナーの城戸氏は、ロンドンやベルリンでヘアサロン、レストラン、バーなどを次々とオープンするなど、現在も計5店舗を経営している方で、さらなる探究心やチャレンジ精神、自身のDIY精神から、独自で服作りを始め、自身のキャリアの集大成として2019年にHxCxを立ち上げたのだそう。

一部公開されたコレクションアイテムは個性的で注目が集まること間違いなしのアイテムばかり。興味がある方は公式サイト等で詳細をご確認ください。

また、10月28日から11月3日までの期間中、西武池袋本店に期間限定のポップアップストアを出店し、先行販売を行うことも決定しています。

HxCxのアイテムを発売前に手に取り購入する機会となりますので、ぜひポップアップストアへ足を運んでみてはいかがでしょうか。

Facebook
スポンサードリンク
この記事を書いた人
TORSO JACK編集部です。 人ではなく、人が創り出す「モノ」や「コト」にフォーカスする事を方針として発信しています。
SNSでフォローする