国内のファッションやカルチャーを発信するメディア

テレワークや動画鑑賞にこのイヤホン使ってみない?NOKIAから極上のワイヤレスイヤホン登場

昨今の情勢の変化により、仕事での打ち合わせや会議がオンラインになったり、テレワークで仕事をするという方がまだまだ多いのではないでしょうか。

そんな時、家族がいたり他に音が聞こえないようイヤホンをして仕事をすることもまた多くなりますが、使う機会が多くなってきたからこそ、品質の良いものを使ってみませんか?

AFUストアは2020年2月5日より、クラウドファンディングサービス「GREEN FUNDING」にて、完全ワイヤレスイヤホン「NOKIA P3802A」の先行販売を開始したことを発表しました。

NOKIA(ノキア)の最新ワイヤレスイヤホン「NOKIA P3802A」先行販売開始

世界的通信メーカー「NOKIA」は、フィンランド・エスポーに本社を置く、通信インフラ施設・無線技術を中心とする開発ベンダー。

そのNOKIAブランドを掲げた、こだわりの上質完全ワイヤレスイヤホン第2弾の生産が決定したことを発表。AFUストアはクラウドファンディングサービスの「GREEN FUNDING」にて、先行販売を開始しました。

好評だった完全ワイヤレスイヤホン第1弾「NOKIA E3500」のシンプルな美しさをそのままにし、第2弾「NOKIA P3082A」ではNOKIAのこだわりをより追求したアイテムとなっています。

NOKIA P3082AはBluetooth5.1に対応しています。Bluetoothのバージョンアップで向上する機能は、主に安定性・通信速度・接続距離・省電力機能。

より安定した音楽、より素早いペアリングにより、ワイヤレス特有の煩わしさをカバー。コーデックはapt-X以外に対応しています。

また、音の歪みが少ないとされるダイナミック型のドライバーユニットの大きさは、業界最大級の直径12.5mm。

低・中・高あらゆる音域に強く、音符をそのまま表現するHi-Fi音質を実現し、360°から聞こえる立体サウンドでよりパワフルな臨場感に包み込まれます。

第1弾にはなかったANC(アクティブノイズキャンセリング)を搭載しており、不必要なノイズを低減してくれる機能が盛り込まれています。

 

また、マイクも搭載しており、周囲の雑音を取り込む外側マイク、それらを打ち消す音を発する内側マイクの他に、装着者の声を取り込む3つ目の外側マイクが搭載されています。

通話時にのみ自動でオンになるENC(エンバイロンメントノイズキャンセリング)という機能も備えています。これにより、エンバイロンメント=自然の音(走行中にマイクにあたる風切り音など)を軽減することで、よりクリアな音声通話が可能となっています。

 

また、電源が近くにない状態での使用についても、最長6.5時間の稼働時間と、4回フル充電が可能な収納ケースの720mAhバッテリーによる充電機能により、最長32.5時間の使用が可能となっています。

フル充電までは2時間必要なものの、一度フル充電すれば6.5時間使えるため、仕事にも長時間の動画視聴などにも十分耐えられるものとなっています。

 

これらの高性能な機能が付いていながら、価格は7980円からとなっており、市販のイヤホンを使用するよりも遥かにコスパが良いことは疑い用がありません。

世界的な携帯端末メーカーが手がけるワイヤレスイヤホンの第2弾として登場したNOKIA P3082Aのアイテム詳細については以下でご紹介致します。

 

●NOKIA P3082A

先行販売価格:数量限定7,980円~

 

その頑丈さと拡張性の高さから、世界中で未だ愛好家が多いNOKIAの通信機器端末。次世代通信の5Gを機に、再度注目を集めているメーカーでもあります。

そんなNOKIAが開発した高性能ワイヤレスイヤホンの第2弾ですが、使いやすさや機能性の高さから、第1弾であるNOKIA E3500は人気となっています。

その発展型であるNOKIA P3082Aは更に機能をブラッシュアップしたことで、テレワークも趣味での使用でも、幅広く活躍するアイテムであることは疑い用がありません。

ワイヤレスイヤホンをまだ使ったことがない方や、新しく買い換えようと考えている方は、ぜひNOKIA P3082Aのプロジェクトページから詳細をチェックしてみてはいかがでしょうか。

プロジェクトページ:
https://greenfunding.jp/afustore/projects/4529/

Facebook
スポンサードリンク
TORSO_JACK編集部
この記事を書いた人
TORSO JACK編集部です。 人ではなく、人が創り出す「モノ」や「コト」にフォーカスする事を方針として発信しています。
SNSでフォローする