国内のファッションやカルチャーを発信するメディア

キーワードは「海とサステナブル」リビエラSDGsフェスをオンライン開催決定!

心豊かなライフスタイルを提案するリビエラグループは、2021年1月31日に「第1回リビエラSDGsフェス in リビエラ逗子マリーナ」を開催することを発表しました。

このフェスのテーマは「海とサステナブル」となっており、医師・ファッションディレクター・小学生・大学教授・プロセーラー・環境活動家・知事・区長など様々な登壇者が講演やトークセッションを行う内容となっており、オンライン配信にて実施します。

「第1回リビエラSDGsフェス in リビエラ逗子マリーナ」実施!テーマは「海とサステナブル」

今回の「第1回リビエラSDGsフェス in リビエラ逗子マリーナ」を主催するリビエラグループは、1926年創業のアメリカ・ロサンゼルスの名門ゴルフコースであるザ・リビエラカントリークラブをフラッグシップとし、国内ではマリーナ事業・不動産売買、管理・高級会員制クラブ・ホテル・レストラン・イベントプロデュース・ウェディング事業を手がけ、心豊かなライフスタイルを提案する一大グループ。

そのリビエラグループ主催のフェスである「第1回リビエラSDGsフェス in リビエラ逗子マリーナ」は、リビエラ逗子マリーナにて開催。

※SDGs=SDGsとは、「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称で、国連加盟193ヵ国が2030年までに達成すべき世界的な目標です。2015年9月の国連サミットで採択され、持続可能な世界を実現するための17のゴールと169のターゲットから構成され、地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。

 

海を目の前にした会場から「海とサステナブル」をキーワードに、医師・ファッションディレクター・小学生・大学教授・プロセーラー・環境活動家・知事・区長など様々な登壇者が講演やトークセッションを行うなど、新たな連携を生むイベントとなっているとのこと。

また、イベント内ではSDGsに関する作品を募集する「リビエラSDGs作品コンクール」も同時に開催し、受賞作品も発表するそうです。

美しい海・環境を守り次世代に繋げるため、SDGsをツールに語り・考え、地域から日本そして地球の未来を見据えリビエラはアクションすると発表しています。

今回のフェスが開催される「リビエラ逗子マリーナ」は、日本有数のマリーナとして1971年に誕生した敷地面積5万坪を誇るマリーナです。

ヨットハーバー、ホテル(11室)、レストラン(3店舗)、バンケット(5会場)、マンション(9棟 約1,300室)、チャペル、テニスコート(4面)等の施設を有する、リビエラグループが神奈川県逗子市で展開するマリーナリゾートです。

このフェスは2021年3月26日・27日開催予定の「ジャパンSDGsアクションフェスティバル(仮称)」を広く知ってもらうためのサテライトイベントとのこと。

また、第2回の開催も2021年初夏頃に決定しているそうです。

以下、オンラインフェスの開催概要となります。

 

●「第1回リビエラSDGsフェス in リビエラ逗子マリーナ」

日時   :2021年1月31日9:30~
参加方法 :公式ホームページより申込
公式HP   :  https://www.riviera.co.jp/sustainability/event/sdgsfes_01
場所   :リビエラ逗子マリーナ 特設会場よりオンライン開催
住所   :神奈川県逗子市小坪5-23-9
テーマ  :大自然と共に心豊かに生きる ~環境・教育・医療~
キーワード:海とサステナブル
内容   :リビエラ逗子マリーナならではの海を目の前にした会場から様々な方々が登壇するオンラインSDGsイベント。「リビエラSDGs作品コンクール」受賞作品発表も同時開催。
<主催>リビエラSDGsアクション実行委員会

 

美しい海が目の前に広がる絶好のロケーションであるリビエラ逗子マリーナにて開催される、「第1回リビエラSDGsフェス in リビエラ逗子マリーナ」

海とサステナブルというキーワードを元に行われ、美しい環境や海を守ることの大切さを伝えていくフェスとなっています。

SDGsに賛同する多くの方が枠組みを問わず集まることが出来る場を設けるというのは、非常に素晴らしい取り組みだと言えます。

地球の環境問題やサステナブルに関心を寄せている方は、このオンラインフェスをチェックしてみてはいかがでしょうか。

Facebook
スポンサードリンク
TORSO_JACK編集部
この記事を書いた人
TORSO JACK編集部です。 人ではなく、人が創り出す「モノ」や「コト」にフォーカスする事を方針として発信しています。
SNSでフォローする