国内のファッションやカルチャーを発信するメディア

メンズライクな日用品ブランド「USEDo(ユーズド)」に大人も楽しめる恐竜ファッショングッズ登場

大人になっても大好きという方が多い恐竜。恐竜が登場する映画や漫画も多く、多種多様なグッズにも使用されているほど親しまれていますよね。

そんな恐竜を使ったファッショングッズが、FELISSIMO(フェリシモ)が展開しているメンズライクな日用品のブランド「USEDo(ユーズド)」から登場します。

 

「USEDo[ユーズド]」から恐竜グッズ登場

FELISSIMO(フェリシモ)はファッションや雑貨などの企画・販売を行う神戸の通販会社。取り扱い商品はファッション、生活雑貨、ホビー商品、美容関連商品、食品など多岐に渡っています。

そのフェリシモのブランドの一つが、メンズライクな日用品を取り扱うブランドのUSEDo(ユーズド)です。

「USE(ユーズ)+Do(ドゥ)」がブランド名の由来で、愛着がわく素材感とずっと大切に使ってきた古着やヴィンテージ品のような見た目を特徴としています。使い始めたその日から馴染み、暮らしが楽しく便利になる生活道具を男子の目線で作っているブランド。

意図して作られた色褪せや擦り切れ風の加工は、「男友達のようにラフに気軽に過ごせる、ちょっとクセがある雑貨と小家具」という紹介にも表現されていて、ブランドは自身のアイテムを男子雑貨とも紹介しています。

そんなユーズドから、恐竜をモチーフにしたファッションアイテムを7月6日より発売開始をしたと発表しました。

 

商品ラインナップは以下の通り。

はくと出現! 恐竜の化石柄ソックスの会
お届け:月1足
価格 :880円(税込)
商品の詳細:(https://feli.jp/s/pr200707/2/)

このソックスの特徴は、恐竜の骨格標本をプリントしている点。両足を揃えると、立派な恐竜の骨格化石が現れます。

 

靴を履くと一見普通の靴下に見える点もポイント。どのデザインも、こっそりとアンモナイト柄のワンポイントが入っているのも面白いところです。

デザインは4種類で、左から「ブラキオサウルス」「トリケラトプス」「ティラノサウルス」「ステゴサウルスとなっています。

 

古着屋さんで見つけたような 恐竜柄Tシャツの会
お届け:月1枚
価格 :3,190円(税込)
商品の詳細:(https://feli.jp/s/pr200707/3/)

イラストレーターの「MASATOO HIRANO」さんが描いたポップな恐竜のイラストを、着心地がよくタフな天竺(てんじく)※素材に大きくプリントしたTシャツ。

※天竺素材は、元々インドから輸入された生地のため、このような名前が付けられた。メリヤス編みと呼ばれる方法を使ったニット生地の編み方の1種類で、お店で販売されているTシャツやセーター等の多くがこの天竺素材を使って作られています。

 

こちらはユニセックスで着られるシルエット。大人でも恐竜モチーフを取り入れやすいよう、チャコール・ホワイト・ネイビーのシンプルな3色展開となっています。

 

左から、「Carnivore肉食動物」「Omnivore雑食動物」「Herbivore草食動物」となっています。アメカジ古着をイメージしたデザインとなっています。

 

古着屋さんで見つけたような 恐竜柄Tシャツ〈キッズ〉の会
お届け:月1枚
価格 :2,860円(税込)
商品の詳細:(https://feli.jp/s/pr200707/4/)

このTシャツは子供用も販売されていて、大人用と同様に3種類から選ぶことが出来ます。

 

デザインは同じですが、カラーバリエーションはレッド・ライトブルー・ミントグリーンの明るいカラー展開となっています。綿100%で着心地も良く、親子でお揃いで楽しめるアイテムです。

 

古着屋さんで見つけたような 恐竜柄帆布(はんぷ)トートバッグの会
お届け:月1個
価格 :3,190円(税込)
商品の詳細:(https://feli.jp/s/pr200707/5/)

ヴィンテージ感のあるトートバッグ。製品洗い加工を施すことで、最初から使い込んだような風合いに仕上げているのが特徴です。

 

カラーバリエーションは左から、「ヴィンテージグレー」「ヴィンテージオリーブ」「ヴィンテージネイビー」の3種類となっています。

 

古着屋さんで見つけたような 恐竜柄ガーゼハンカチの会
お届け:月1枚
価格 :1,320円(税込)
商品の詳細:(https://feli.jp/s/pr200707/6/)

柔らかくて肌触りの良い綿100%のシングルガーゼ素材に、恐竜が生き生きと暮らしていた世界をイメージしたデザインをプリントしたハンカチ。

 

デザインは3種類で、それぞれ左から「太古の星空」「白亜紀の森」「ハンターの荒野」となっています。

 

恐竜がイラストとして描かれていると聞くと子供っぽいものを想像してしまいますが、大人もインナーに入れておしゃれに着用出来たり、ワンポイントアイテムとして普段使いが出来そうなデザインとなっていますね。

気になる方は各アイテムの詳細ページ、もしくはクラソブログにてアイテムが紹介(ユーズドの店長のヤノマークさんが書いている)されているので、一度チェックしてみてはいかがでしょうか。(https://www.felissimo.co.jp/kraso/blog/posts/6702?xid=p_nr_200707_RELEASE_USEDo)

Facebook
スポンサードリンク
この記事を書いた人
TORSO JACK編集部です。 人ではなく、人が創り出す「モノ」や「コト」にフォーカスする事を方針として発信しています。
SNSでフォローする