国内のファッションやカルチャーを発信するメディア

ライフスタイル

2年ぶりに復活!最大92%オフが10日間続く夏の「ららぽーとバーゲン」7月1日より開催

三井不動産商業マネジメント株式会社が運営する三井ショッピングパーク ららぽーと全国17施設(TOKYO-BAY、柏の葉、豊洲、立川立飛、横浜、海老名、湘南平塚、新三郷、富士見、磐田、沼津、名古屋みなとアクルス、愛知東郷、甲子園、和泉、EXPOCITY、福岡)は、2022年7月1日〜7月10日までの期間、2年ぶりに開催となる「ららぽーとバーゲン」を開催すると発表しました。

 

ららぽーとで2年ぶりに「ららぽーとバーゲン」復活開催!

「ららぽーとバーゲン」は、昨今の情勢により外出が難しくなった2020年から「マナーバーゲン」に名称を変更。

来館者の分散企画や先行セールを含め、1カ月間にバーゲンを長期化するなど、新しい生活様式に対応した買い物の楽しみを提供してきたとのこと。

しかし2022年は、各種対策を引き続き実施しながらも、約2年ぶりに「ららぽーとバーゲン」に名称を戻し、夏のバーゲンを開催します。

 

paypayでお得なクーポンなどもプレゼント!

また、ららぽーとバーゲンに先立ち2022年6月20日~6月30日の期間中、ららぽーと各施設の対象店舗において、PayPayポイントが最大5%戻ってくるクーポンな、どPayPay支払いでおトクなキャンペーンも実施するとのこと。

期間中、事前にPayPay内でクーポンを取得して、対象店舗にてPayPayを利用の上で支払いをすると、5%分のPayPayポイントが後日付与されるというものとなっています。

 

三井不動産グループが運営する商業施設では、昨今の情勢による感染拡大防止のため、そして安心して訪れてもらえるよう、下記をはじめとした様々な取り組みを実施中です。

全国17施設が対象となり、店舗数合計が約1400以上が参加となるららぽーとバーゲン。おトクがいっぱいの10日間に、ぜひ近隣のららぽーとに足を運んで欲しいと説明しています。

 

ららぽーとバーゲン開催店舗

今年のバーゲン期間は、7月1日〜7月10日までの10日間開催。夏のアイテムをおトクに購入する絶好の機会です。

各施設情報:
TOKYO-BAY:約145店舗 最大80%オフ
柏の葉:約31店舗 最大70%オフ
豊洲:約67店舗 最大70%オフ
立川立飛:約72店舗 最大92%オフ
横浜:約106店舗 最大87%オフ
海老名:約102店舗 最大70%オフ
湘南平塚:約100店舗 最大70%オフ
新三郷:約50店舗 最大90%オフ
富士見:約121店舗 最大70%オフ
磐田:約76店舗 最大70%オフ
沼津:約75店舗 最大70%オフ
名古屋みなとアクルス:約83店舗 最大80%オフ
愛知東郷:約100店舗 最大70%オフ
甲子園:約50店舗 最大70%オフ
和泉:約96店舗 最大70%オフ
EXPOCITY:約101店舗
福岡:約90店舗 最大70%オフ

※参加店舗数は6月17日現在のものであり、変更になる可能性があります。
※EXPOCITYは最大オフ率のみ非公表となります。

 

全国のららぽーと全17施設で、7月1日から開催される「ららぽーとバーゲン」は、最大92%オフになる店舗も存在する、非常にお得に買い物をすることが出来る期間となります。

ららぽーとバーゲン期間中は、ぜひお近くのららぽーとに足を運んでみてはいかがでしょうか。

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事

TORSO JACK編集部です。 人ではなく、人が創り出す「モノ」や「コト」にフォーカスする事を方針として発信しています。

  1. 植物由来のサステナブルレザーブランド「LOVST TOKYO」初となるグレープレザーバッグを発売

  2. 「GLOBAL WORK × サーティワン アイスクリーム」コラボアイテム第2弾が発売

  3. 人気YouTuber「ばんばんざい」がモノマネしたパロディ動画の元ネタ「ホッ系女子」とは?

RELATED

PAGE TOP