国内のファッションやカルチャーを発信するメディア

暑い夏でも冗談抜きで涼しい「ふざけた程に透けてるマスク」新色追加で一般販売スタート

株式会社アイディールカンパニーは昨年度5万枚以上のセールスを記録した涼マスクの改良版「RYO MASK ACTIVE」を、クラウドファンディングサービスのMakuakeにて先行発売し、多くの支持を得ました。

その人気を博したモデルと新カラーバリエーションが、8月より一般販売することを発表しました。

 

酷暑を乗り切る涼しいマスク「RYO MASK ACTIVE」一般発売開始

連日30度を超える暑い日が続く中、現在の情勢によりマスクを着けることが半ば当たり前となっている昨今。

「今もこれからも、将来的にも使えるマスクを」という想いで、2020年に「ふざけたほど透けているマスク、涼マスク」をリリースしたのが、株式会社アイディールカンパニー。

縫製を主に行う企業で、車両関係・インテリア関連グッズ・ファッションアイテムなど、多種多様な分野の縫製を行なっているプロフェッショナルです。

2020年に発売し大きな反響があった涼マスク。購入したユーザーの声をキッカケとして、涼マスクの改良版「RYO MASK ACTIVE」をリリースすることになったと発表しました。

2020年に発売したファーストモデルから改良したキッカケとして、

「夏場に生まれて初めてマスクをつけました。マスクが嫌いな私でも使えたマスクです」

という嬉しい声を貰い、他にも「これから先もきっとつけ続けたいマスクです」というコメントがあったことを説明。しかし、それと同時に「もっとフィット感が欲しい」という改良を望む声も届いており、それが今回改良版を発売することになったキッカケなのだとか。

寄せられた声から改良したポイントとして、「口回りに空間を持たせる」「顔へのフィット感を持たせる」
「フィルターをズレにくくする」「フィルターの取り外しを安易に」「柔らかな生地を活かし立体感を」「ノーズワイヤーを搭載」といった部分を改善。

なんとこれらの部分の改良にサンプルを40点以上も作り試行錯誤したのだとか。

マウスフィルターは取り外し交換が可能となっており、いつでも清潔な状態を保てるようになっています。

フィルター自体は三層構造で、表面は柔らかなふんわりとした素材で出来ています。

水分染み込みを減らすために撥水性をもったフィルターとなっており、呼吸のしやすさと飛散防止のバランスを考えた作りとなっているそうです。

 

涼しくするためメッシュで出来たマスクは多数存在しますが、メッシュだけでは当然飛散防止が出来ません。

そこで取り替え可能なマウスフィルターで飛散を防止するという発想に至ったのだそう。

マウスフィルターは口周りだけなので飛散防止をしながらも涼しい特殊構造となっており、このマウスフィルター構造により一般的なマスク比べ、顔が蒸れる面積が軽減されます。

これにより、フルカバーマスクでありがちな「息苦しさ」「蒸れ」「汗の付着」を抑えることが出来ます。

 

鼻や顔の形に合わせてマスク上部に内臓されている、形状記憶するノーズワイヤーで自由に調整が可能となっています。

顔や鼻の形は人それぞれですが、自分に合った形状に調節することでフィット感が良く快適な着け心地を実現しています。

 

「RYO MASK ACTIVE」はメッシュによる涼しさと、3D構造による息のしやすい快適さ、調節機能によるフィット感により、スポーツシーンで真価を発揮します。

ランニング・トレーニング・登山などシーンで活躍するとのこと。「比べてみてください。快適さに驚くはずです」と、アイディールカンパニーは自信をのぞかせます。

 

商品詳細

●RYO MASK ACTIVE

素材:ポリエステル
カラー:・SILVER GRAY・ARMY GRAY・BEIGE・WHITE(4色展開)
サイズ:S、M
知的財産:実用新案取得済 (出願番号:実願2020-002611)
規格:洗える制菌布マスク 涼マスク
形状:立体型3Dフィット
生産国:日本製-愛知県長久手市(自社工場)
フィルター:高機能フィルター(ポリプロピレン)中国製 ※使い捨て
販売価格:2420円(税込)
入数:本体一枚+高機能フィルター(30枚入り)
送料:2200円(税込)以上で無料配送

アイディールカンパニーが自信を持って提供する、涼マスクの改良版「RYO MASK ACTIVE」

8月よりオンラインストアの「アイディールストア」にて一般発売を開始したほか、取り扱い店舗の募集も行なっているそう。Makuakeで入手出来なかったり、興味を持ったというかたは、ぜひオンラインストアをチェックしてみてはいかがでしょうか。

公式オンラインストア:https://ideal-store.jp/

Facebook
スポンサードリンク
この記事を書いた人
TORSO JACK編集部です。 人ではなく、人が創り出す「モノ」や「コト」にフォーカスする事を方針として発信しています。
SNSでフォローする