ファッション&カルチャーなど流行を発信するメディア

イベント

有楽町駅前に開設するメディアアートとテクノロジー施設で「わたしのからだは心になる?」展が8月30日より開催

東京都では「持続可能な新しい価値」を生み出す「Sustainable High City Tech Tokyo = SusHi Tech Tokyo」を推進する取組の一環として「SusHi Tech Square」1階フロアを2023年8月30日より開設。

オープニングとなる第1期展覧会として「わたしのからだは心になる?」展を、開設日となる8月30日より開催することを発表しました。

 

SusHi Tech Squareで8月30日「わたしのからだは心になる?」展が開催

 

SusHi Tech Squareとは

東京都では、未来を見据えた様々な施策を実施中。東京都に住む都民一人ひとりが輝くための施策、東京の緑の価値を高めて100年先の未来へ繋ぐための施策等、よりよい未来へ向けた試みを行なっています。

それら施策の中で、東京都は「持続可能な新しい価値」を生み出す「Sustainable High City Tech Tokyo=SusHi Tech Tokyo」を推進する取組の一環として、有楽町駅前にてSusHi Tech Squareを開設します。

最先端のテクノロジーや多彩なアイデア・デジタルノウハウにより、世界共通の都市課題を克服する「持続可能な新しい価値」を生み出すSusHi Tech Tokyoを発信する場として、東京の持つ強みやポテンシャルをワンブランドで展開することで、東京の価値を国際社会に浸透させていくことが狙い。

SusHi Tech Square 1階は自由な活動が可能な空間「Space」として8月30日に開設、2階・3階は2023年秋頃にプレオープン予定となっています。

今回本施設の開設に合わせ、8組のクリエイターによる展覧会「わたしのからだは心になる?」展を開催することが発表されました。

 

「わたしのからだは心になる?」展が開催

本展覧会が開催される「SusHi Tech Square」の1階は、アートとテクノロジーを触媒に、常識や固定観念を覆す新鮮な視点を一人ひとりが発見し、日々の生活や思考を自由にする創発拠点として場を提供。

未来の価値を共に創造していく展覧会シリーズ「PASs(Playground for Alternative Seeds)=新たな種を育む思考の遊び場」を今後継続的に開催予定となっています。

オープニングとなる第1期展覧会「わたしのからだは心になる?」展では、若手クリエイターを中心としたアートとテクノロジーの作品を展示。

スマホやVRの登場、さらにはAI・自動運転といった技術の普及によって機械と身体の境界が曖昧なものになっていくかもしれない未来において「身体」のありようを鋭く問いかけ、自分固有のものだと思っていた体が全く異なるカタチや感覚になる体験をしたり、社会の中の身体の存在を考える機会を届けるとのこと。

今回は、8組のクリエイターによる作品を展示。また、東京都内3団体の「身体」をテーマとした研究・開発の事例を関連展示として、合わせて紹介すると説明しています。

会場中央には、イベントスペースを兼ねた自由空間「プレイグラウンド」を設計し、ちょっとした休憩や作品に関する意見交換をしたり、仕事や勉強を行うなど自由に使える他、多彩なイベントも開催予定。

プレイグラウンドには「ボイスウォール」と呼ばれる壁を設置。展示を体験した後、未来に対する鑑賞者一人ひとりのイメージを書いて貼ることで「わたしの未来はどうなるのか?」を考える機会を創出。

また会場には、鑑賞者の解釈や理解を助けるアートコミュニケーターが常駐。

コミュニケーターによる予約不要の鑑賞ツアーも毎日実施されるので、初心者の方やアートを学んでいきたい方も楽しめるよう配慮されています。

 

展示クリエイター紹介(敬称略)

●Alternative Machine

●神楽岡久美


Photo by Yume Takakura

●筧康明+赤塚大典+吉川義盛

●小鷹研究室as 注文の多いからだの錯覚の研究室

●Synflux

●ソンヨンア+鳴海拓志+新山龍馬+勢井彩華

●ノガミカツキ

●花形槙


Photo by Kaori NISHIDA

●早稲田大学基幹理工学部表現工学科 橋田朋子研究室

●地方独立行政法人 東京都健康長寿医療センター

●地方独立行政法人 東京都立産業技術研究センター

 

●クリエイティブディレクター 田尾圭一郎


Photo by Masaru Tatsuki

●キュレーター 塚田有那

 

「わたしのからだは心になる?」展 詳細

会期:2023年8月30日〜11月19日
休業日:月曜日(ただし9月18日、10月9日は開場)、9月19日、10月10日
開場時間:
平日11時〜21時 (最終入場 20時30分)
土休日10時〜19時 (最終入場 18時30分)
入場料金:無料
入場方法:個人は予約優先(当日枠あり)、団体は予約制 ※予約方法は後日ご案内。
会 場:SusHi Tech Square 1階
住所:〒100-0005 東京都千代田区丸の内 3-8-3
主催:東京都

 

有楽町駅前の東京交通会館向かいに8月30日に開設される「SusHi Tech Square」。

オープニングとなる「わたしのからだは心になる?」展は、11月19日まで開催となり、無料で入場することが出来ます。私たちの身体のありようを問いかける本展覧会に、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

「わたしのからだは心になる?」展公式:https://sushitech-real.metro.tokyo.lg.jp/first

SusHi Tech Tokyo:https://www.sushi-tech-tokyo.metro.tokyo.lg.jp/2024/

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事

TORSO JACK編集部です。 人ではなく、人が創り出す「モノ」や「コト」にフォーカスする事を方針として発信しています。

  1. 半歩先の日常を体験しよう!エキュート大宮で試食・試飲が出来る「&found」が期間限定オープン

  2. がっちり体型・骨格の女性に向けたブランド「BLK 001 OVER CURVES」登場

  3. 「K-WAY × AGNÈS B.」初のコラボとなるカプセルコレクションを発売開始

RELATED

PAGE TOP