ファッション&カルチャーなど流行を発信するメディア

グルメ

【9Lives(ナイン・ライブス)】ローランドがアンバサダー就任「笑われるくらいの夢の方が追う価値がある」

アサヒビール株式会社は、日本初上陸となるプレミアムチリワイン「9Lives(ナイン・ライブス)」のワインシリーズから「ナイン・ライブス・カベルネ・ソーヴィニヨン」「ナイン・ライブス・シャルドネ」の2商品を、3月28日より全国で発売開始します。

9Livesの日本初上陸・発売に向け、東京・渋谷にて「チリのプレミアムワイン『9Lives』アンバサダー就任式」を開催。

今回、アンバサダーに就任したタレント・実業家のROLAND(以下、ローランド)さんが登壇され、9Livesワインの魅力や自身の夢などについて語られました。

 

「9Lives」アンバサダーにローランドが就任!

 

「9Lives(ナイン・ライブズ)」とは

「9Lives(ナイン・ライブス)」は“未知なる自分を探求する”というミステリアスなコンセプトを持ったチリのプレミアムワインブランド。

2018年の販売開始以降、約30カ国で販売されており、今回日本へ初上陸となります。

コンセプトの「未知なる自分を探求する」には、人生は1つの生き方ではなく、様々な生き方があり、9Livesを通じて自らの「9つの生き方を探そう」というブランドのメッセージを込めているそう。

パッケージはブランド名を中心に据えており、”カベルネ・ソーヴィニヨン”は「DELIRIOUS(高揚)」、“シャルドネ”は「CALMING(静寂)」と、商品を表現するキーワードを配しています。

さらにデザインもカベルネ・ソーヴィニヨンは「黒」と「金」というワインとしては挑戦的なラベルとなっており、若い方にも手に取りやすい洗練されたデザインも魅力。

 

アンバサダー就任式にローランドが登壇!

アンバサダー就任式には、チリ代表(グローバルCMO)のRodrigo Romero(ロドリゴ・ロメロ)さんが登壇。

毎日のルーティンや常識に囚われている方に、「誰にでも、もう1つの側面がある」と話し、続けて「どこへでも行きたいところへ行き、なりたい自分になろう」とコメントします。

9Livesの「9つの人生を生きよう」というコンセプト通り、色々な生き方を探そうという想いが込められたワインだと話されました。

今回、日本初上陸となる9Livesのワイン2種は、どちらも1,540円と購入しやすい価格帯ながら、どちらも期待を超える美味しさだと、自信を持っておすすめされています。

そして、今回アンバサダーに就任したローランドさんが登壇。アンバサダー就任を記念した盾が贈られました。

ローランドさんは今回のアンバサダー就任について、

「すごく嬉しい。お酒に深い関わりがある業界にいたので。」

と喜びのコメント。3月24日より放送開始となるWEB CMにも出演されているローランドさん。

動画内ではワインをテイスティングするシーンがあり、

「実は後半はテイクを重ねていて、少し酔っ払ってますね。後半のセリフを読む時に、自分で酔っているのが見ていて分かるので、少し恥ずかしいです(笑)」

と、普段お客さんにもメディアにも見せない「少し酔ったローランド」さんの姿が見れるWEB CMとなっているそう。

会場には「カベルネ・ソーヴィニヨン」のワインタワーも登場。

ローランドさんは実際にテイスティングし、今回発売となる2種のワインの味や香りについて教えてくれました。

白ワインの「シャルドネ」はフルーティーさや爽やかさがある味わいとなっていると説明され、

「これから暑くなってくる時期にぴったりじゃないかなと思いますね。」

と評価されました。グラスを傾ける姿も実に華麗で似合っています。

一方、赤ワイン「カベルネ・ソーヴィニヨン」は芳醇でしっかりとした骨格のあるワインとなっており、スパイスや紅茶・バニラの香りが特徴的なワイン。

「こちらの方は、同価格帯のものでこんなに複雑なものはないという認識だった。僕がよく言う言葉で、“二流は期待に応えられない、一流は期待に応えられる、超一流は期待を超える”とう言葉があるんですが、(これは)価格からは想像できない複雑さがあって、僕のおすすめですね。」

と絶賛。超一流、期待を超える赤ワインだと思うとおすすめされていました。

 

「笑われるくらいの夢の方が価値がある。」

その後、自身の新しい側面を見つけることが出来る9Livesのコンテンツ「9Lives診断」にローランドさんがチャレンジ。

結果はRuler「圧倒的なカリスマ性」と評され、会場からは納得という空気と声。

しかし、向いている職業がコンサルタントなどの裏方の職業だったことが意外だった様子。新たな側面を見つけられた様子のローランドさんでした。

その後、自身の夢について尋ねられると、ローランドさんは「チャンピオンズリーグへの参戦」と回答。

「帝京高校で選手になれず、レギュラーになれなかったけど、夢は諦めなければ多少形は変わっても叶うよと若者たちに見せたいですね。選手としては現実味がないので、オーナーという形での参戦の方が具体的ですかね。」

と声を弾ませ、自身の夢について語られました。

「僕の人生のモットーで、“笑われるくらいの夢の方が叶える価値がある“っていうのを大事にしている。(大きな夢を)今言うとね、失笑か、笑われるかといった捉えられ方をするんですけど、それくらいの夢の方が人生をかけて追う価値があると思っています。」

と、自身のモットーと夢に対する熱い想いについてコメントされました。

 

自身の夢に向かって、笑われるくらいの夢を叶えるために邁進するローランドさん。9Livesはそんな超一流のローランドさんが「超一流」だと認めたワイン。

価格帯も非常に手頃で手を出しやすくなっているので、ワイン好きの方もこれからチャレンジされるという方も、ぜひ一度ご賞味あれ。

9Lives診断:https://9liveswine.jp/digram-shindan/
ブランドサイト:https://www.9liveswine.jp/

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事

TORSO JACK編集部です。 人ではなく、人が創り出す「モノ」や「コト」にフォーカスする事を方針として発信しています。

  1. SOMPOホールディングスが対談番組「もっと介護のハナシをしませんか?」公式YouTubeにて配信開始

  2. 町田でハワイを体験しよう!グランベリーパークで「Grandberry FES. 2024」開催

  3. 「GLOBAL WORK KIDS × FILA」オシャレ感度の高い女の子に向けたコラボコレクション発売

RELATED

PAGE TOP